コーポラル (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Corporal;0834606.jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年4月27日
進水: 1945年6月10日
就役: 1945年11月9日
退役: 1973年11月21日
除籍: 1973年11月21日
その後: 1973年11月21日トルコ海軍に転籍
性能諸元
排水量: 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長: 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅: 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水: 16 ft 10 in (5.1 m)
機関: ゼネラル・モーターズ
Model 16 V16ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速: 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離: 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度: 400ft (120m)
巡航期間: 潜航2ノット (4km/h) 時48時間、哨戒活動75日間
乗員: 士官6名、兵員60名
兵装: 5インチ砲1門、
21インチ魚雷発射管10門、
機銃4基

コーポラル (USS Corporal, SS-346) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名はコイ科の淡水魚フォールフィッシュの別名コーポラルに因んで命名された。

艦歴[編集]

コーポラルは1944年4月27日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1945年6月10日にH・C・ウィック夫人によって命名、進水し、1945年11月9日に艦長E・E・シェルビー中佐の指揮下就役する。

就役後、大西洋艦隊に配属されたコーポラルは1946年1月8日にニューロンドンを出航し母港のフロリダ州キーウェストに向かう。キーウェストには2月25日に到着し、その後フロリダ沖、バミューダカリブ海で対潜水艦戦技術開発や艦隊演習に参加する。1947年2月26日にコネチカット州グロトンに帰還し、広範囲な近代化が行われた。改修後1948年3月2日にキーウェストに戻る。

コーポラルはフロリダ沖およびカリブ海で訓練と演習を継続し、1952年7月16日から10月15日まで第6艦隊と共に地中海に展開した。キーウェストに帰還すると大西洋、カリブ海での大規模艦隊演習に参加する。その後1957年3月11日から5月16日までイギリス諸島を巡航し、キーウェストに戻ると艦隊ソナー学校の訓練任務に従事した。1958年から59年にかけて砲撃訓練を頻繁に行い、1959年8月からはサウスカロライナ州チャールストンを母港として東海岸を広範囲に巡航した。1960年12月にコーポラルは西ドイツに巡航し、その後地中海で第6艦隊に合流する。

コーポラルはGUPPY III改修が行われ、60年代後半から70年代初めの冷戦期に様々な作戦活動に従事した。北海から北極圏を定期的に通過し、地中海の巡航、カリブ海での作戦活動およびニューロンドンの潜水学校での水兵訓練を定期的に行った。

トルコ海軍で[編集]

コーポラルは1973年11月21日に退役し、同日除籍された。相互防衛援助計画の下トルコ海軍に移管される。1974年2月12日にコーポラルはイキンジ・イニョニュ (TCG 2. İnönü, S 333) と改名された。艦名はトルコ革命における第二次イニョニュの戦いに因んだもので、その名を持つ艦としては4隻目であった。

イキンジ・イニョニュは1996年9月2日にトルコ海軍を除籍され、スクラップとして廃棄された。現在後部魚雷発射管を含む船体の一部がイスタンブルの海軍博物館で展示されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]