ベクーナ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Becuna;0831914.jpg
艦歴
発注
起工 1943年4月29日
進水 1944年1月30日
就役 1944年5月27日
退役 1969年11月7日
その後 1976年6月21日にフィラデルフィアで博物館船として公開
除籍 1973年8月15日
性能諸元
排水量 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水 16 ft 10 in (5.1 m)
機関 ゼネラル・モーターズ278A
16気筒ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度 400ft (120m)
巡航期間 潜航2ノット (4km/h) 時48時間、哨戒活動75日間
乗員 士官6名、兵員60名
兵装 5インチ砲1基、40ミリ機関砲、20ミリ機銃
21インチ魚雷発射管10門

ベクーナ (USS Becuna, SS/AGSS-319) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名はヨーロッパに生息するパイクに似た魚、ベクーナに因んで命名された。

艦歴[編集]

ベクーナは1943年4月29日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1944年1月30日にジョージ・C・クローフォード夫人(クローフォード中佐の妻)によって命名、進水し、1944年5月27日に艦長ヘンリー・D・スター少佐(アナポリス1933年組)の指揮下就役する。7月1日にニューロンドンを出航し、7月29日に真珠湾に到着した。

第1の哨戒 1944年8月 - 10月[編集]

8月23日、ベクーナは最初の哨戒で南シナ海に向かった。10月8日未明、ベクーナは北緯14度12分 東経115度53分 / 北緯14.200度 東経115.883度 / 14.200; 115.883の地点でヒ76船団を発見し、元特設水上機母艦君川丸川崎汽船、6,863トン)に魚雷1本を命中させ、撃沈こそ出来なかったものの君川丸を船団から脱落させた[1]。 翌10月9日には、北緯12度45分 東経118度00分 / 北緯12.750度 東経118.000度 / 12.750; 118.000パラワン島北西海域でミ19船団を発見。タンカーさんるいす丸(三菱汽船、7,268トン)の船首に魚雷を命中させる(ただし沈没には至らなかった)[2][3]。 続けさまにホークビル (USS Hawkbill, SS-366) と共同で、北緯12度43分 東経118度05分 / 北緯12.717度 東経118.083度 / 12.717; 118.083の地点で応急タンカー徳和丸(日東汽船、1,943トン)を撃沈した[4]。10月18日、ベクーナは56日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した[5]

第2、第3、第4、第5の哨戒 1944年11月 - 1945年7月[編集]

11月15日[6]、ベクーナは2回目の哨戒で南シナ海に向かった。この哨戒では、1945年1月2日に南緯05度50分 東経113度12分 / 南緯5.833度 東経113.200度 / -5.833; 113.200南緯06度09分 東経113度33分 / 南緯6.150度 東経113.550度 / -6.150; 113.550の2カ所で、300トン級および800トン級の海上トラックを砲撃により撃沈した[7]。1月8日、ベクーナは53日間の行動を終えてフリーマントルに帰投した[8]

2月4日[9]、ベクーナは3回目の哨戒で南シナ海に向かった。2月22日、ベクーナは北緯11度30分 東経109度06分 / 北緯11.500度 東経109.100度 / 11.500; 109.100インドシナ半島ファンラン湾沖で南号作戦参加のヒ88H 船団を発見。応急タンカー日翼丸(日産汽船、1,943トン)に向けて魚雷を4本発射し、うち1本が日翼丸に命中しこれを撃沈した。3月22日、ベクーナは46日間の行動を終えてスービック湾に帰投した[10]

4月15日[11]、ベクーナは4回目の哨戒で南シナ海に向かった。しかし、この頃には南シナ海に日本の艦船の姿を見ることは出来ず、攻撃の機会もなく戦果はなかった[12]。5月24日、ベクーナは39日間の行動を終えてフリーマントルに帰投[13]。艦長がウィリアム・J・ブッシュ(アナポリス1938年組)に代わった。

6月21日[14]、ベクーナは5回目の哨戒で南シナ海に向かった。7月16日に一度のみ攻撃機会があったが[15]、前回同様戦果を挙げることはなかった。7月27日、ベクーナは36日間の行動を終えてスービック湾に帰投した[16]。  

戦後[編集]

戦争が終わるとベクーナはスービック湾を後にしてアメリカ本国に向かった。9月、ベクーナはカリフォルニア州サンディエゴに帰還し、1949年4月まで太平洋艦隊潜水艦部隊での作戦活動に従事、その後大西洋艦隊潜水艦部隊、第8潜水艦戦隊に配属された。1949年5月から1950年5月までの間にベクーナは回復訓練演習を行い、ニューロンドンで士官候補生の訓練を支援した。1950年11月、エレクトリック・ボート社での近代改修のためのオーバーホールに入り、GUPPY 改修艦への転換が行われた。改修は1951年8月に完了し、ベクーナは公試のためカリブ海に向かう。ニューロンドンには9月に帰還した。改修後のベクーナは大西洋艦隊と共に活動し、第6艦隊との巡航で地中海スコットランドを訪れた。これらの拡張巡航以外、大半はニューロンドンでの訓練で費やされた。ベクーナは1969年に AGSS-319 (実験潜水艦)に艦種変更され、1969年11月7日に退役、大西洋予備役艦隊で保管される。1971年に SS-319 に再度変更され、1973年8月15日に除籍された。

博物館船[編集]

GUPPY 改修艦当時の姿で保存されているベクーナ

ベクーナは1976年6月21日にペンシルベニア州フィラデルフィアインディペンデンス・シーポート・ミュージアム英語版に展示され、1996年に歴史的艦船ゾーンが出来てからは当該ゾーンに移動し、米西戦争ジョージ・デューイ元帥旗艦である防護巡洋艦オリンピアと並んで展示されている。

1986年には国定歴史建造物に指定され、2001年にはアメリカ溶接協会英語版から「歴史的溶接構造物」賞を受賞した。

ベクーナは第二次世界大戦の戦功で4個の従軍星章を受章した。ベクーナは1隻の日本のタンカーを単独で、もう1隻のタンカーを共同で撃沈し、その合計は共同戦果の分も含めて1隻と2分の1隻、2,816トンに上った。

脚注[編集]

  1. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II、駒宮, 270ページ
  2. ^ The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II、松井, 23ページ
  3. ^ さんるいす丸は後日、ヒ86船団として日本に向かう途中で撃沈される
  4. ^ この経緯から、徳和丸撃沈はベクーナとホークビルの共同戦果となっている
  5. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.68
  6. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.67,70
  7. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.93,94
  8. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.86
  9. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.105,107
  10. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.119
  11. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.145,147
  12. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.162
  13. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.160
  14. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.175
  15. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.187,188
  16. ^ 「SS-319, USS BECUNA」p.185

参考文献[編集]

  • SS-319, USS BECUNA(issuuベータ版)
  • Theodore Roscoe "United States Submarine Operetions in World War II" Naval Institute press、ISBN 0-87021-731-3
  • 財団法人海上労働協会編『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』財団法人海上労働協会/成山堂書店、1962年/2007年、ISBN 978-4-425-30336-6
  • Clay Blair,Jr. "Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan" Lippincott、1975年、ISBN 0-397-00753-1
  • 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年、ISBN 4-87970-047-9
  • 松井邦夫『日本・油槽船列伝』成山堂書店、1995年、ISBN 4-425-31271-6

外部リンク[編集]