千早 (通報艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千早
艦歴
計画 1896年度計画
起工 1898年5月7日
進水 1900年5月26日
就役 1901年9月9日
除籍 1928年9月1日雑役船編入
廃船 1939年7月25日
性能諸元
排水量 常備:1,238t
全長 垂線間長:83.19m
全幅 9.63m
吃水 3.35m
機関 レシプロ蒸気機関2軸
6,000馬力
燃料 石炭344t
最大速 21.0kt
兵員 125名
兵装 12cm砲2基
8cm砲4基
魚雷発射管2門

千早(ちはや)は、日本海軍通報艦。艦名は歌枕の「千早振る」、大阪府所在の「千早城」にちなんで名づけられた。この名を持つ日本海軍の艦船としては2隻目。

艦歴[編集]

1898年に横須賀造船廠で起工し、1901年に竣工、通報艦に類別された。進水式には明治天皇が行幸した[1]

日露戦争に際しては、旅順攻略作戦、黄海海戦日本海海戦等に参加。

1901年「軍艦千早同三笠ヘ勅諭下付セラル」の記録が残る[2]

1912年8月28日、一等砲艦に類別を変更した。

第一次世界大戦では、1916年南洋諸島警備に従事した。1918年から1923年にかけて、シベリア出兵に伴い沿海州沿岸の警備に従事した。

1928年5月から10月にかけて横須賀工廠で練習艦設備の工事を実施し、9月1日に除籍され雑役船に編入、練習船に指定され海軍兵学校で使用された。1939年7月25日に廃船となり、のちに売却された。

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。

  • 志賀直蔵 中佐:1901年2月14日 - 1902年8月20日死去
  • 松村直臣 中佐:1902年8月22日 - 1903年7月7日
  • 福井正義 中佐:1903年9月26日 - 1905年1月7日
  • 石田一郎 中佐:1905年1月7日 - 5月8日
  • 江口麟六 中佐:1905年5月8日 - 12月12日
  • 築山清智 中佐:1905年12月12日 - 1906年4月1日
  • 岩村団次郎 中佐:1907年2月28日 - 1908年2月20日
  • 高木七太郎 中佐:1908年2月20日 - 12月10日
  • 舟越楫四郎 中佐:1908年12月10日 - 1909年10月11日
  • 片岡栄太郎 中佐:1909年10月11日 - 1910年3月19日
  • 山岡豊一 中佐:1910年3月19日 - 12月1日
  • 南里団一 中佐:1910年12月1日 - 1911年12月1日
  • 井原頼一 中佐:1911年12月1日 - 1912年3月9日
  • 石川長恒 中佐:1912年3月9日 - 12月1日
  • 白石直介 中佐:1912年12月1日 - 1913年12月1日
  • 伊集院兼誠 中佐:1913年12月1日 -
  • 花房太郎 中佐:1915年12月13日 - 1916年12月1日
  • 福田一郎 中佐:1916年12月1日 - 1917年12月1日
  • 横地錠二 中佐:1918年2月12日 - 12月1日
  • 原敢二郎 中佐:1918年12月1日 - 1919年6月4日
  • 坂元貞二 中佐:1919年6月4日 - 11月3日
  • 成沢美水 中佐:1920年12月1日[3] -
  • 枝原百合一 中佐:1922年3月15日 - 11月20日
  • (兼)小森吉助 中佐:1922年11月20日 - 12月1日

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5068号、明治33年5月28日。
  2. ^ 国立公文書館
  3. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。

参考資料[編集]

  • 呉市海事歴史科学館編『日本海軍艦艇写真集・巡洋艦』ダイヤモンド社、2005年。
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

関連項目[編集]