ペリト・モレノ氷河

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
氷河の崩落
氷河トレッキング
氷河の先端

ペリート・モレーノ氷河(Perito Moreno Glacier)はアルゼンチンサンタクルス州南西部にあるロス・グラシアレス国立公園内にある氷河。アルゼンチンのパタゴニアで最も重要な観光地の一つである。

250 km²の氷があり、長さは30kmである。チリと共有するアンデス山脈南パタゴニア氷原から流れ出す48の氷河の一つである。この氷原には地球上で3番目に多い淡水がある。

ペリート・モレーノ氷河はパタゴニアの氷河の中で3つしかない後退していない氷河の一つである。

氷河は定期的にL字型のアルヘンティーノ湖上にまで進み、対岸まで達すると湖を二分することになる。そうなると水の流れる先がなくなるため、湖のリコ水道側の水位は湖側より30メートルまで上昇する。そして、その水圧によって湖をせき止めている氷河が破壊される。この周期は一定ではない。

ペリート・モレーノ氷河の終端部は幅5kmで、水面からの平均の高さは60m、氷全体の高さは170mである。氷河の進む速度は一日あたり2mである。しかし、氷河の失われる割合もほぼ同じため、若干の変動を除けば氷河の終端は前進も後退もしていないことになる。最も深い場所では氷河の深さはおよそ700mある。

この湖は多くの氷河が流れ込む湖で琵琶湖の2倍程度の大きさ。

先端部を地上から

座標: 南緯50度29分 西経73度03分 / 南緯50.483度 西経73.050度 / -50.483; -73.050