ドッグフィッシュ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dogfish-Photo-L.jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年6月22日
進水: 1945年10月27日
就役: 1946年4月29日
退役:
その後: 1972年7月28日ブラジルへ売却
除籍: 1972年7月28日
性能諸元
排水量: 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長: 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅: 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水: 16 ft 10 in (5.1 m)
機関: ゼネラル・モーターズ
Model 16 V16ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速: 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離: 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度: 400ft (120m)
乗員: 士官6名、兵員60名
兵装: 5インチ砲1門、
21インチ魚雷発射管10門、
機銃4基

ドックフィッシュ (USS Dogfish, SS-350) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名はツノザメに因んで命名された。

艦歴[編集]

ドッグフィッシュは1944年6月22日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1945年10月27日にA・M・モーガン夫人によって命名、進水し、1946年4月29日に艦長T・S・バスケット中佐の指揮下就役する。

ドックフィッシュはコネチカット州ニューロンドンから出航し、カリブ海バミューダで訓練活動に従事した。その後1947年8月から1948年4月までフィラデルフィア海軍造船所オーバーホールおよび近代化改修が行われ、改修後はニューロンドンで通常の作戦任務と実験プロジェクトに従事した。1948年10月31日から11月19日まで、フロリダ海域からラブラドールグリーンランド間のデービス海峡へ及ぶ大規模な艦隊練習に参加した。

ドックフィッシュは1949年2月4日から4月3日にかけてスコットランドイギリスフランスを訪問し、1952年2月および3月にはハッテラス岬沖での船団演習に参加した。続く3年に渡って東海岸およびカリブ海での作戦活動に従事した。

1955年3月1日にニューロンドンを出航し、初めての地中海配備のため第6艦隊と合流する。ドッグフィッシュは6月6日に母港に帰還した。翌年にはNATOの演習「Operation New Broom」に参加し、その間の1956年6月4日から14日までノバスコシア州ハリファックスを訪問した。11月8日にドックフィッシュはニューロンドン沖で火災を発生したトロール船アグダ (Agda) の消火を行った。

ドックフィッシュは新型機材評価のため1958年1月31日から4月12日までスコットランドのファスレーン湾へ巡航した。その後1959年5月23日から8月8日まで地中海に展開し、10月と11月にはNATOの対潜水艦戦演習に参加した。広範囲オーバーホール後、ドックフィッシュは1960年までニューロンドン沿岸での作戦活動に従事した。

ドックフィッシュは1972年7月28日に除籍され、ブラジルに売却された。ブラジル海軍ではグアナバラ (Guanabara, S-10) と改名され、その後1983年に除籍された。

外部リンク[編集]