ヒメウズラシギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒメウズラシギ
BairdSandpiper23.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: シギ科 Scolopacidae
: オバシギ属 Calidris
: ヒメウズラシギ C. bairdii
学名
Calidris bairdii
和名
ヒメウズラシギ
英名
Baird's Sandpiper

ヒメウズラシギ(姫鶉鷸、学名:Calidris bairdii)は、チドリ目シギ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

主に北アメリカ大陸北部で繁殖する他、グリーンランド北西部、シベリア東部にも繁殖地がある。冬季は、南アメリカ大陸南部に渡り越冬する。

日本では、まれな旅鳥として本州石垣島で記録がある。早秋に1~2羽が観察されることが多く、そのほとんどが幼鳥である。

形態[編集]

全長約15cm。雌雄同色である。夏羽は頭頂から背にかけてが黄褐色で、背からの上面はやや黒味を帯びてみえる。顔と胸は黄褐色で黒く細かい縦斑がある。顔の眉斑は白色。体の下面は白色である。冬羽は上面が灰褐色になる。翼が長く、たたんだ時は翼の先が尾よりも著しく突出している。幼鳥は、体の上面がバフ色で、翼は黒い軸斑とバフ色の羽縁によって鱗状に見える。

生態[編集]

水田湿地、河口、干潟などに渡来する。越冬地では群れで生活するが、日本では、1-2羽が他のシギ類と一緒に行動していることが多い。繁殖期は、海岸近くや内陸山地の乾燥したツンドラに生息する。

食性は動物食で、甲殻類貝類を採食する。

繁殖形態は卵生。多少植物の生えた地上に営巣する。

「クリィーッ」、「プリーッ」などと鳴く。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ下目 Charadriides
シギ小目 Scolopacida
シギ上科 Scolopacoidea
シギ科 Scolopacidae

参考文献[編集]

関連項目[編集]