サン・カルロス・デ・バリローチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サン・カルロス・デ・バリローチェ
San Carlos de Bariloche
アルゼンチンの旗
サン・カルロス・デ・バリローチェ市の風景
サン・カルロス・デ・バリローチェ市の風景
サン・カルロス・デ・バリローチェの市章
市章
位置
の位置図
座標 : 南緯41度09分00秒 西経71度18分00秒 / 南緯41.15000度 西経71.30000度 / -41.15000; -71.30000
歴史
建設 1902年5月3日
行政
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
 州 リオネグロ州の旗 リオネグロ州
 郡 バリローチェ
 市 サン・カルロス・デ・バリローチェ
市長 Omar Goye
正義党
人口
人口 (2010年現在)
  市域 108,205人
その他
市外局番 02944
公式ウェブサイト : bariloche.gov.ar

サン・カルロス・デ・バリローチェSan Carlos de Bariloche)は、アルゼンチンリオネグロ州にあるナウエル・ウアピ湖に面した都市。「バリローチェ」の名で知られる。

概要[編集]

Centro Cívico y Puerto San Carlos en Bariloche.jpg

もとはパタゴニア地方のイエズス会の最初の布教地であったが、インディオとの抗争で18世紀に荒廃した[1]20世紀初頭にスイス系、ドイツ系、北イタリア系の移民入植して都市が建設された。湖と雪を戴くアンデス山脈の風景と住民の出身地を照らし合わせて、南米スイスと呼ばれるようになった[2]。主要産業は、付近に存在するナウエル・ウアピ国立公園に関連した観光業で、人口約12万人の町に年間約80万人が訪れる。

姉妹都市[編集]

気候[編集]

ケッペンの気候区分では地中海性気候(Csb)であり、夏季は乾燥して風が強く、冬季は湿潤乾燥している。

サン・カルロス・デ・バリローチェの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 21.5
(70.7)
22
(72)
19.0
(66.2)
14.6
(58.3)
10.1
(50.2)
6.7
(44.1)
6.4
(43.5)
7.9
(46.2)
10.7
(51.3)
14.0
(57.2)
17.3
(63.1)
19.7
(67.5)
14.3
(57.7)
日平均気温 °C (°F) 13.9
(57)
13.8
(56.8)
11.5
(52.7)
8.2
(46.8)
5.3
(41.5)
2.7
(36.9)
2.5
(36.5)
3.5
(38.3)
5.1
(41.2)
7.5
(45.5)
11.3
(52.3)
12.5
(54.5)
8.1
(46.6)
平均最低気温 °C (°F) 6.4
(43.5)
5.7
(42.3)
4.0
(39.2)
1.8
(35.2)
0.6
(33.1)
−1.0
(30.2)
−1.4
(29.5)
−0.9
(30.4)
−0.5
(31.1)
1.1
(34)
3.5
(38.3)
5.4
(41.7)
2
(36)
降水量 mm (inch) 22.2
(0.874)
21.7
(0.854)
29.2
(1.15)
53.5
(2.106)
134.0
(5.276)
140.7
(5.539)
128.7
(5.067)
115.6
(4.551)
57.8
(2.276)
38.8
(1.528)
24.8
(0.976)
32.0
(1.26)
779
(30.67)
出典: worldweather.org[3] 2007-09-04

交通[編集]

空路は、郊外にテニエンテ・カンデラリア空港があり、ブエノスアイレスとの間を結ぶ便がある。 陸路は、ブエノスアイレスなどに向けた長距離バスが多数発着するほか、チリのプエルト・モントとの間の国際長距離バスも発着する。

出典[編集]

  1. ^ ラテン・アメリカを知る事典、p.308 バリローチェの項(松下洋執筆)
  2. ^ アルゼンチンの地理在アルゼンチン日本大使館
  3. ^ Climate figures, World Weather Information Service, Accessed September 4, 2007

参考文献[編集]