パタゴニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パタゴニア周辺
衛星写真
バルデス半島のクジラ

パタゴニアPatagonia)は南アメリカ大陸の南緯40度付近を流れるコロラド川以南の地域の総称。アルゼンチンチリの両国に跨る。アルゼンチンのネウケン、リオネグロ、チュブ、サンタクルス、ティエラ・デル・フエゴ各州とチリのアイセン、マガジャーネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ各州が該当する。またブルース・チャトウィンがこの地を旅した体験に基づいてかかれた小説パタゴニア(1977年)も紀行文の名作として知られている。

地名の由来[編集]

1520年フェルディナンド・マゼランが、この付近に住んでいた先住民を見て、「パタゴン」(patagon)族と命名した。「パタ」(Pata)はスペイン・ポルトガル語の「足」であるが、「ゴン」の意味は不明である。大足パタゴン族の住む土地ということからパタゴニアという名がついた。

パタゴン族は実際に足が大きかったのではなく、グアナコの毛皮でつくったブーツを履いていたので、大きく見えたというのが現在の通説であるが、実際のパタゴン族の目撃者は彼らを巨人だと報告しているが特に足の大きさに言及しているわけではなく、パタゴンの由来には他に諸説がある。

気候[編集]

年間を通して低温、風が強い。この風の強さがパタゴニアの代名詞とも言われている。最大風速が60m/sを超えることも珍しいことではない(人間は40m/sを超えると飛ばされることもある)。イギリス探検家エリック・シプトンはこの地を嵐の大地と呼んだ。

南西からの強い偏西風がアンデス山脈にぶつかり、チリ側は比較的雨が多い。一方、アルゼンチン側は偏西風がアンデス山脈で途切れるため乾燥が激しく半砂漠となっている。

地形[編集]

地形アンデス山脈を境にアルゼンチン側とチリ側で大きく異なる。チリ側は、氷河期時代に形成された氷河が造成した、大規模なフィヨルドが広がる。

アルゼンチン側の北部、コロラド川とネグロ川に挟まれた地域は草原が広がる。農耕も行われている。アルゼンチン側南部は、乾燥が激しく砂漠が広がっている。

パタゴニアを特徴付けるのは氷河である。南パタゴニア氷原から連なる氷河の数は大小50以上あるといわれている。その規模は、南極グリーンランドに次ぐ量といわれている。

パタゴニアの氷河は、温暖氷河に属する。アンデス山脈に降る多量の雨により涵養される。非常に速く氷河が循環することで知られている。夏と冬で移動速度は当然異なるが、平均年間に100mから200m移動するといわれている。ペリトモレノ氷河を始めとして、氷河の崩落を観察しやすいのも、この氷河の入れ替わりの速さのおかげでもある。

主な氷河[編集]

  • ペリトモレノ氷河

世界遺産・国立公園[編集]

チリおよびアルゼンチンで約30の国立公園がある。また、アルゼンチンには3件の世界遺産登録物件が存在する。

国立公園[編集]

アルゼンチン[編集]

チリ[編集]

世界遺産[編集]

歴史[編集]

生息動物[編集]

著作物[編集]

  • 『パタゴニア』 - イギリス出身のブルース・チャトウィンが新聞社を退社後、この地を旅した体験に基づいてかかれた小説
  • 『パタゴニア あるいは風とタンポポの物語』 椎名誠
  • 『パタゴニア探検記』 高木正孝著、岩波書店、1968年( 1995年岩波書店 同時代ライブラリーから再発行)

脚注[編集]

  1. ^ 首が長く、リャマグアナコと類縁のラクダほどの大きさの有蹄類である(パトリック・トール著、平山廉監修、南條郁子、藤丘樹実訳 『ダーウィン』 《「知の再発見」双書99》 創元社 2001年 47ページ)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 南緯41度48分37秒 西経68度54分23秒 / 南緯41.81015度 西経68.90627度 / -41.81015; -68.90627