ヤマサちくわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤマサちくわ株式会社
YAMASA Chikuwa Co.,Ltd.
Yamasa Chikuwa (headquarters 3).jpg
ヤマサちくわ本社工場
種類 株式会社
略称 ヤマサちくわ
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:440-0086
愛知県豊橋市下地町橋口30-1
設立 1827年文政10年)
業種 食料品
事業内容 水産練製品の製造・販売
代表者 代表取締役会長 佐藤元英
資本金 1億円
売上高 48億円(2010年3月期)
従業員数 400名
外部リンク http://yamasa.chikuwa.co.jp/
テンプレートを表示

ヤマサちくわは、愛知県豊橋市に本社のある、ちくわをはじめとした練り製品を製造・販売している会社である。

2007年8月現在、愛知県内各地に直営店があるほか、静岡県岐阜県大垣市三重県四日市市にも直営店がある。また、直営の飲食店が愛知県豊橋市、豊川市、静岡県浜松市にある。

概要[編集]

ヤマサちくわは愛知県、特に豊橋市の名物の一つで、2004年度の愛知ブランドにも認定された[1]。キャッチコピーは「昔も今も変わらぬ旨さ」「豊橋名産ヤマサのちくわ」。

様々な種類のちくわのほか、かまぼこはんぺんなども製造している。

なお、名称が類似している企業に魚肉練り製品を製造販売している兵庫県に本社のあるヤマサ蒲鉾は社紋が同じであるが無関係である。千葉県に本社のあるヤマサ醤油も無関係である。

沿革[編集]

  • 1827年 - 創業。
  • 1946年 - 豊橋水産食品有限会社を株式会社ヤマサ商店と名称変更。
  • 1964年 - ヤマサちくわ株式会社に名称変更。

テレビCM[編集]

「豊橋名産ヤマサのちくわ」のテレビCMは、東海地方(静岡県を含む)における古いCMとしては有名[要出典]である。ただし、CMの最後に添えられる商品紹介の画像は、幾度か手直しが行われている。

内容は、旅をしている弥次さん喜多さんが、飛んできたヤマサのちくわの包みを見つけて追いかける。すると突然新幹線が現われ、に停車し、車内から弥次さん喜多さんが降りてくる。2人の目の前には再びヤマサのちくわの包みが現れ、2人がそれに飛びつく。それに「昔も今も変わらぬうまさ」「これだ!豊橋名産ヤマサのちくわ」というナレーションが挿入されるというもの。

公式サイトではCM動画を公開しており、懐かしい映像を見ることができる。かつては、この後に「贈り物には、豊橋名産、ヤマサのちくわ」というスポットCMがセットで流れていた。

CMに登場する弥次さん喜多さんのイラスト看板(ちくわにまたがっている)は、名古屋駅豊橋駅の他、中部国際空港でも見られ、豊橋鉄道東田本線(豊橋市内電車)路面電車にはこれをラッピング広告にした車両もある(『ラッピング広告電車』にちなんだ商品=ちくわ詰め合わせセット=が豊橋市内店舗にて販売されている)。

また、CBCラジオ東海ラジオ(午前中)では「豊橋名産、ヤマサのちくわ」とアナウンスするだけの約3秒のラジオCMをスポット枠で放送している。

提供番組[編集]

関連会社[編集]

  • 株式会社渥美魚市場

備考[編集]

  • 代表取締役会長の佐藤元彦は豊橋市に本部を置く学校法人利幸学園の理事長も努める。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.aichi-brand.jp/corporate/year/16/

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度47分05秒 東経137度22分48秒 / 北緯34.784624度 東経137.379978度 / 34.784624; 137.379978