マンタ (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Manta;0829902.jpg
艦歴
発注
起工 1943年1月15日
進水 1943年11月7日
就役 1944年12月18日
1949年8月2日
退役 1946年6月10日
1955年12月6日
除籍 1967年6月30日
その後 1969年7月16日に標的艦として海没処分
性能諸元
排水量 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水 16 ft 10 in (5.1 m)
機関 フェアバンクス=モース
38D 8 1/8ディーゼルエンジン 4基
エリオット・モーター発電機2基
最大速 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度 400ft (120m)
巡航期間 潜航2ノット (3.7 km/h) 時48時間、哨戒活動75日間
乗員 士官6名、兵員60名
兵装 5インチ砲1基、40ミリ機関砲2基[1]
21インチ魚雷発射管10門

マンタ (USS Manta, SS/ESS/AGSS-299) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名はオニイトマキエイに因んで命名された。

艦歴[編集]

マンタは1943年1月15日にペンシルベニア州フィラデルフィアクランプ造船所で起工した。1943年11月7日にマイケル・J・ブラッドリー夫人によって命名、進水し、1944年12月18日に艦長エドワード・P・メドレー少佐(アナポリス1937年組)の指揮下就役する。整調後マンタは1945年3月27日にコネチカット州ニューロンドンを出航し、パナマ運河を経由してハワイに向かった。

5月28日、マンタは最初の哨戒でデイス (USS Dace, SS-247) 、アポゴン (USS Apogon, SS-308) およびカベゾン (USS Cabezon, SS-334) とウルフパックを構成し[2]千島列島方面に向かった。しかし、この哨戒ではソ連船と敵味方不明の潜水艦しか見なかった[3]。7月16日、マンタは46日間の行動を終えてミッドウェー島に帰投した[4]。8月8日、マンタは2回目の哨戒で出撃したが、8月15日の終戦で哨戒は取りやめとなった。8月17日、マンタはグアムアプラ港に帰投した[5]。終戦後、マンタは9月10日に真珠湾に到着。12月まで訓練に従事したのち、1946年1月2日にサンフランシスコに向けて出航し、不活性化オーバーホールに入る。その後、マンタは1946年6月10日に退役し、太平洋予備役艦隊で保管される。

3年後の1949年8月2日に、マンタは艦長E・H・エドワーズ・ジュニア中佐の指揮下 ESS-299 (実験潜水艦)として再就役した。9月1日に AGSS-299 (調査潜水艦)に艦種変更され、フロリダ州キーウェストへ向かうよう命じられる。キーウェストに回航後、マンタは4年にわたって大西洋艦隊作戦開発部隊で対潜水艦戦の実験において標的艦としての任務に従事した。任務終了後の1955年7月5日にマンタはキーウェストを出航し、不活性化準備のためニューハンプシャー州ポーツマスに向かう。不活性化後ポーツマスからニューロンドンに曳航されたマンタは、1955年12月6日に退役し予備役艦隊入りする。1960年4月に海軍第3管区の予備役訓練艦に指定されたマンタは再び訓練任務に就き、任務完了後の1967年6月30日に除籍され、1969年7月16日にノーフォーク沖で標的艦として航空機の攻撃により海没処分された。

脚注[編集]

  1. ^ 「SS-299, USS MANTA」p.7
  2. ^ 「SS-299, USS MANTA」p.25
  3. ^ 「SS-299, USS MANTA」p.17
  4. ^ 「SS-299, USS MANTA」p.16,29
  5. ^ 「SS-299, USS MANTA」p.30

参考文献[編集]

外部リンク[編集]