クラマゴア (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Clamagore;0834309.jpg
艦歴
発注:
起工: 1944年3月16日
進水: 1945年2月25日
就役: 1945年6月28日
退役: 1975年6月12日
除籍: 1975年6月27日
その後: サウスカロライナ州チャールストン1981年から公開
性能諸元
排水量: 1,526トン(水上)
2,424トン(水中)
全長: 311 ft 9 in (95.0 m)
全幅: 27 ft 3 in (8.3 m)
吃水: 16 ft 10 in (5.1 m)
機関: ゼネラル・モーターズ
Model 16 V16ディーゼルエンジン 4基
ゼネラル・エレクトリック発電機2基
最大速: 水上:20.25 ノット (37 km/h)
水中:8.75 ノット (16 km/h)
航続距離: 11,000カイリ(10ノット時)
(19 km/h 時に 20,000 km)
試験深度: 400ft (120m)
巡航期間: 潜航2ノット (4km/h) 時48時間、哨戒活動75日間
乗員: 士官6名、兵員60名
兵装: 5インチ砲1門、
21インチ魚雷発射管10門、
機銃4基

クラマゴア (USS Clamagore, SS-343) は、アメリカ海軍潜水艦バラオ級潜水艦の一隻。艦名は西インド諸島から大西洋岸沿いに生息する魚のクラマゴアに因んで命名された。

艦歴[編集]

クラマゴアは1944年3月16日にコネチカット州グロトンエレクトリック・ボート社で起工した。1945年2月25日にM・J・ジェーコブスによって命名、進水し、1945年6月28日に艦長S・C・ルーミス・ジュニア中佐の指揮下就役する。

クラマゴアは1945年9月5日に母港として指定されたフロリダ州キーウェストに到着した。就役後は様々な艦隊および艦隊ソナー学校での任務に従事し、しばしばキューバヴァージン諸島を訪問した。1947年12月5日にフィラデルフィア海軍造船所に入渠し、GUPPY II 改修が行われた。1948年8月6日にキーウェストに帰還、その後8年間を沿岸およびカリブ海での作戦活動に費やした。その間の1953年2月3日から4月16日までは地中海での配備に就いた。

クラマゴアは1957年初めにニューロンドンとニューポートを訪問し、3月13日にキーウェストに帰還した。9月23日から12月7日まで北大西洋でNATOの演習に参加し、イギリスポーツマスニューファンドランドアージェンティアを訪問した。1959年6月29日に新たな母港のチャールストンに到着、近海での作戦活動後、1960年4月5日に地中海で第6艦隊の配備に就く。7月まで地中海での任務に従事した後、チャールストンに帰還した。1960年の残りは東海岸沖での作戦活動に従事した。

1962年にクラマゴアはGUPPY III 改修が行われた。艦首部にコントロール・ルームが装着され船体は15フィート (4.6 m) 延長された。またプラスチック製のセイルと BQG-4 PUFFS パッシブ・ソナーが装備され、船体上部に3基のフィン状センサーが装着された。

クラマゴアの改修は1963年2月に終了し、母港はニューロンドンへ変更された。

クラマゴアは1975年6月12日に退役し、1975年6月27日に除籍された。その後1979年8月6日に博物館船として寄贈された。

クラマゴアは1981年4月にサウスカロライナ州チャールストンのペイトリオッツ・ポイント海軍海事博物館に到着し、博物艦船としてヨークタウン (USS Yorktown, CVS-10) 、ラフィー (USS Laffey, DD-724) 、インガム (USCGC Ingham, WHEC-35)と共にドック入りした。

クラマゴアは国立史跡登録番号 89001229 であり、1989年6月29日にはアメリカ合衆国国定歴史建造物に指定された。

外部リンク[編集]