メロ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mero (SS-378).jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年7月22日
進水: 1945年1月17日
就役: 1945年8月17日
退役: 1946年6月15日
その後: 1960年4月20日トルコに貸与
除籍: 1973年8月1日
性能諸元
排水量: 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長: 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅: 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水: 16 ft 10 in (5.1 m)
機関: ゼネラル・モーターズ
Model 16 V16ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速: 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離: 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度: 400ft (120m)
巡航期間: 潜航2ノット (4km/h) 時48時間、哨戒活動75日間
乗員: 士官6名、兵員60名
兵装: 5インチ砲1門、
21インチ魚雷発射管10門、
機銃4基

メロ (USS Mero, SS-378) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名は大型のハタ科の魚であるメロに因んで命名された。

艦歴[編集]

メロは1944年7月22日にウィスコンシン州マニトワックマニトワック造船で起工した。1945年1月17日にヘンリー・G・テイラー夫人によって命名、進水し、1945年8月17日に艦長ジョン・H・ターナー中佐の指揮下就役する。

マニトワックで建造された最後の潜水艦であったメロは、8月25日に整調のためミシガン湖に向けて出航する。9月6日から11月17日まで五大湖を巡航し、デトロイトクリーブランドシカゴといったいくつかの港を訪問した。11月2日から9日にかけて浮きドックに納められ、ミシシッピ川を下ったメロは29日にニューオーリンズに到着、12月6日にパナマ運河地帯へ向けて出航した。同地で1ヶ月間の訓練を行い、1946年1月19日に真珠湾に向けて出航する。

メロは2月5日に真珠湾に到着し、作戦活動に従事した。2月22日に西海岸に向けて出航し、3月1日にサンフランシスコ湾に到着、不活性化に備えたオーバーホールが行われ、3月14日にメア・アイランドに向けて出航、第19艦隊に合流し、1946年6月15日に退役した。太平洋予備役艦隊入りし、1960年4月20日にトルコに貸与されるまでメア・アイランドで係留された。

トルコ海軍で[編集]

メロは1960年にフリート・シュノーケル改修が行われた。1960年4月20日に相互防衛援助計画の下のトルコ海軍へ貸与される。トルコ海軍ではフズルレイス (TCG Hızırreis, S344) と改名された。サンフランシスコを出航したフズルレイスは1960年8月23日にトルコ海軍で就役した。

1973年8月1日にヒツィレイスは正式にトルコに売却され、アメリカ海軍から除籍された。その後1977年にトルコ海軍で廃棄され、予備部品として使用された。

外部リンク[編集]