南パタゴニア氷原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

南パタゴニア氷原(みなみパタゴニアひょうげん)とは、南アメリカ大陸の南端部に存在する、チリアルゼンチンにまたがるパタゴニア地方に広がる氷原である。

概要[編集]

チリのグレイ氷河(トーレス・デル・パイネ国立公園

総面積約1万3000平方キロメートルの広大な氷原。凍結した陸塊としては南極大陸グリーンランドに次いで、現在の地球上では3番目に大きい。アンデス山脈を源として、チリ側とアルゼンチン側を合わせて48の氷河が流れ出している。

近年、氷原や氷河の縮小、後退が生じている。宇宙航空研究開発機構では、陸域観測技術衛星だいちの撮影データから、オイギンス氷河英語版が1986年から2007年までの21年間で最大1.2km後退した事例を発表している[1]

事件[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 南米、パタゴニアの巨大氷河が大きく後退衛星&画像データ・地球が見える(宇宙航空研究開発機構ホームページ)
  2. ^ 「氷河泥棒」を逮捕、チリ・パタゴニアAFP.BB.NEWS.2012年2月3日(2012年2月4日閲覧)