みずほコーポレート銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社みずほコーポレート銀行
Mizuho Corporate Bank, Limited
Mizuho Bank logo.svg
Industrial Bank of Japan Head Office.jpg
みずほコーポレート銀行本店
(旧日本興業銀行本店)
種類 株式会社
略称 みずほCB、MHCB
本社所在地 日本の旗 日本
100-8210
東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
設立 1923年大正12年)5月7日[1]
保善銀行
(みずほコーポレート銀行としての
営業開始は2002年平成14年)4月1日
業種 銀行業
代表者 代表取締役頭取佐藤康博
(さとう やすひろ)
2009年4月1日就任)
資本金 1兆0,709億65百万円
(2008年9月30日現在)
発行済株式総数 普通株式729万4,633株
優先株式375万9,650株
2008年9月30日現在)
純利益 単体△887億64百万円
連結△556億71百万円
(2008年3月期)
純資産 単体2兆5,370億24百万円
連結3兆6,483億83百万円
(2008年9月30日現在)
総資産 単体71兆5,637億63百万円
連結88兆0,981億42百万円
(2008年9月30日現在)
従業員数 単体7,945人、連結1万0,988人
(2008年9月30日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社みずほフィナンシャルグループ 100%
主要子会社 みずほ証券株式会社 94.68%
2011年9月30日現在)
外部リンク http://www.mizuhocbk.co.jp/ (日本語)
テンプレートを表示
みずほコーポレート銀行のデータ
統一金融機関コード 0016
SWIFTコード MHCBJPJT
店舗数 国内18本支店、海外支店22店、海外出張所9ヶ所、駐在員事務所8ヶ所(2008年9月30日現在、振込専用支店等は除く)
貸出金残高 28兆4,396億02百万円
(2008年9月30日現在)
預金残高 19兆5,986億71百万円
(2008年9月30日現在)
特記事項:
自己資本比率:単体(国際基準)12.62%、連結(国際基準)11.68%(2008年9月30日現在)
テンプレートを表示

株式会社みずほコーポレート銀行(みずほコーポレートぎんこう、英称Mizuho Corporate Bank, Ltd.)は、かつて存在した都市銀行みずほフィナンシャルグループ傘下で、また古河グループの幹事会社として、大企業多国籍企業金融機関を担当する「グローバルコーポレートグループ」の中核を担っていた。

概要[編集]

2002年、当時のみずほホールディングス傘下でみずほフィナンシャルグループを形成していた第一勧業銀行富士銀行日本興業銀行分割合併により誕生した。法手続き上、先にコンシューマー事業をみずほ統合準備銀行に分割した日本興業銀行を富士銀行が吸収合併するとともに、第一勧業銀行がコーポレート事業を分割して富士銀行が吸収し、富士銀行はコンシューマー事業を第一勧業銀行に分割したうえで、商号を株式会社富士銀行から株式会社みずほコーポレート銀行に変更した。

事業のベースはその規模やノウハウなどから旧興銀にある。本店も旧興銀の本店建物(みずほコーポレート銀行ビル)を使用しており、勘定系システムも旧興銀のITISをベースとしたシステムを使用しており、みずほ銀行のものとは異なっていた(ただし、当初の予定では、本店所在地を第一勧銀の本店ビルを予定していた)。法人格で興銀ではなく富士銀行を承継したのは、興銀が長期信用銀行法にもとづく長期信用銀行、富士銀行が銀行法にもとづく銀行(いわゆる普通銀行)であったために、みずほコーポレート銀行が普通銀行であるための合理的選択肢である(したがって、興銀を存続会社にしていた場合とは異なり「普通銀行への転換」は要さなかった)。そのような経緯から、金融機関コードは、富士銀行が使用していた0003に代えて、新たに0016を付与するという例外的な対応となった。

ブランドスローガンは「Your Global Financial Partner」。

2013年7月1日、みずほ銀行を吸収合併し、行名をみずほ銀行に変更。

業務[編集]

みずほフィナンシャルグループ内で、大企業多国籍企業金融機関を担当する銀行と位置づけられていた。傘下のみずほ証券と共に、主に大企業向けの融資、決済業務(コーポレートファイナンス)および投資銀行業務を提供しており、みずほ銀行が担当する中小企業向け業務や個人向け業務、地方自治体向け業務はほとんど行っていなかった(ただし、できなかったわけではないので取引を希望する営業部窓口で応相談となっていた)。

しかし、みずほコーポレート銀行の支店(営業部)が存在しない地域で活動する大企業のなかには、みずほ銀行と重複して取引している企業(特に証券会社の場合は、顧客からの振り込み指定口座としての取引など)も多く、両行の拠点や業務範囲の重複が見られる。みずほコーポレート銀行がある地域でも、興銀色が強いのを嫌ってみずほ銀行のみと取引している大企業もあった。

また、拠点数では、みずほ銀行と比較して30倍以上の差があったが、みずほFG全体の経常利益の半分以上を稼いだ。シンジケートローン、M&A、金融アドバイザリー、株式債券ブックランナーなどの分野では、傘下のみずほ証券との協業も含め3大メガバンクグループ中の首位を維持し続けていた[2]

自行のATMはなく、みずほ銀行のものを利用していた。ただし、みずほ銀行のATMが利用できるのはキャッシュカードの利用時のみで、通帳の利用ができなかったため、営業部の窓口ないしは窓口内に設置されている記帳機を利用する形になっていた。また、BANCSMICSにも接続されていなかったため、みずほ銀行以外のATMやコンビニATMの利用は不可であった(そもそも、みずほ銀行に限らず都市銀行の法人キャッシュカードは自行ATMでしか使えない)。なお、みずほ銀行ATMであっても、祝日の利用はできなかった。

普通銀行ではあるが、旧興銀を引き継いで金融債(機関投資家を対象とする募集債)を発行していた。しかし、2006年3月の募集債をもって発行停止した。長期プライムレートの設定に際しての指標となっている(5年物利付金融債の表面利率に0.9%上乗せした金利に設定される)。

沿革[編集]

国内店舗[編集]

日本国内の拠点は本店以外はすべて「○○営業部」という名称となっていた。実店舗で「○○支店」というのは国内には存在しなかった(入金照合サービスで使用するもののみ)。なお、2013年7月に、みずほ銀行を吸収合併したが、一部[5]の拠点を除き、店舗名は、「○○法人支店」に改称された。

みずほコーポレート銀行としての営業開始時には、旧3行の本店にそれぞれ設置されたが(旧第一勧業銀行本店に内幸町営業部、旧富士銀行本店に大手町営業部)、本店内への集約後一定期間を経て、業種・業態ごとに再編成されている。

海外展開[編集]

海外の支店・営業部、現地法人はすべてみずほコーポレート銀行の傘下という扱いであり、グループの海外業務を一手に引き受けていた。ただし、中小企業向け取引などではみずほ銀行、カストディ業務ではみずほ信託銀行が一部の海外業務を直接行う場合もあり、必ずしもグループ内の外国業務を独占していたわけではない。

2006年11月8日、親会社であるみずほフィナンシャルグループニューヨーク証券取引所上場した。1989年三菱銀行上場に続くものであり、バブル崩壊後初めて日本の銀行が海外市場に進出した。

同年12月18日、米国銀行持株会社法に基づく「金融持株会社」(Financial Holding Company)認可をFRBより、農林中央金庫とともに日本の金融機関で初取得した[6]。銀行業務と証券業務の兼営を緩和するこの資格により、投資銀行ビジネスの包括的展開が可能となった。

この2006年だけでもニューデリー無錫(現地法人)、ブリュッセルホーチミンに支店を展開し、みちのく銀行からロシア現地法人を譲り受けるなど、海外業務を急速に拡大している[7]日本経済新聞GLOBAL宣言という特集広告を掲載している。

投資銀行業務をグローバルに展開するに当たって、銀行だけでは制約があるためみずほ証券、旧興銀系の新光証券を合併して新・みずほ証券への筋道をつくった。およそ8,000名の行員のうち、40%強の4,000名近くが海外勤務である[8]。30ヶ国、51都市で業務を営む。

なお2007年6月1日より、中国大陸の拠点はみずほコーポレート銀行(現地名:瑞穂実業銀行)(中国)有限公司に全面的に移管された。

アメリカ同時多発テロ事件発生までは貿易センタービルサウスタワー80階にニューヨーク支店があったが、ニューヨーク市アメリカAVE1251番地に移転している[9]

広告[編集]

冨嶽三十六景 凱風快晴』
一時期のホームページに掲載していた

前述の通り、日本経済新聞に「投資銀行宣言」や「GLOBAL宣言」などの広告を掲載しているほか、2007年4月からテレビCMが放映されていた。

TVCM

提供番組

脚注[編集]

  1. ^ ディスクロージャー誌』株式会社みずほフィナンシャルグループ、2007年
  2. ^ リーグテーブル』トムソンファイナンシャル
  3. ^ 「ロシア現法リテール資産、みちのく銀が現地銀に譲渡」日本経済新聞、2007年8月7日
  4. ^ “みずほ銀とコーポ銀、13年にも合併 システム障害受け体制一新”. 産経新聞. (2011年5月18日). http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110518/fnc11051808180000-n1.htm 2011年5月20日閲覧。 
  5. ^ 東京都区部に立地する本店(旧興銀本店)、内幸町営業部(旧第一勧銀本店)、大手町営業部(旧富士銀本店)、兜町証券営業部(旧第一勧銀兜町支店+旧富士銀兜町支店の法人部門をスピンオフし、統合の上で、旧富士銀兜町支店の所在地に、みずほ銀行兜町中央出張所(現在は廃止)とともに設置)、日本橋営業部→東京法人営業部(旧興銀東京営業部。のちに、みずほ証券八重洲本店所在のビルへ移転)
  6. ^ みずほCB・農林中金、米で金融持ち株会社/投資業務を加速」フジサンケイ ビジネスアイ、2006年12月20日
  7. ^ 中野貴司「みずほフィナンシャルグループ/安定局面、上ブレには海外業務基盤の強化必須」日経ビジネス オンライン、2006年11月14日
  8. ^ 有価証券報告書』株式会社みずほコーポレート銀行、2007年
  9. ^ 北米・中南米 ニューヨーク支店 - みずほコーポレート銀行

外部リンク[編集]