両備グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

両備グループ(りょうびグループ、英称:RYOBI GROUP)は、両備ホールディングスを中心とした企業グループである。交通事業で地盤とする岡山県を中心に生活産業などを展開する。

両備グループ共通社章はグループの電車・バス・タクシーに付いている。
中核会社・両備ホールディングスのバス

概要[編集]

岡山電気軌道の電車
和歌山電鐵の電車
国際フェリーの船
夢二郷土美術館

2010年7月31日に両備ホールディングスの前身の西大寺軌道が設立されて100周年(両備グループ創立100周年)を迎えた。グループキャッチフレーズは「感謝の100年、思いやりでネクスト100年」(両備グループ100周年記念キャッチフレーズ、2009年7月31日から2011年7月末まで使用予定)。

2009年1月現在のグループ会社数は58社で、その他2つの財団法人と2つの任意団体がある(両備グループ・オフィシャルサイトによる)。現在のグループ代表は小嶋光信両備ホールディングス代表取締役会長兼CEO)で、小嶋はグループ企業のうち両備ホールディングスの会長を筆頭に、岡山電気軌道和歌山電鐵中国バス両備システムズなど多くのグループ企業の社長と2財団法人・2任意団体の理事長をそれぞれ務めている。長らく両備グループの代表は、小嶋と松田堯(当時は会長、現・両備ホールディングス取締役名誉会長)の2人体制をとっていたが、2011年に松田堯会長が名誉会長に退き小嶋が会長に就任、さらに松田久が新たに両備ホールディングスの社長兼CEOOに就く人事が行われたことで、現在は小嶋1人がグループ代表として紹介されている。

社会正義」、「お客様第一」、「社員の幸せ」の3つの経営方針と、グループ独特の経営理念である「信託経営」、「”労使共存、共栄”思想」、「能力主義的安心雇用」をグループの根幹としている。また、グループの殆どの企業が黒字経営であるのも同グループの特徴である。また、業界では地方交通の再生請負人ともいわれ、『日経スペシャル カンブリア宮殿』では同グループの和歌山電鐵と中国バスの再生が放送された。

グループ企業[編集]

2013年4月現在

運輸・観光関連事業[編集]

  • 両備ホールディングス
    • 社内カンパニー(()内は愛称名)
      • 両備経営サポートカンパニー
      • 両備バスカンパニー(両備バス)
      • 両備観光大阪カンパニー(両備バス)
      • 両備トランスポートカンパニー
      • 両備タクシーカンパニー(両備タクシー
      • 両備フェリーカンパニー(両備フェリー
      • 両備スカイサービスカンパニー
      • 両備ストアカンパニー
      • 両備不動産カンパニー
      • 両備テクノカンパニー
      • 両備スポーツセンターカンパニー
    • 両備トランスポート東京
    • 両備トランスポート中京
    • 両備トランスポート大阪
    • 両備トランスポート津山
    • 両備トランスポート岡山
    • 両備ロジスティックス中央
    • 両備トランスポート水島
    • 両備トランスポート広島
    • 両備トランスポート山口
    • 両備トランスポート九州
    • 両備トランスポート山陽
    • 菱光運輸
    • 共栄運輸倉庫
    • オーキドホテル(香川県小豆島にある観光ホテル)
    • 津エアポートライン中部国際空港間に高速船を運航)
    • 瀬戸内観光汽船(日生港(岡山県)~大部港(小豆島)間でフェリーを運航)
    • 国際フェリー高松港~池田港(小豆島)間でフェリーを運航)
  • 岡山電気軌道
  • 東備バス
  • 中国バス
    • 2006年12月に旧法人「中国バス株式会社」から営業譲渡を受けた現法人「株式会社中国バス」。なお、子会社の中国タクシー・三原交通は両備グループ傘下となっていない。
  • 井笠バスカンパニー
    • 2012年10月31日をもって路線バス事業を終了した井笠鉄道から承継した。2012年11月1日に中国バスの社内カンパニーとして設立、2013年4月1日に同カンパニーから福山市内の一部の路線と高速乗合バスを除いて継承し、中国バスの完全子会社として法人化。なお、井笠鉄道の子会社である北振バスはグループ入りしていない。
  • 岡山交通
    • 社内カンパニー
      • 福山両備タクシーカンパニー(愛称:福山両備タクシー、広島県福山市
  • 中国交通
    • 旧・中国バスグループのタクシー会社である中国交通の事業を2007年8月1日より引継いで営業開始、広島県尾道市
  • 岡山タクシー
    • 両備グレースタクシー(旧社名:岡山空港タクシー、全国でも珍しい女性乗務員のみのタクシー会社、岡山県岡山市
  • 両備タクシーセンター(岡山交通・岡山タクシー・両備タクシー・両備グレースタクシーの岡山地区(岡山市)共同配車など)
  • 津山タクシー(岡山県津山市
  • 浅口タクシー(岡山県倉敷市
  • 総社両備タクシー(岡山県総社市
  • ハロー・トーキョー東京都江東区
  • イースタンエアポートモータース(東京都大田区
    • 全日空の運航乗務員の送迎を中心としたハイヤー・タクシー事業を展開するタクシー会社。2011年5月に両備グループ入り。
  • ニッコー観光バス
    • 東京のタクシー会社日本交通の観光バス部門が独立した会社。2012年4月に両備グループ入り。[1][2]
  • リョービツアーズ
  • 中国トラベル
  • 神戸ベイクルーズ - 神戸港内の観光船を運航。2010年4月に両備グループ入り。
  • 一般財団法人地域公共交通総合研究所

情報関連事業[編集]

生活関連事業[編集]

文化事業[編集]

  • 財団法人両備てい園記念財団
  • 財団法人両備文化振興財団(夢二郷土美術館などの美術館運営)

福利・厚生事業[編集]

  • 両備教育センター(グループ社員の能力開発施設)
  • 両備健康づくりセンター(グループ社員の健康管理機関)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【両備ホールディングス】東京都内観光バス会社「ニッコー観光バス㈱」事業継承[リンク切れ](両備グループ 2012年4月5日)
  2. ^ 両備グループのサイトのグループ企業一覧には記載されていないが、観光事業に新拠点 両備観光大阪カンパニー京都営業所開設、開業(両備グループ 2013年4月8日)では「両備グループの各観光拠点、東京(ニッコー観光バス)大阪、京都、岡山、広島(中国バス)とも連携することで」と書かれており、同社が両備グループであることが示唆されている

外部リンク[編集]