デンテューダ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dentuda submarine.jpg
艦歴
発注
起工 1943年11月18日[1]
進水 1944年9月10日[1]
就役 1944年12月30日[1]
退役 1946年12月11日[1]
除籍 1967年6月30日[1]
その後 1969年2月12日にスクラップとして売却[1]
性能諸元
排水量 1,526トン(水上)[2]
2,424トン(水中)[2]
全長 311 ft 9 in (95.02 m)[2]
全幅 27 ft 3 in (8.31 m)[2]
吃水 16 ft 10 in (5.13 m)(最大)[2]
機関 ゼネラル・モーターズ278A16気筒ディーゼルエンジン 4基[2]
ゼネラル・エレクトリック発電機2基[2]
最大速 水上:20.25 ノット (37 km/h)[3]
水中:8.75 ノット (16 km/h)[3]
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)[3]
試験深度 400 ft (120 m)[3]
巡航期間 潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間[3]
乗員 士官10名、兵員71名[3]
兵装 5インチ砲1基、40ミリ機関砲、37ミリ機銃[4]
21インチ魚雷発射管10基

デンテューダ (USS Dentuda, SS-335) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名は亜熱帯水域に生息する大きなサメの一種であるデンテューダに因む。

艦歴[編集]

当初はカピドリ (Capidoli) の艦名で建造される予定であったが、1942年9月24日にデンテューダと改名される。デンテューダは1943年11月18日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工する。1944年9月10日にT・W・ホーガン夫人によって進水し、12月30日に艦長ジョン・S・マケイン・ジュニア中佐(アナポリス1931年組)の指揮下就役した。マケインの父はジョン・S・マケイン・シニア大将(アナポリス1906年組)、息子は海軍出身で、2008年アメリカ合衆国大統領選挙での共和党大統領候補ジョン・マケイン(アナポリス1958年組)である。デンテューダの調整は大西洋艦隊潜水艦部隊の実験任務のため2か月間に延長された。任務終了後、デンテューダは1945年4月5日に太平洋に向けて出航し、5月10日に真珠湾に到着した。

哨戒[編集]

5月29日、デンテューダは最初の哨戒で東シナ海および台湾方面に向かった。サイパン島タナパグ湾英語版に寄港して燃料を補給したあと[5]、哨区に到着。6月18日、デンテューダは北緯31度55分 東経126度48分 / 北緯31.917度 東経126.800度 / 31.917; 126.800男女群島近海で2つの目標を探知し、浮上して相手が監視艇であることを確認ののち、5インチ砲などの砲撃で2隻とも撃沈した[6]。この目標は、特設監視艇麗光丸日本海洋漁業、88トン)と平和丸(日本海洋漁業、88トン)であった[7][8]。6月26日には北緯25度45分 東経120度32分 / 北緯25.750度 東経120.533度 / 25.750; 120.533の地点で「伊号クラス潜水艦」を発見し、魚雷を4本発射したが命中しなかった[9]。7月4日未明、デンテューダは北緯26度09分 東経119度54分 / 北緯26.150度 東経119.900度 / 26.150; 119.900の地点で3,000トンから4,000トン級と推定される輸送船を発見して魚雷を3本発射、2本が命中して1本は海岸に当たって爆発した[10]。7月12日には、北緯26度06分 東経119度45分 / 北緯26.100度 東経119.750度 / 26.100; 119.750馬祖島近海で7月4日に攻撃したものと同じ輸送船を発見し、魚雷を3本発射して2本を命中させた[11]。デンテューダはこの4,000トン級輸送船の撃沈を報じたが[12]、戦後の調査では輸送船撃沈は認められなかった。7月29日、デンテューダは58日間の行動を終えてグアムアプラ港に帰投した[13]

戦後[編集]

デンテューダは1946年1月3日まで真珠湾に留まり、その後帰国の途に就く。1月8日にサンフランシスコに到着した。その後、クロスロード作戦での試験艦として第1統合任務部隊に配属されたデンテューダは1946年2月14日に真珠湾に到着し、5月22日にビキニ環礁に向けて出航した。デンテューダは実験任務を無事完了し、9月5日に真珠湾に帰還した。10月7日にメア・アイランド海軍造船所に向けて出航し10月14日に到着する。デンテューダは1946年12月11日に退役し、第12海軍区の訓練艦として配属された。デンテューダは1967年6月30日に除籍され、1969年2月12日にスクラップとして売却された。

デンテューダの唯一の哨戒は「成功」として記録された。また、沖縄戦への貢献で1個の従軍星章を受章した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f #Friedman pp.285-304
  2. ^ a b c d e f g #Bauer
  3. ^ a b c d e f #Friedman pp.305-311
  4. ^ #SS-335, USS DENTUDAp.8,26,29
  5. ^ #SS-335, USS DENTUDA p.7
  6. ^ #SS-335, USS DENTUDA pp.8-9, p.26
  7. ^ Chapter VII: 1945” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2013年1月27日閲覧。
  8. ^ #特設原簿 p.120,124
  9. ^ #SS-335, USS DENTUDA pp.11-12, pp.22-23
  10. ^ #SS-335, USS DENTUDA p.14,24
  11. ^ #SS-335, USS DENTUDA p.17,25
  12. ^ #SS-335, USS DENTUDA p.45
  13. ^ #SS-335, USS DENTUDA p.20

参考文献[編集]

  • (issuu) SS-335, USS DENTUDA. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-335_dentuda?mode=a_p. 
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • Bauer, K. Jack; Roberts, Stephen S. (1991). Register of Ships of the U.S. Navy, 1775-1990: Major Combatants. Westport, Connecticut: Greenwood Press. pp. 275-280. ISBN 0-313-26202-0. 
  • Friedman, Norman (1995). U.S. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. ISBN 1-55750-263-3. 
  • 林寛司(作表)、戦前船舶研究会(資料提供)「特設艦船原簿/日本海軍徴用船舶原簿」、『戦前船舶』第104号、戦前船舶研究会、2004年、 92-240頁。

外部リンク[編集]