オソルノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オソルノ
Osorno
チリの旗
Mirador de Osorno.jpg
Bandera de Osorno (Chile).svg Escudo de Osorno.svg
市旗 市章
位置
ロス・ラゴス州内オソルノの位置の位置図
ロス・ラゴス州内オソルノの位置
座標 : 南緯40度34分25秒 西経73度8分10秒 / 南緯40.57361度 西経73.13611度 / -40.57361; -73.13611
歴史
建設 1558年
行政
チリの旗 チリ
  ロス・ラゴス州の旗 ロス・ラゴス州
  オソルノ県
 市 オソルノ
地理
面積  
  市域 951.3km2(367.3mi2
標高 35m
人口
人口 (2002年現在)
  市域 145,475 人
    人口密度   152.9人/km2(396.1人/mi2
その他
等時帯 CLT (UTC-4
夏時間 CLST (UTC-3

オソルノ(Osorno)は、チリ中南部にある都市で、ロス・ラゴス州オソルノ県の県都。人口は2009年現在16万475人。

歴史[編集]

ペドロ・デ・バルディビア統治下の1553年、副将軍フランシスコ・デ・ビジャグラによって町の設立が最初に計画された。しかしバルディビアの死によって、実現しなかった。 1558年3月27日、統治者ガルシア・ウルタード・デ・メンドーサにより町が設立された。町名はヴィラ・デ・サン・マテオ・デ・オソルノ(Villa de San Mateo de Osorno)で、彼の祖父にちなんだ名前であった。 1602年10月、原住民のウィジチェ族の反乱により町は破壊された。1796年アンブロシオ・オイギンスの命によりオソルノは再建された。1850年頃チリ政府は、地域開発のためドイツ人の植民を奨励した。ドイツ移民は、オソルノが彼らの育った気候、地形に似ていることに気づいていた。ドイツ移民の助けを借り、地域経済発展のために、チリ国営の牛の牧場の拠点がオソルノに造られた。

交通[編集]

関連項目[編集]