パタゴニア (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パタゴニア
Patagonia, Inc.
市場情報 株式未公開
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア
設立 1965年、日本支社1988年
業種 製造販売
事業内容 アウトドア用品
外部リンク http://www.patagonia.com/japan/
テンプレートを表示

パタゴニア(Patagonia)とは、アメリカ登山用品、サーフィン用品、アウトドア用品、衣料品の製造販売を手掛けるメーカー、及びそのブランド名。環境に配慮する商品で知られており、環境問題に取り組むグループの助成を行っている[1]。日本支社の所在地は神奈川県鎌倉市[2]

製品[編集]

主力のアウトドア用衣料品の他、バッグ、スポーツ用品、靴などがある。衣料品の素材は、自社独自の「シンチラ」、「キャプリーン・ポリエステル」、ペットボトル再生素材の「PCRシンチラ」などを使用。1996年以降、綿素材商品にはすべて無農薬オーガニックコットンを使用している。また、現在発売しているウール製品には非塩素処理の原料を使用している。

かつてはサーフィンなどのウォータースポーツを楽しむ女性向けのブランドウォーターガールUSA及びパドリング製品を展開するロータス・デザインズが存在し、同ブランドの水着、ボードショーツ、ラッシュガードまたPFDジャケット、パドリングウェアなどをパタゴニアや全国のアウトドアショップなどで取り扱っていたが、2007年をもってパタゴニアに統合され、同社の商品となった。

2011年11月、国際環境保護団体グリーンピースは、パタゴニアなどの有名メーカーの販売するアウトドア用の衣料品から健康および環境に有害な有機フッ素化合物類(PFCs)が検出されたとして、消費者に対して警告を発した[3]

沿革[編集]

  • 1953年 - 創設者イヴォン・シュイナードYvon_Chouinard)が14歳でロッククライミングを始めた。きっかけは当時所属していた「南カリフォルニア・タカ狩りクラブ」で使うタカやハヤブサの幼鳥を捕るためだったが、次第にロッククライミングにはまっていった。
  • 1957年 - カリフォルニア州バーバンクロッククライミング用具の製造を始めるシュイナード・イクイップメント事実上のスタート。
  • 1963年 - 徴兵により事業中断、バーバンクの女性と結婚。
  • 1964年 - 離婚、事業再開、ガリ版刷りの最初のカタログを発行。
  • 1965年 - クライミング仲間で航空技師のトム・フロストをビジネス・パートナーとして迎え、正式にシュイナード・イクイップメントがスタートする。
  • 1970年頃 -
  • 1966年 - 仕事場をベンチュラに移した。
  • 1970年 - 初の直営店「グレートパシフィック・アイアンワークス」をベンチュラにオープン、この年イヴォン・シュイナードはクライマーでもあるエレン・マリンダ・ペノイヤーと再婚した。
  • 1972年 - 自然環境に影響の少ない「チョック」を開発。
  • 1973年 - 衣料品の輸入業・製造販売も開始する。この頃衣料品のブランド名として南米の地名である「パタゴニア」を採用。「地図には載っていないような遠隔地」「氷河に覆われた山岳、ガウチョ、コンドルが飛び交う幻想的な風景」というイメージと、各国語で発音がしやすいことが採用の理由であった。
  • 1979年 - グレートパシフィック・アイアンワークスの衣料品部門を法人化しパタゴニアとして分離。
  • 1984年 - グレートパシフィック・アイアンワークスを社名変更で持ち株会社ロスト・アロー・コーポレーションとし、新たにグレート・パシフィック・アイアン・ワークス(直営店部門)を設立しシュイナード・イクイップメント(クライミング道具部門)、パタゴニア(衣料品部門)を傘下に置く。
  • 1985年 - モルデン・ミルズと共同開発で「シンチラ」(現フリース)を開発、特許申請はあえてせず2年間の専売権のみで販売権を広く世界に公開する。この年より環境保護助成プログラムがスタート(税引き前利益の10%を寄付)
  • 1988年 - パタゴニア日本支社開設。オフィスを神奈川県鎌倉市に置く。
  • 1989年 - 販売自体は順調であったが、本来の顧客であるクライマー以外からの製品の取り扱い警告不備等での相次ぐ提訴により保険料、示談金などで負債を抱えシュイナード・イクイップメント破産申請、経営権を当時の従業員に譲りブラック・ダイヤモンド(クライミング道具とバックカントリー・スキーの用具を製造)を設立(現ソルト・レーク市)。ブラック・ダイヤモンドの社名の由来は鍛冶屋を意味するブラック・スミスのブラックと、シュイナード・イクイップメントの社章ダイヤモンドCのダイヤモンドから由来する、現在ブラック・ダイヤモンドは全くの別会社ではあるが 創設者イヴォン・シュイナードの経営理念の下で経営されている。
  • 1991年 - 環境保護助成プログラムの助成金額を変更(売上高の1%か税引き前利益の10%のどちらか多いほうに変更)
  • 1993年 - アウトドアウェア製造企業としては初めて、消費者から回収/リサイクルされたペットボトルからの再生フリースを採用した製品を作り始める。
  • 1996年 - 綿素材商品の原料をオーガニックコットンに切り替える、イヴォン・シュイナードの息子フレッチャー・シュイナードがポイント・ブランクス・サーフボード(現フレッチャー・シュイナード・デザインズ)設立、傘下に置いた。
  • 1997年 - 姉妹ブランドウォーターガールUSAを設立、無地のオーガニックコットン製Tシャツやキャップ、トートバッグを販売するベネフィッシャルT's設立。
  • 1999年 - パドリングメーカー、ロータス・デザインの株を取得、傘下に置いた。
  • 2005年 - 全世界の店舗でパタゴニア製中古下着を回収して新品にリサイクルする活動を開始した[4]。後に下着以外のフリースなども回収対象とした。日本では帝人と共同して、キャプリーン・ポリエステル製品のリサイクル事業を開始する(後述する「つなげる糸リサイクルプログラム」参照)(当時のプレスリリースのアーカイブ)。ベネフィッシャルT'sを年末に解散、オーガニックコットン製品の普及にともない事業を終了する。
  • 2006年 - ボードショーツの一部にリサイクル素材の使用を開始。
  • 2007年 - リサイクル対象範囲をコットン製Tシャツにも広げる。ウォーターガールUSA、ロータス・デザインをパタゴニアに統合。
  • 2007年2008年 - 東レが製造するナイロンの規格外品を原料とした再生ナイロン素材を使用したワークパンツ(2007年秋冬物から)・ボードショーツ(2008年春夏物から)の発売を開始。(当時のプレスリリースのアーカイブ)
  • 2008年7月28日 - 正規店へのリニューアル(後述)のため、アウトレット札幌ストア一時閉店。一時閉店の間は暫定的に札幌ストアでアウトレット商品の販売も行なっていた。
    • 9月5日 - 一時閉店していたアウトレット札幌ストアが正規店「札幌北ストア」としてリニューアルオープン(建物の1階・2階ともにパタゴニアの直営となる)し、これまでの正規店・札幌ストアが「アウトレット札幌南ストア」となる。
    • 9月30日 - グリーン購入ネットワークが主催し、環境省経済産業省らが後援する第10回グリーン購入大賞において環境大臣賞を受賞した[5][6]
  • 2009年12月21日 - ゲートシティ大崎文化施設棟内に東京都内5店舗目、売場面積国内最大級の正規店がオープン。
  • 2011年5月28日 - 東京都内6店舗目となる正規店・吉祥寺ストアが武蔵野市にオープン。
    • 6月11日 - 千葉県一宮町に正規店・サーフ千葉ストアがオープン。同店ではアウトレットも取り扱う。

日本国内の店舗[編集]

2011年8月現在、直営は日本国内で18店、世界で55店となっている[2]

正規店
  • 札幌北
  • 仙台
  • 東京・目白
  • 東京・渋谷
  • サーフ東京(旧・オーシャンストア)※「サーフストア」のカテゴリとして全世界で6店目。
  • 東京・神田
  • 東京・大崎
  • 東京・吉祥寺(2011年5月開業[2]
  • サーフ千葉※「サーフストア」のカテゴリとして全世界で7店目(2011年6月開業[2])。
  • 横浜・関内
  • 鎌倉
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 福岡
アウトレット
  • アウトレット札幌南
  • ベイサイド・アウトレット
  • アウトレット江坂

カタログ[編集]

パタゴニアでは、年に10回前後(季節ごとに2〜3回程度)商品カタログを発行している。なお、2009年前半までカタログ配送に使用している封筒は、配送後に改めて定型封筒として再利用できるよう切り取り線が印刷されていたが、封筒のデザイン変更により切り取り線が廃止された。

郵送のカタログは封筒を使わず、カタログに直接宛先の荷札を貼付する簡易包装で送られている。

2012年4月に頒布開始した「SURF 2012」カタログ(日本語版)の一部ページに印刷ミス(商品説明の文章の一部に英語と日本語が重なって印刷された)が発生したが、再印刷の上でカタログを全面的に差し替えることによるコスト(直接的な部分に加え、環境に与える影響を含めて)を考慮した旨のパタゴニアからの「おわび」と印刷ミスのあった該当ページを改めて刷り直した正誤表を挟み、そのまま希望者に頒布した。

環境保護活動[編集]

パタゴニアは社を上げて環境保護活動に取り組み、製品の環境負荷を下げる取り組みだけでなく、社外にも働きかける各種の環境保護キャンペーンも行なっている[7]。その一環として、売上の1%を草の根で活動する環境グループに寄付しているという[8]

マイバッグの持参について[編集]

商品代金の値引きや還元の対象にこそならないが、特に直営店での商品購入時にはできる限りマイバッグの持参を勧めている。

つなげる糸リサイクルプログラム[編集]

キャプリーン・ポリエステル製品[編集]

2005年9月1日から、キャプリーン・ポリエステル製品及びフリース製品の回収及びリサイクルを開始している。同社では「つなげる糸リサイクルプログラム」と呼んでいる。

着古したパタゴニアのキャプリーンまたはフリース製品を洗濯した上で、上記の各店舗及び、主なパタゴニア商品取扱店に持ち込み、店頭に置いてある回収ボックスに投入する。または、東京都内にあるパタゴニアの物流センターに直接送付してもよい。

店頭で回収されたり、物流センターに送付されたりした製品は取りまとめの上、愛媛県松山市にある帝人ファイバー(帝人の繊維事業会社)の工場に送られる。そして、切り刻みなどの工程を経て精製することでリサイクルポリエステル繊維となり、これから新たなキャプリーン製品などに生まれ変わる。現在発売しているキャプリーン製品の一部には、上述の過程により再生された繊維が使用されている。

その他のナイロン・ポリエステル製品[編集]

これまではキャプリーン・ポリエステル製品及びフリース製品の回収及びリサイクルを行なってきたが、2008年からは着古したり破れたりしたナイロン製・ポリエステル製のボードショーツについてもキャプリーン製品同様、パタゴニアの直営店などで回収を受け付けるようになった。

コットン製品[編集]

2007年2月から、コットン製Tシャツの回収及びリサイクルも開始した。着古したパタゴニア製のTシャツを洗濯した上で、上記同様、各店舗・商品取扱店の店頭に置いてある回収ボックスに投入するか、パタゴニアの物流センターに直接送付する。店頭で回収されたり、物流センターに送付されたりした製品は一括して取りまとめの上、イタリア・カラマイ社の工場へ海運により輸送され、同社工場にて新しいコットン繊維に再生される。

震災支援[編集]

2011年、東日本大震災直後に被災地にある仙台ストアを開放し、避難所への商品提供や、来店者へのシャワーの提供を行った。ストア2階には、ボランティアの情報センターを開設した。また、石巻市の社会福祉協議会への協力を開始し、4月だけで50人を超えるスタッフの活動をサポートした。チャーターバスの費用や社員のマッチングプログラム、渋谷店と大阪店での古着販売、大崎店でのプロパーチェスプログラムで義捐金を募集し、チャリティーTシャツの販売も行った[2]

エネルギー対策[編集]

パタゴニアは、青森の六ヶ所再処理工場に対して問題提起したり、グリーンエネルギーなど代替エネルギーを購入するなどしてきた。さらに、節電対策として、午前9時から午後6時までであった本社の勤務時間を午前8時から午後5時までに変更し、店舗の開店時間も午前10時から午後6時までに変更した。また、震災支援として、環境エネルギー政策研究所に協力し、被災地での再生可能エネルギー利用を支援した[2]

環境保護団体との関係[編集]

2008年1月、捕鯨船へ過激な抗議活動を行うことから水産庁遠洋課に「テロリストグループ」とされた環境保護団体シーシェパードをパタゴニアが資金援助をしていたことがインターネットで話題となり、消費者から批判が集まった[9]。シーシェパードのウェブサイトでは、パタゴニアなどがスポンサーとして紹介されていたが、毎日新聞の取材に対してパタゴニア日本支社は資金提供について「時期、金額ともに公表できない」と回答した[10]。一方、産経新聞の佐々木正明によると、資金提供は1993年と2007年に2回行われ、合計金額130万円であったという[11]。消費者からの問い合わせを受けて、パタゴニア日本支社は公式コメントを発表し、シーシェパードを支援してきた事実を認めた[12]。問い合わせの回答は以下のとおり。

弊社では米国本社を通じまして、Sea Shepherd Conservation Societyを1993年から資金または物資等を通じて支援しております。助成金プログラムを通じたSea Shepherdへの資金援助は、その大半を自然環境のダメージや破壊の根本の原因に働きかけている草の根の環境保護団体の支援に向けられる環境助成金プログラムを通じて実行されたものです。例年、環境助成金プログラムを通じて世界中の400を越える非営利団体に対して資金援助を行い、1985年に同プログラムを開始してから現在までに3300万ドルを超える助成を行っています。

過去においてSea Shepherdは、直接行動という戦術を採用してはいるものの、人命に対する脅威は回避するよう注意深く行動してきました。 パタゴニアの考えでは、Sea Shepherdの今までの行動は“科学的調査” という名目で行われてきた“クジラの捕獲”を、日本を含む各国の捕鯨船に中止させるという組織ミッションに対して効果を発揮してきたと捉えています。こうした捕鯨は残酷的かつ暴力的であり、不必要なものです。Sea Shepherdに対する支援は、残された世界中の野生生物、 特にかつての生息数から激減し、現在わずかな生息数しか残っていない生物を保護することに活動の重点を置いている環境団体を支援するという、弊社の大局的な目的に含まれたものでした。

パタゴニアの環境助成プログラムはSea Shepherdがこのような捕鯨を阻止するために取った行動において見られた最近の進展を考慮します。 毎年末にはパタゴニアの厳重に監視する評価プロセスを通し、環境団体を助成するか判断します。パタゴニアは、Sea Shepherdの戦術に賛同 されないお客様がいらっしゃることを認識しています。そのため、弊社はあらゆる機会において、クジラをはじめとする野生生物の保護に対する情熱の結果として、いかなる関係者にも危害が加えられたり、怪我を負う ことのないよう、Sea Shepherdをはじめとする環境団体の行動を今後とも継続的に監視していく所存です。

弊社は罪のない野生生物の生命と福祉を守るために、あらゆる地域で活動している環境団体への支持を重ねて表明いたします。一方で、弊社は人々の生命と福祉を危機にさらすいかなる行為も支持いたしません。これは創業時から、そしてこれから将来にわたっても変わることのない弊社の姿勢です。

今後とも弊社のガイドラインに沿って、経営理念にございますように「環境危機に警鐘を鳴らし、ビジネスを手段とし、解決へ向けて実行する」を元に判断していく所存です。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ “[ブランド街]パタゴニア=Patagonia 環境配慮のアウトドア用品”. 読売新聞. (2004年2月24日) 
  2. ^ a b c d e f “【CSR】 パタゴニア日本支社 被災地支援で存在感 “価値観の見直し”に向き合う”. 繊研新聞. (2011年8月4日) 
  3. ^ 「アウトドア衣類」に有害化学物質、グリーンピースが警告”. AFPBB News (2012年11月5日). 2013年1月4日閲覧。
  4. ^ 「[生活わいど]広がる衣類リサイクル デザイナー、古着で新作」 『読売新聞』2006年12月13日東京朝刊、生活A面、19頁。
  5. ^ 「グリーン購入大賞 衣料品リサイクルを評価 環境大臣賞「パタゴニア日本支社」」 『読売新聞』2008年10月7日東京朝刊、生活A面、19頁。
  6. ^ NEWSリリース 『第10回グリーン購入大賞』審査結果の発表について グリーン購入ネットワーク(GPN) (2008-09-30). 2010年9月18日閲覧。
  7. ^ 環境保護への行動”. パタゴニア. 2013年1月4日閲覧。
  8. ^ 環境保護への行動:1% for the Planet(1%フォー・ザ・プラネット)”. パタゴニア. 2010年5月27日閲覧。
  9. ^ 「パタゴニア」が反捕鯨団体支援 日本支社に抗議のメールや電話”. J-CASTニュース (2008年1月31日). 2011年10月17日閲覧。
  10. ^ 井田純 (2009年11月19日). “知りたい!- 反捕鯨、先鋭化の一途 米団体シー・シェパード「今年はもっと妨害する」”. 毎日新聞 
  11. ^ 佐々木正明 『シー・シェパードの正体』 扶桑社2010年6月1日ISBN 978-4594062149
  12. ^ Sea Shepherdに関する公式コメントについて”. パタゴニア社 (2008年2月2日). 2008年2月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年2月2日閲覧。

関連書籍[編集]

  • エスクァイア日本語版 Patagonia presents HOW TO BREAK THE RULE A to Z (1998年10月号 臨時増刊)
  • Tarzan 特別編集 (パタゴニア)が教えてくれること (2002年9月)
  • イヴォン・シュイナード著『社員をサーフィンに行かせよう パタゴニア創業者の経営論』(東洋経済新報社、2007年)ISBN 4492521658
  • 『ビジョナリー・ピープル』(英治出版、2007年)ISBN 4862761003 - イヴォン・シュイナードも取り上げられている。

外部リンク[編集]