ガスマタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガスマタ: Gasmata)はパプアニューギニア ニューブリテン島 西ニューブリテン州南岸にある村。

太平洋戦争中の1942年2月、日本軍は村を占領した。 ラバウルから東ニューギニアへの前進中継基地として、村の西にあるスルミ半島に飛行場が建設された。

1943年3月、オーストラリア人捕虜を背中から銃殺処刑する戦争犯罪が発生した[1]

1944年3月28日、ガスマタはオーストラリア陸軍部隊によって再占領された。

スルミ半島の飛行場はガスマタ空港として戦後も運用されており、村の中心部は空港の周辺に移った。

脚注[編集]

  1. ^ Blindfold Prisoners Shot - キャンベラタイムズ(1950年6月24日 p.4)2014年3月26日閲覧

外部リンク[編集]

座標: 南緯6度16分20秒 東経150度20分0秒 / 南緯6.27222度 東経150.33333度 / -6.27222; 150.33333