塩沢幸一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩沢 幸一
Shiozawa kōichi.JPG
生誕 1883年3月5日
長野県上伊那郡中川村
死没 1943年11月17日(満60歳没)
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 大日本帝国海軍
軍歴 1905年 - 1943年
最終階級 海軍大将
テンプレートを表示
塩沢幸一
32期生集合写真。前2列目、左3番目から堀悌吉、塩沢、山本五十六

塩沢 幸一(しおざわ こういち、1883年明治16年)3月5日 - 1943年昭和18年)11月17日)は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍大将長野県伊那郡大草村(現上伊那郡中川村)出身。実家は養命酒で有名な養命酒製造で塩沢はその四男。妻すがは代議士北原阿智之助次女。文芸評論家の中沢臨川は次兄。

略歴[編集]

旧制長野県松本中学校より海軍兵学校第32期入校。席次は入校時190名中首席、卒業時192名中次席。同期に山本五十六吉田善吾嶋田繁太郎堀悌吉などがいる。海軍兵学校在校中の席次は常に堀と首席を競う。山本、吉田、嶋田より1年早く海軍大将に昇進した。山本は塩沢を『おい、養命酒』と呼称していた。

日本海海戦に「朝日」乗組みとして参戦。海軍大学校甲種課程修了後は日英同盟の関係で第1次世界大戦中のイギリス海軍観戦武官として派遣され戦艦に乗艦する。大角人事に際しては、堀の予備役編入を阻止するため人事局長に働きかけている[1]第一遣外艦隊司令官在任中に第一次上海事変が発生。騒乱の拡大を阻止すべく、中国公安局襲撃を企てる日本人居留民を説得した[2]。のち第五艦隊司令長官として、アモイ攻略戦、広東攻略戦に従事している。

平沼内閣総辞職に伴い米内光政海軍大臣を辞任する事になり、後任に海軍兵学校同期の吉田善吾が親補される。吉田より先任順位が上位の塩沢艦政本部長が吉田海軍大臣の部下となる矛盾が生じるために、塩沢は軍事参議官に転補された。1940年(昭和15年)9月5日、吉田が海軍大臣を辞職し横須賀鎮守府司令長官の及川古志郎が海軍大臣に就任した際に、及川の後任として横須賀鎮守府司令長官に親補される。

日米開戦時軍事参議官。山本五十六連合艦隊司令長官が戦死した際に塩沢は国葬の司祭長を務めた。同年病を得て塩沢自身も死去した。

年譜[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『日本海軍の興亡』p.172
  2. ^ 『歴代海軍大将全覧』p.258

参考文献[編集]

関連項目[編集]