ガー (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ss206Gar.jpg
艦歴
発注:
起工: 1939年12月27日[1]
進水: 1940年11月7日[1]
就役: 1941年4月14日[1]
退役: 1945年12月11日[2]
その後: 1959年12月11日にスクラップとして売却[3]
除籍: 1959年5月29日
性能諸元
排水量: 1,475トン
全長: 307 ft 2 in (93.62 m)
全幅: 27 ft 3 in (8.31 m)
吃水: 14 ft 8 in (4.458 m)
機関: ゼネラルモーターズ製248型1,600馬力ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機 4基
最大速: 水上:20 ノット
水中:8.75 ノット
乗員: 士官、兵員59名
兵装: (竣工時)3インチ砲1基、50口径機銃2基、30口径機銃2基
(1943年)51口径5インチ砲1基、20ミリ機銃、小口径機銃3基[4]
21インチ魚雷発射管10門

ガー (USS Gar, SS-206) は、アメリカ海軍潜水艦タンバー級潜水艦の一隻。艦名は北米、中米を原産とする古代魚の一種であるガーに因んで命名された。

艦歴[編集]

ガーはコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1940年11月7日にペッティンギル夫人(ジョージ・T・ペッティンギル少将の妻)によって命名、進水し、1941年4月14日に艦長ドナルド・マクレガー少佐(アナポリス1926年組)の指揮下コネチカット州ニューロンドンで就役する。ニューハンプシャー州ポーツマスからニューロンドンにかけてのニューイングランド海岸地帯に沿って行われた整調後、ガーはニューロンドンを11月24日に出航し、1941年12月3日にパナマ運河を通過、真珠湾攻撃の三日後にサンディエゴに到着した。メア・アイランド海軍造船所で戦闘準備を行い、1942年1月15日に真珠湾に向けてサンフランシスコを出航した。

第1の哨戒 1942年2月 - 3月[編集]

2月2日、ガーは最初の哨戒で日本近海に向かった。名古屋近辺伊勢湾入口、瀬戸内海への入口である紀伊水道などを哨区とした。2月22日夕刻には北緯26度30分 東経157度50分 / 北緯26.500度 東経157.833度 / 26.500; 157.833の地点で「3,000トン級貨物船」に対して三度にわたり魚雷を発射したが、命中しなかった[5]。3月13日朝、ガーは御蔵島西方50海里の地点で特設給糧船秩父丸日魯漁業、1,525トン)を発見して魚雷を4本発射し、3本命中させて撃沈した[6][7]。3月28日、ガーは54日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。

第2、第3、第4の哨戒 1942年4月 - 11月[編集]

4月19日、ガーは2回目の哨戒でトラック諸島方面に向かった。この哨戒では、4月28日からクェゼリン環礁ギー水道沖で哨戒を行い、5月3日には輸送船に対して魚雷を発射したが命中しなかった[8]。翌5月4日にもギー水道沖で輸送船を発見して魚雷を2本発射し、1本が命中[8]。爆雷攻撃を受けたものの被害は無かった。5月17日、ガーは北緯07度15分 東経151度09分 / 北緯7.250度 東経151.150度 / 7.250; 151.150のトラック西方で9,000トン級輸送船とQシップを発見し、Qシップに魚雷を命中させたと判断された[9]。6月8日、ガーは50日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

7月3日、ガーは3回目の哨戒で南シナ海およびタイランド湾方面に向かった。ボルネオ島アナンバス諸島およびマレー半島を結ぶ海域で、シンガポールに出入りする航路を哨戒[10]。この哨戒で唯一見た船は、7月28日に目撃した5,000トン級病院船だった[11]。8月21日、ガーは50日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

9月17日、ガーは4回目の哨戒で南シナ海およびタイランド湾方面に向かった。この哨戒では、機雷敷設の任務も与えられていた。10月12日、ガーはプロカンビア島近海の地点で敵潜水艦を発見したが、追跡中に見失った[12]。10月20日未明、ガーは北緯12度35分 東経100度50分 / 北緯12.583度 東経100.833度 / 12.583; 100.833のタイランド湾の最北部、バンコクにつながる海域に32個の機雷を予定通り敷設[13]。これは、以前にアメリカ潜水艦によってパトロールされた重要な日本の航路を妨害する戦略の一環として行われ、以後潜水艦による機雷敷設作戦は戦争末期までしばしば行われた。10月31日には南緯04度15分 東経117度56分 / 南緯4.250度 東経117.933度 / -4.250; 117.933の地点で貨物船を発見したが、5マイル先にあったため攻撃しなかった[12]。11月7日、ガーは51日間の行動を終えてフリーマントルに帰投。艦長がフィリップ・D・クィーク少佐(アナポリス1932年組)に代わった。

第5、第6、第7の哨戒 1942年11月 - 1943年5月[編集]

水上機母艦能登呂(1943年3月28日)

11月28日、ガーは5回目の哨戒でマニラ湾近海に向かった。12月8日、ガーは北緯00度52分 東経118度54分 / 北緯0.867度 東経118.900度 / 0.867; 118.900の地点でHeinan Maru(不詳、661トン)に対して魚雷を6本発射し、次いで海岸まで追いかけて砲撃により破壊した[14]コレヒドール島バターン半島[15]およびルソン島西岸を往復して哨戒し、12月20日には北緯00度52分 東経118度54分 / 北緯0.867度 東経118.900度 / 0.867; 118.900ボリナオ英語版沖で第827船団を発見して魚雷を3本発射したが、命中しなかった[16][17]。1943年1月1日、ガーは北緯14度30分 東経115度43分 / 北緯14.500度 東経115.717度 / 14.500; 115.717のマニラ湾口で第829船団を発見し、魚雷を発射して5,000トン級輸送船を撃沈したと判断したが[18]、実際には回避されていた[19]。1月9日には、北緯01度46分 東経119度01分 / 北緯1.767度 東経119.017度 / 1.767; 119.017マカッサル海峡水上機母艦能登呂に魚雷を命中させて撃破した[20][21][22]。1月19日、ガーは53日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

2月9日、ガーは6回目の哨戒で南シナ海に向かった。2月22日、ガーはバラバク海峡で、高速で航行するタンカーを発見[23]。3月8日にはマニラ近海で輸送船団を発見したが、哨戒機の接近により攻撃できなかった[24]。ガーはこの他にもいくつかの目標に接触したものの、やはり哨戒機と哨戒艦艇による警戒が厳重なため、攻撃をすることが出来なかった。3月17日から21日まではミリを偵察した[25]。4月2日、ガーは53日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

4月23日、ガーは7回目の哨戒でマニラ近海に向かった。5月9日、ガーはネグロス島南東海域で特設砲艦阿蘇丸関西汽船、703トン)を撃沈。5月15日には北緯13度10分 東経121度50分 / 北緯13.167度 東経121.833度 / 13.167; 121.833ボアク島南西海域でパラオからマニラに向かう第3207船団を発見。11時16分ごろにまず陸軍輸送船明海丸(明治海運、3,197トン)に魚雷1本を命中させて撃沈。約1時間後の12時21分ごろに陸軍輸送船いんだす丸大阪商船、4,361トン)にも魚雷1本を命中させて撃沈した。この他、ガーはこの哨戒で6隻の小型船舶を浮上砲戦で撃沈した[26]。5月27日、ガーは34日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した。

第8、第9の哨戒 1943年6月 - 9月[編集]

6月18日、ガーは8回目の哨戒でジャワ海およびフローレス海方面に向かった。7月1日、ガーはティモール島ラウテン英語版近辺の海岸に4つのコマンド部隊を上陸させた[27]。7月14日、ガーは南緯05度37分 東経120度28分 / 南緯5.617度 東経120.467度 / -5.617; 120.467の浅瀬に座礁した500トン程度の内燃機船を攻撃し、その乗組員はジャングルの中に逃げていった[28]。7月23日、ガーは34日間の行動を終えてフリーマントルに帰投。艦長がジョージ・W・ラウトルップ・ジュニア少佐(アナポリス1934年組)に代わった。

8月8日、ガーは9回目の哨戒でセレベス島方面に向かった。チモール、マカッサル海峡周辺を行動し、8月20日に北緯01度00分 東経119度00分 / 北緯1.000度 東経119.000度 / 1.000; 119.000の地点で特設運送船晴山丸(山本汽船、955トン)を撃沈した。9月13日、ガーは37日間の行動を終えて真珠湾に帰投。オーバーホールのためメア・アイランド海軍造船所に回航された。作業終了後、11月30日に真珠湾に戻ってきた。

第10、第11、第12、第13の哨戒 1943年12月 - 1944年10月[編集]

12月16日、ガーは10回目の哨戒でパラオ方面に向かった。1944年1月20日、ガーはパラオ沖で陸軍船広祐丸(広海汽船、5,324トン)を撃沈。2日後の1月22日にはパラオ沖で3番目の輸送船団を発見し、海軍徴傭船泰安丸(日本海汽船、3,670トン)を撃沈した。2月9日、ガーは55日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。

3月3日、ガーは11回目の哨戒でパラオ方面に向かった。この哨戒では、パラオに対する第58任務部隊マーク・ミッチャー中将)の空襲に対する支援を命じられており、ガーは日本軍の防御砲火の射程内にある海岸で倒れていた8名のパイロットを救助した。4月21日、ガーは49日間の行動を終えて真珠湾に帰投した。

5月20日、ガーは12回目の哨戒で小笠原諸島方面に向かった。この哨戒では、6月9日に北緯24度35分 東経141度38分 / 北緯24.583度 東経141.633度 / 24.583; 141.633の地点で日本の海上トラックの船団を攻撃し、少なくとも1隻を炎上させた[29]。6月28日にも北緯25度50分 東経143度05分 / 北緯25.833度 東経143.083度 / 25.833; 143.083の地点で800トンから1,000トン程度の船舶に対して砲撃を行った[30]。7月9日、ガーは47日間の行動を終えて真珠湾に帰投[31]。艦長がモーリス・フェラーラ少佐(アナポリス1937年組)に代わった。

8月14日、ガーは13回目の哨戒でパラオ、ヤップ島方面に向かった。この哨戒では、ヤップ島近海で救助任務にあたった。9月7日にはヤップ島の施設を砲撃し[32]、その後はスリガオ海峡方面に移動して哨戒した。9月29日には北緯03度30分 東経126度12分 / 北緯3.500度 東経126.200度 / 3.500; 126.200の地点で小型船を発見し、機銃掃射で撃沈した[33]。10月9日、ガーは54日間の行動を終えてブリスベンに帰投した。

第14、第15の哨戒 1944年11月 - 12月[編集]

11月3日、ガーは14回目の哨戒でルソン島方面に向かった。この哨戒では16名の人員と30トンの貨物を搭載し、フィリピンに輸送する任務を命じられていた。11月20日、ガーはベルデ島水路沿いのミンドロ島北岸に到着し、信号で合図を送った後貨物5トンを陸揚げ[34]。翌11月21日、第一の任務完了の報告を送信した後[35]、ダリガヨス川近辺に移動し、潜航して第二の任務遂行の機をうかがう[36]。夕方になって浮上して陸上と連絡をとったところ、4キロ北にあるサン・エステバン沿岸では3隻の日本の警備艇が警戒しており、また「サンチャゴ・コーヴには2隻の日本の重巡洋艦[注釈 1]と1隻の駆逐艦が停泊している」事を伝えられる[36]。3日後の11月23日、ガーはサンチャゴ・コーヴに到着し、16名の人員と25トンの貨物を陸揚げしたが、「いる」と伝えられていた重巡洋艦はいなかった[37]。11月24日に任務完了の報告とリンガエン湾の偵察を行い、翌11月25日には北緯13度46分 東経119度39分 / 北緯13.767度 東経119.650度 / 13.767; 119.650の地点で1,000トン級海上トラックを砲撃で破壊した[38]。11月30日、ガーは26日間の行動を終えてミオス・ウンディ島に帰投した。

12月4日、ガーは15回目の哨戒でルソン島方面に向かった。12月11日、ガーはルソン島デュリアガオス・インレットに到着し、35トンの貨物を陸揚げ。代わりに、日本側の防御砲火の位置や可燃物庫、基地配置を記した地図を含む機密文書を受け取り、撃墜されて味方に匿われていた軽空母ラングレー (USS Langley, CVL-27) 所属のパイロットを収容した[39]。任務完了後、ガーは高速で陸岸から離れ、12月18日にサイパン島に寄港[40]。12月27日、ガーは24日間の行動を終えて真珠湾に帰投。これがガーの最後の哨戒となった。

練習艦・戦後[編集]

ガーは真珠湾でのオーバーホールの後、第一線任務を離れてサイパン島、グアムマリアナ諸島での対潜訓練の標的艦任務に従事すべく、1945年4月2日に真珠湾を出航。戦争の残りを標的艦として活動した。終戦直前の8月7日に、グアムアプラ港を出航しハワイ、サンフランシスコ、パナマ運河を経由して10月20日にポーツマスに到着する。ガーは12月11日に退役し、予備役艦として1948年9月まで保管される。その後10月までポーツマス海軍造船所でオーバーホールが行われ、海軍第4管区の予備役訓練艦としてオハイオ州クリーブランドに配属されることとなり、ガーはミシシッピ川シカゴ運河英語版を経由して1948年11月28日にクリーブランドに到着し、訓練任務に従事した。その後、ガーは1959年5月29日に除籍され、11月18日にアキューム・スクラップ・アンド・メタル社にスクラップとして売却された。

ガーは第二次世界大戦の戦功で11個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 青葉熊野

出典[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • (Issuu) SS-206, USS GAR. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-206_gar?mode=a_p. 
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030315900 『自昭和十七年三月一日至昭和十七年三月三十一日 横須賀鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030138800 『昭和十七年十二月一日 昭和十八年二月二十八日 (第一海上護衛隊)戦時日誌 抜萃』、1-25頁。
    • Ref.C08030138800 『昭和十八年一月一日 昭和十八年一月三十一日 (第一海上護衛隊)戦時日誌』、44-60頁。
    • Ref.C08030341300 『自昭和十八年一月一日至昭和十八年一月三十一日 佐世保鎮守府戦時日誌』。
  • Roscoe, Theodore. United States Submarine Operetions in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute press. ISBN 0-87021-731-3. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 防衛研究所戦史室編 『戦史叢書29 北東方面海軍作戦』 朝雲新聞社1969年
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. pp. pp .285–304. ISBN 1-55750-263-3. 
  • 野間恒 『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』 野間恒(私家版)、2004年
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年
  • 松井邦夫 『日本商船・船名考』 海文堂出版、2006年ISBN 4-303-12330-7

外部リンク[編集]