ヒューリック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒューリック株式会社
Hulic Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 3003 2008年11月11日上場
略称 HULIC
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:103-0011
東京都中央区日本橋大伝馬町7番3号
設立 1931年3月27日
昭栄製絲株式会社
業種 不動産業
事業内容 不動産の所有・賃貸・売買ならびに仲介業務
代表者 西浦 三郎(代表取締役社長)
資本金 219億5149万5千円
発行済株式総数 5億9409万5271株
営業利益 連結:291億1400万円
(2013年12月期)
純利益 連結:159億7000万円
(2013年12月期)
純資産 連結:1772億8000万円
(2013年12月31日時点)
総資産 連結:7203億4400万円
(2013年12月31日現在)
従業員数 連結:461人 単独:125人
(2013年12月31日現在)
決算期 12月31日
主要株主 明治安田生命保険相互会社 7.99%
株式会社損害保険ジャパン 7.98%
東京建物株式会社 7.02%
芙蓉総合リース株式会社 6.75%
安田不動産株式会社 5.16%
(2013年12月31日現在)
主要子会社 ヒューリックビルド株式会社
ヒューリックビルマネジメント株式会社
ヒューリック保険サービス株式会社
ヒューリックホテルマネジメント株式会社
ヒューリックオフィスサービス株式会社
ヒューリックプロサーブ株式会社
ヒューリック銀座株式会社
HULIC UK Limited
仙台一番町開発特定目的会社
特定目的会社ソニック・インベストメンツ6
外部リンク http://www.hulic.co.jp/
テンプレートを表示

ヒューリック株式会社: Hulic Co., Ltd.)は、 都内中心部にある不動産の保有賃貸業・投資開発事業を柱とする不動産会社デベロッパーである。

総資産は7203億円(2013年12月31日時点)、東京証券取引所第一部に上場しており、2013年12月末時点のおおよその株式時価総額は9263億円。 旧富士銀行(現:みずほ銀行)の店舗、社宅等の不動産を多く保有しており、みずほフィナンシャルグループとの関係が強い。また、旧芙蓉グループの中核企業である。 連結子会社には保険代理店業を行うヒューリック保険サービス(株)や、ザ・ゲートホテル雷門を運営するヒューリックホテルマネジメント(株)などがある。

概要[編集]

1957年昭和32年)3月に、富士銀行(現:みずほ銀行)が所有する不動産を母体に、日本橋興業株式会社として設立。2007年平成19年)1月に、商号(社名)を日本橋興業株式会社からヒューリック株式会社に変更。2008年平成20年)11月に、東京証券取引所市場第一部に株式を上場。2010年平成22年)7月に、不動産賃貸会社である千秋商事株式会社と芙蓉総合開発株式会社を合併し、同時に保険事業について会社分割を行い、ヒューリック保険サービス株式会社に承継させた。

2011年平成23年)12月20日に、昭栄株式会社と経営統合することで基本合意。2012年(平成24年)7月1日に、昭栄株式会社がヒューリック株式会社(初代)を合併する逆さ合併の形式をとったが、同日付で昭栄株式会社からヒューリック株式会社(2代目)に商号変更した。実質的にヒューリックによる昭栄の吸収合併である[1][2]

2012年(平成24年)10月より、現在の日本橋大伝馬町の新社屋に本社を移転している[3]。 都心の一等地に立地する中規模のオフィスビルの建替による賃貸面積の増加で成長を遂げてきた。テナントの約4割はみずほフィナンシャルグループで、主にみずほ銀行の店舗に賃貸しており、立地の良さから全物件の平均空室率は1%以下と極めて低い(2013年12月末時点で0.4%)。 最近では高齢者住宅や商業ビルの取得により、資産を増加させている。 コロンビア大学大学院と共同で「10年後の東京」をテーマに、不動産市場の付加価値を上げる調査研究に取り組んでいる。

沿革[編集]

  • 昭和32年
    • 3月 - 不動産業務、保険代理店業務等を目的として、東京都中央区八重洲に資本金3千万円にて日本橋興業㈱の商号で設立。日本橋富士ビル取得(区分所有)
    • 6月 - 損害保険代理店業務を開始
  • 昭和33年9月 - 福岡セントラルビル㈱(ヒューリック福岡㈱)設立(連結子会社)
  • 昭和35年
    • 1月 - 福岡富士ビル(現ヒューリック福岡ビル)竣工
    • 6月 - 阪都不動産管理㈱(現ヒューリックビルマネジメント㈱)設立(現連結子会社)
    • 10月 - 大阪富士ビル(現ヒューリック大阪ビル)竣工
  • 昭和40年
    • 3月 - 本社を日本橋富士ビルへ移転
    • 11月 - 旧㈱富士銀行(現㈱みずほ銀行)の全国営業店149ヶ店の保険代理店業務を継承
    • 新橋富士ビル(現ヒューリック新橋ビル)竣工、新宿富士ビル(現ヒューリック新宿ビル)竣工
  • 昭和41年8月 - 札幌富士ビル(現ヒューリック札幌ビル)竣工
  • 昭和49年4月 - 銀座富士ビル竣工、東大手ビル竣工
  • 昭和53年11月 - 青山富士ビル(現ヒューリック青山ビル)竣工
  • 昭和54年10月 - 兜町富士ビル(現ヒューリック兜町ビル)竣工
  • 平成2年
    • 7月 - 三田富士ビル(現ヒューリック三田ビル)竣工
    • 11月 - 難波富士ビル(現ヒューリック難波ビル)竣工
  • 平成8年3月 - 数寄屋橋富士ビル等12ビル(区分所有部分の取得を含む)を取得
  • 平成9年3月 - 銀座富士ビル等3ビル(区分所有部分の取得を含む)を取得
  • 平成10年3月 - 新宿富士ビル(現ヒューリック新宿ビル)等10ビル(区分所有部分の取得を含む)を取得
  • 平成10年9月 - 蒲田富士ビル等19ビル(区分所有部分の取得を含む)を取得
  • 平成11年3月 - 兜町富士ビル(現ヒューリック兜町ビル)等9ビル(区分所有部分の取得を含む)及び松原家庭寮等42の社宅・独身寮を取得
  • 平成12年11月 - 小舟町Fビル(現ヒューリック小舟町ビル)等15ビルを保有する㈱フォワードビルディングを合併
  • 平成13年4月 - かけ橋企画㈱(現ヒューリックビルド㈱)設立(現連結子会社)
  • 平成17年8月 - 仙台一番町開発特定目的会社設立(現連結子会社)
  • 平成18年8月 - エヌケー・インベストメント合同会社設立(連結子会社)
  • 平成19年1月 - 商号をヒューリック㈱に変更
  • 平成19年6月 - 仙台ファーストタワー事務所棟竣工、京橋K-1ビル(現ヒューリック京橋ビル)取得
  • 平成20年11月 - 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
  • 平成22年
    • 3月 - ヒューリック保険サービス㈱設立(現連結子会社)
    • 7月 - 保険代理店事業をヒューリック保険サービス㈱に会社分割
    • 7月 - 千秋商事㈱及び芙蓉総合開発㈱と合併
    • 8月 - 虎ノ門ファーストガーデン竣工
    • 10月 - ヒューリック麹町ビル竣工
  • 平成23年
    • 3月 - ヒューリック銀座数寄屋橋ビル竣工
    • 4月 - ヒューリックホテルマネジメント㈱設立(現連結子会社)
    • 7月 - 千秋オフィスサービス㈱(現ヒューリックオフィスサービス㈱)を子会社化(現連結子会社)
  • 平成24年
    • 4月 - 連結子会社であるヒューリック福岡㈱及びエヌケー・インベストメント合同会社を合併
    • 7月 - 旧昭栄㈱と合併、商号をヒューリック㈱に変更
    • 8月 - 「THE GATE HOTEL 雷門 by HULIC」を開業[4]
    • 10月 - ヒューリック本社ビル竣工、本社を移転

主要な保有不動産[編集]

仙台富士ビル跡地に完成した仙台ファーストタワー事務所棟(写真中央)(2007年7月)

※()内は主要なテナント

  • ヒューリック銀座数寄屋橋ビル(GAP、みずほ銀行銀座支店)
  • ヒューリック銀座ビル(みずほ銀行銀座中央支店)
  • ヒューリック銀座7丁目ビル(リクルート)
  • ヒューリック銀座ワールドタウンビル(PRADA)
  • ヒューリック銀座2丁目ビル(メルキュールホテル銀座東京)
  • ヒューリック青山ビル(みずほ銀行青山支店)
  • ヒューリック麹町ビル(みずほ銀行麹町支店)
  • ヒューリック新橋ビル(みずほ銀行新橋支店)
  • ヒューリック新宿ビル(みずほ銀行新宿支店等)
  • ヒューリック雷門ビル(ザ・ゲートホテル雷門、Ozeki)
  • ヒューリック浅草橋ビル(日立電線、法政大学地域センター)
  • 御茶ノ水ソラシティ(みずほ証券、杏林製薬、デジタルハリウッド大学)[5]
  • 神谷町セントラルプレイス
  • ヴィクトリアワードロープ(ヴィクトリア)
  • アリスタージュ経堂(京王電鉄)
  • 仙台ファーストタワー(みずほ銀行、みずほ信託銀行)
  • 103 Mount Street @ロンドン

その他、東京23区を中心とした駅至近の好立地に、オフィス・商業施設・ホテル・賃貸マンション・高齢者住宅等を数多く保有する。

主なアワード[編集]

  • 日本経済新聞社による第17回「環境経営度調査」で不動産業界首位(4年連続)
  • ヒューリック浅草橋ビルにおいて、DBJ(日本政策投資銀行) Green Building 認証制度(プラン認証)の最高ランク「プラチナ」取得(PPP物件で初)
  • 仙台ファーストタワーにおいて、DBJ Green Building 認証制度(プラン認証)の「ゴールド」取得
  • ヒューリックレジデンス西大井、ヒューリックレジデンス津田沼において、ハビタット評価認証制度(JHEP)のAAランク取得
  • グランダ大森山王、ヒューリックコート雪が谷、ヒューリックレジデンス千里山、経堂プロジェクト、ヒューリックレジデンス長岡京、グランダ学芸大学、アリア代々木上原において、ハビタット評価認証制度(JHEP)のAランク取得
  • 虎ノ門ファーストガーデンにおいて、第9回「港区みどりの街づくり賞」受賞
  • ヒューリック雷門ビル、ヒューリック本社ビルが、国土交通省の第1回「住宅・建築物省CO2先導事業」に選定
  • ヒューリック本社ビルにおいて、DBJ Green Building 認証制度(プラン認証)の最高ランク「プラチナ」取得(中規模ビルで初)
  • ヒューリック本社ビルにおいて、第26回「日経ニューオフィス賞」受賞[6]

ヒューリック本社ビル[編集]

ヒューリック本社ビル
情報
用途 オフィス
設計者 日建設計株式会社
構造設計者 日建設計株式会社
施工 大成建設株式会社
飛島建設株式会社
共同企業体
建築主 ヒューリック株式会社
事業主体 ヒューリック株式会社
管理運営 ヒューリック株式会社
構造形式 S造・一部SRC造・RC造、免震構造
地上10階、地下1階
階数 地上8階・地下3階・塔屋2階
竣工 2012年9月
所在地 103-0001
東京都中央区日本橋大伝馬町7番3号
テンプレートを表示

HULICブランドの高品質都市型オフィスのモデルルームとして、数多くあるヒューリックの保有物件における、安全性・環境効率性・快適性が具現化されている。
CO2排出量については、40%削減を実現している。

1.安全性

  • 最高ランクの安全性を実現する“免震構造+ハイブリッド構造”
  • アウトフレームによる無柱空間“ワンプレートオフィス”
  • 災害時にもオフィス機能を維持するエネルギー計画
  • 館内の人・物・情報を守るBCP対策
  • 多段階のセキュリティ計画

2.環境効率性

  • 屋上に10kwの太陽光パネル設置、壁面緑化
  • “自然換気・自然採光システム”(マサチューセッツ工科大学との共同研究)
  • 省エネを実現する“デシカント空調システム”
  • 変化する太陽高度に対応する“アニドリックルーバー”(特許出願中)
  • ハイブリッドカーテンウォールとLED照明による大幅な省CO2効果

3.快適性

  • マルチプルに機能するカフェテリアスペース
  • 来客を迎える機能的なゲストスペース
  • フレキシビリティを実現する“システムファニチャー”
  • コミュニケーションを誘発する多数のアメニティスペース
  • 屋上に設置された清掃用・外壁改修用ゴンドラ等による高度なメンテナンス性の確保

主なCSR活動[編集]

1.環境への取り組み

  • 廃棄物や土壌汚染をはじめとする環境関連法令の遵守を徹底させるために、環境関連法令や法制度の最新動向を、法務・コンプライアンス部の「こんぷらサポート便」で全従業員に情報発信し、必要に応じて環境コンプライアンス研修が行われている。
  • 「ヒューリック環境方針」に基づいて、独自の環境マネジメントシステム(EMS)を構築し、PDCAを円滑に回している。またグループの環境への取り組み状況をモニタリングする目的で、社内では「リスク管理委員会」、社外では「環境諮問会議」による評価を採用している。また、ピーク時の電力使用量15%削減に向けた自主行動計画の策定、CO2排出量を1990年比で2020年までに25%削減する内容の中長期ロードマップの策定が行われている。
  • 「長寿命化ガイドライン」を作成し、更新・リニューアルの円滑化、高度なメンテナンス性を目標としている。また、廃棄物を大幅に削減可能なPC工法の積極採用、産業廃棄物削減、建替における地下部分躯体の一部再利用を実施。エネルギー効率の高い設備機器、テナントが省エネに取り組みやすいシステムの導入、再生可能エネルギーの導入を促進している。
  • 温暖化対策として、屋上・敷地内および壁面緑化を積極的に進めている。景観の向上や立地条件を勘案しつつ、手入れが容易で強風に強い植物を選定。土壌には保水性に優れた土壌を採用し、雨水を最大限活用。
  • 2011年から環境会計を導入し、毎年のCSRレポートより公表。

2.社会への取り組み

  • 保有オフィスビルの入居者に対し、年に一度の顧客満足度調査を実施。

<ワークライフバランス>
社員のワークライフバランス向上に積極的に取り組み、男女とも対象とした短時間勤務(子が小学3年修了まで)、こども休暇の取得、育児休業期間のうち1ヶ月を有給とする等、制度が充実している。ベビーシッター制度の設置のほか、子育て支援の一環として出産祝金の内容の引き上げも行われた。 東京労働局より、3年連続で次世代育成支援対策推進法に基づく「基準適合一級事業主」として認定を受けている。

<研修制度>
少数精鋭のプロフェッショナル集団を指向するため、教育研修制度が充実している。 3年間の新人社員研修プログラム、資格取得支援制度、海外視察制度、業前時間の英会話教室の開催、海外有名大学院への留学制度など(以上、社が費用全額負担)。

<社会貢献活動>
ジョイセフ(家族計画国際協力財団)への使用済み切手の寄贈、アフラックがん遺児奨学基金、アフラックペアレンツハウス、あしなが育英会、NPO法人「国境なき子どもたち」への寄付を行っている。地域への取り組みとしては、「ごみゼロクリーンデイ(中央区主催)」への参加や、ボランティア休暇制度、被災地復興支援活動費用の一部補助制度、マッチングギフト制度の設置がある。

<株主・投資家とのコミュニケーション>
個人投資家向け説明会、機関投資家アナリストへの説明会の実施のほか、国内・海外で直接対話の場を設けている。ホームページは、日興アイ・アール全上場企業ホームページ充実度ランキングにおいて、2011年度より3年連続で「優秀サイト」に選ばれている。CSRの取り組みと、透明性ある情報開示が高評価を受け、社会的責任投資(SRI)指標の一つである「FTSE4Good」に選定されている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ “ヒューリック株式会社と昭栄株式会社の統合基本契約書締結に関するお知らせ”. ヒューリック株式会社・昭栄株式会社. (平成23年12月20日). http://navigator.eir-parts.net/EIRNavi/DocumentNavigator/ENavigatorBody.aspx?cat=tdnet&sid=939301&code=3265&ln=ja&disp=simple 2013年9月28日閲覧。 
  2. ^ “昭栄<3003.T>とヒューリック<3265.T>、来年7月に統合で合意”. ロイター ニュース. (2011年12月20日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPT9E7N801320111220 2013年9月28日閲覧。 
  3. ^ “「ヒューリック本社ビル」の竣工について”. ヒューリック株式会社. (2012年10月1日). http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=10366&code=3003 2013年9月28日閲覧。 
  4. ^ “不動産中堅のヒューリック、浅草・雷門にホテル開業 8月”. 日本経済新聞. (2012年6月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD010JK_R00C12A6TJ2000/ 2013年9月28日閲覧。 
  5. ^ “御茶ノ水大改造、日立本社跡地に「ソラシティ」オープン”. 日本経済新聞. (2013年4月20日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1701S_X10C13A4000000/ 2013年9月28日閲覧。 
  6. ^ “日経ニューオフィス賞、13件受賞”. 日本経済新聞. (2013年8月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD01049_R00C13A8TJ1000/ 2013年9月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]