工藤俊作 (海軍軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
工藤俊作
1901年1月7日1979年1月12日
Shunsaku Kudo.jpg
生誕 山形県東置賜郡屋代村(現高畠町
軍歴 1923年 - 1945年
最終階級 海軍中佐
テンプレートを表示

工藤 俊作(くどう しゅんさく、1901年明治34年)1月7日1979年昭和54年)1月12日)は、日本海軍軍人、最終階級は海軍中佐1942年3月、駆逐艦「」艦長時、スラバヤ沖海戦で撃沈された英国艦船の漂流乗組員422名の救助を命じ実行させた人物として有名である。

経歴[編集]

山形県東置賜郡屋代村(現高畠町)で、農家の工藤七郎兵衛、きんの次男として生まれる。山形県立米沢中学校を経て、1920年海軍兵学校に入学(第51期)。同期には大井篤実松譲豊田隈雄小園安名、世界最大の潜水艦の伊号第四〇一潜水艦に乗り込み、第一潜水司令を務めた有泉龍之介(終戦後自決)などがいる。八八艦隊構想のため、海軍兵学校は第50期から第52期までは入学定員が300名に拡大されていた。1923年、海軍兵学校を卒業。その後オーストラリアニュージーランドなどの南洋方面遠洋航海に出発するが、その練習艦のうちの一つである「磐手」の艦長に、のちに海軍大臣総理大臣を経験する米内光政がいた。

遠洋航海終了後に、軽巡「夕張」に配属された。1924年10月に戦艦長門」に転属、同年12月に海軍少尉に任官。以降、水雷学校砲術学校の学生を経て、1926年に海軍中尉第二号掃海艇乗り組みとなる。1927年駆逐艦椿」に転属、1929年、駆逐艦「旗風」の航海長となり、カムチャツカ方面の警備を担当。1930年軽巡洋艦多摩」、翌年に水雷学校高等科で学ぶ。1932年に水雷学校を卒業し、以後、駆逐艦「水雷長、重巡洋艦鳥海分隊長、駆逐艦「狭霧」水雷長、軽巡「球磨」水雷長、「多摩」水雷長、軽巡「五十鈴」水雷長を歴任。1937年、海軍少佐に昇進、翌年、駆逐艦「太刀風」艦長となった。1940年陸上勤務となり、海軍砲術学校教官、横須賀鎮守府軍法会議判士を務めた。同年11月、駆逐艦「雷」艦長となり太平洋戦争を迎えた。

スラバヤ沖海戦での敵兵救助作業[編集]

「雷」は第六駆逐隊に属し、日米開戦時には香港海上封鎖任務に就いていた。その後、南方の諸作戦に参加した。1942年スラバヤ沖海戦の掃討戦において撃沈された英海軍重巡「エクセター」の乗組員376名を3月1日に僚艦「」が救助した。「雷」は翌3月2日、英駆逐艦「エンカウンター」等の乗組員422名を救助し[1]、翌日、パンジェルマシンに停泊中のオランダ病院船「オプテンノート」に捕虜を引き渡した[2]。その後、「雷」はフィリピン部隊に編入され、さらに第一艦隊に編入し内地帰還を命ぜられた。5月には第五艦隊の指揮下に入り、アッツ・キスカ攻略作戦に参加した。

工藤は1942年8月に駆逐艦「」艦長に就任、11月に海軍中佐に昇進した。「響」は改装空母「大鷹」を護衛し、横須賀とトラック島間を三往復し、12月に工藤は海軍施設本部部員、横須賀鎮守府総務部第一課勤務、翌年には海軍予備学生採用試験臨時委員を命じられた。1944年11月から体調を崩し、翌年3月15日に待命となった。

戦後、工藤は故郷で過ごしていたが、妻の姪が開業した医院で事務の仕事に就くため埼玉県川口市に移った。1979年に胃癌のため死去。生前は上記の事実を家族にも話さなかった。これは「雷」が1944年に沈没して多くの乗組員が犠牲になっており、その自戒の念から軍務について家族にも黙して語らなかったものと思われる。遺族がこの話を聞いたのは助けられた元イギリス海軍士官、サム・フォール(en:Sam Falle)からである。

臨終前にクラスの大井篤が駆けつけたが、大井に「貴様はよろしくやっているみたいだな。俺は独活の大木だったよ」と答え、その後息を引き取ったという。

人物[編集]

身長185㎝、体重95㎏といった堂々とした体躯で柔道の有段者であったが、性格はおおらかで温和であった。そのため「工藤大仏」という渾名がついたという。海軍兵学校時代の校長であった鈴木貫太郎の影響を受け、艦内では鉄拳制裁を厳禁し、部下には分け隔て無く接していた事から、工藤が艦長を務めていた際の艦内は、いつもアットホームな雰囲気に満ちていたという[3]。決断力もあり、細かいことには拘泥しなかったので、部下の信頼は厚かった[4]。戦後は海兵のクラス会には出席せず、毎朝、戦死した同期や部下達の冥福を仏前で祈ることを日課にしていたという。

エピソード[編集]

  • 高松宮宣仁親王が長門乗務の時、階段で転んで足に怪我を負い、艦内で草履を履くことになってしまった。ある時宮は大正天皇のお見舞いに行くことになったが、さすがに草履というわけにはいかない。どうしようと周囲に相談したところ、宮の心中を察した某少尉が「私のクラスに大足の大男がいます。奴の靴を借りましょう」と靴を借りてきた。それを宮が履いてみたところ包帯で巻かれていた右足はピッタシだったが左足はダブダブだった。「仕方ないので左は自分の靴を履いていくことにする」と左右全く大きさの違う靴を履いて天皇をお見舞いした。「上手く行った。御殿の人間にも侍従にも全くバレなかった」と宮は大喜びしたという。某少尉は「それでは奴に酒をおごらないといけませんな。奴は酒好きですから」と言ったので3人で宴会となり、後に同期全員で大宴会となった。最後は「殿下のツケでお願いします」となり宮が酒代すべてを支払うことになったというエピソードがある。この某少尉の言う「大足の大男」で「酒好き」の「奴」こそ、少尉時代の工藤である[5]
  • 「雷」沈没当日の夜、「雷」に乗艦していた時の部下たちが「艦長!」「艦長!」と駆け寄り、工藤を中心に輪を作るように集まって来て静かに消えていった、という夢を見た。 工藤ははっと飛び起き、「雷」に異変が起きたことを察知したという。
  • 「雷」に救助された「エンカウンター」砲術士官であった元海軍中尉サム・フォール(Samuel Falle又はSam Falle1919年1月19日 - 2014年1月20日)は、戦後は外交官として活躍したが、恩人の工藤の消息を探し続けていた。彼が工藤の消息を探し当てた時には既に他界していたが、せめて工藤の墓参と遺族へ感謝を伝えようと2003年に来日した。しかしそれらを実現できなかったため、惠隆之介に依頼した結果、2004年12月に墓所等の所在が判明した。そのことはフォールへ報告され、翌年1月に恵は墓参等を代理して行った。その後、2008年12月7日、フォールは66年の時間を経て、駐日イギリス大使館附海軍武官付き添いのもと、埼玉県川口市内の工藤の墓前に念願の墓参りを遂げ、感謝の思いを伝えた。このエピソードは 2007年4月19日、フジテレビの番組「奇跡体験!アンビリバボー」にて、「誰も知らない65年前の奇跡」として、再現ドラマを交えて紹介された。

関連項目[編集]

  • 駆逐艦秋風虐殺事件 / ビハール号事件(重巡洋艦利根虐殺事件) - 工藤の「雷」とは対照的に、1943年3月に駆逐艦「秋風」(艦長佐部鶴吉少佐)が子供や同盟国人(ドイツ人)を含む外国民間人抑留者(神父修道士主体)を、1944年3月に重巡「利根」(艦長黛治夫大佐、直属上官左近允尚正少将)が撃沈した英商船乗組員を、それぞれ艦上で全員を虐殺・処刑した事件。
    • このほか、呂一一〇伊三七伊八伊二六伊一二の各潜水艦が、撃沈船より退船した乗組員に対し艦上より銃撃を行うなど虐殺を行っている。当時の日本海軍では軍令部命令として、各上級部隊司令部を経て各艦に「撃沈商船の乗組員の処分(処刑)」が下令されていたことによる[6]
  • 上村彦之丞 - 装甲巡洋艦出雲に乗艦して参加した蔚山沖海戦において撃沈した装甲巡洋艦リューリクの敵兵を救助している。常陸丸事件の際には新聞で中傷され、自宅に暴徒が押し寄せるなどしたためリューリクは恨みの深い相手であったが、その戦いぶりに肝銘を受け救助を命じた。この出来事を題材にした「上村将軍」と呼ばれる歌は工藤の幼少期に祖母が子守唄代わりに聞かせていたとされている[7]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本側は220名であり、甲板は倍ほどの英兵であふれたが十分な食料が提供された。(産経新聞 2008年12月2日 2面)
  2. ^ #奇蹟の海から148頁
  3. ^ #奇蹟の海から166頁
  4. ^ #奇蹟の海から57頁
  5. ^ 阿川弘之『軍艦長門の生涯』
  6. ^ 佐藤次男 『幻の潜水空母』 光人社NF文庫、2001年。ISBN 4-7698-2313-4。107-108頁。
  7. ^ 【消えた偉人・物語】 工藤俊作と上村彦之丞 再現された少年時代の“手本” 産経新聞 2011.3.19(現在はリンク切れ)

外部リンク[編集]