トーレス・デル・パイネ国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーレス・デル・パイネ国立公園(-こくりつこうえん、スペイン語: Parque nacional Torres del Paine)は、チリマガジャネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州にある国立公園。荒涼としたパタゴニア独特の風景を目的に多くの観光客を集める。

概要[編集]

南パタゴニア氷原から流れ出すグレイ氷河。(アクセスは徒歩のみ)
国立公園の名の由来であるトーレス・デル・パイネ。風化の進んだ花崗岩の山体が連なる荒々しい光景が広がる。

トーレス・デル・パイネ国立公園はチリの首都サンティアゴから約3,000キロ南に位置する[1]1959年、2,400平方キロにわたって山・氷河森林などが広がる豊かな自然が評価され国立公園となった[1]。公園内の最高峰は標高3050mのパイネ・グランデでセロ・トーレのAgostine峰が2850mで2位となる(ロンリー・プラネット誌より)。高低差があり、草原からツンドラ地帯、山岳といった様々な気象条件下に豊富な高山植物が茂る。こうした風景を楽しむためのトレッキングなどを目的とした観光客は年間10万人を超える[1]

国境線沿いにあり、アルゼンチンロス・グラシアレス国立公園とは一部が接している。

2011年12月に山林火災が発生し、翌年1月までに1万ha以上が焼失した[1]

交通アクセス[編集]

近隣の都市、プエルト・ナタレスからの長距離バスによる。公園内に立ち入りは有料であるため、訪問者はバス終点の入園口付近にあるレンジャー事務所にて入場料を納める必要がある[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “チリの国立公園で大規模な山火事、1万ヘクタール以上焼ける” (日本語). AFPBB News. AFP通信 (クリエイティヴ・リンク). (2012年1月1日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2848055/8239784 2012年3月3日閲覧。 
  2. ^ 『アルゼンチン/チリ : パラグアイウルグアイ 2008-2009年版』 p.324

参考文献[編集]

  • 「地球の歩き方」編集室 『アルゼンチン/チリ : パラグアイウルグアイ 2008-2009年版』2008-2009年版、ダイヤモンド社〈地球の歩き方 ; B22〉、東京、2007年10月6日、改訂第6版(日本語)。ISBN 9784478054710

関連項目[編集]