第6艦隊 (アメリカ軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第6艦隊
US Sixth Fleet Logo high resolution version.jpg
創設 1946年
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
上級部隊  アメリカ海軍

第6艦隊(だい6かんたい、U.S. sixth Fleet)は、アメリカ海軍艦隊。2007年時点では約40隻の艦船を有し、主に地中海・大西洋の東半部を担当範囲としている。


概要[編集]

担当範囲(6F)

第6艦隊の任務は、アメリカ欧州軍の一部として、地中海地域および大西洋の東半分を警備し、必要な戦力を提供することにある。北大西洋条約機構(NATO)部隊としての任務も持つ。

第一次バーバリ戦争以来、アメリカ海軍は19世紀初頭より地中海に艦船を派遣してきた実績があった。現在の第6艦隊につながる部隊は、第二次世界大戦終了後の1946年ハリー・S・トルーマンソビエト連邦に対抗するために東地中海に「ミズーリ」を主力とする部隊を派遣したことが始まりである。これは、恒常的な艦船派遣に発展し、地中海海軍部隊(Naval Forces Mediterranean)と命名され、ナポリを基地とした。初期の旗艦には、軽巡洋艦デイトン(CL-105)」などが充てられた。1950年に組織改編により、第6艦隊となっている。冷戦期は地中海域が担当範囲であり、NATOの南側面の防衛任務を負っていた。また、艦載機を用いて、黒海方面からソ連本土を攻撃する構想も有していた。冷戦終了後に、大西洋の東半分も分担に組み入れられた。

中東北アフリカバルカン半島において幾度も実戦に投入されている。1958年に発生したレバノン内戦時には、海兵隊の支援を行っており、1984年には「ニュージャージー」がレバノン内戦に伴い、40cm主砲の艦砲射撃を行っている。1986年にはリビア爆撃に加わっている。1999年のコソボ紛争にも参加している。

戦力[編集]

2007年時点における旗艦は、「マウント・ホイットニー(LCC-20)」(母港はイタリアガエータ)。海軍中将が指揮を取り、その下に約40隻の艦船、175機の航空機、約21,000人の人員が置かれている。

所属任務艦隊(タスクフォース)[編集]

第6艦隊は、複数のタスクフォースによって構成されている。なお、恒常的な航空母艦の前方展開は行われていない。各タスクフォースは60番台の番号が付与されたCTF(CTF:Commander, Task Force)で呼ばれている。

CTF-60 (Battle Force)
主力戦闘戦隊であり、駆逐艦戦隊である。ガエータを母港とし、恒常的に地中海に展開している。必要に応じて、アメリカ合衆国本土から原子力空母が派遣され、その際は空母打撃群として編成される。
CTF-61(Amphibious Assault Force)
両用作戦部隊であり、複数の強襲揚陸艦で編成されている。
CTF-62(Landing Force)
アメリカ海兵隊の一個海兵隊遠征隊(MEU)で編成されている。第2海兵遠征軍(II MEF)から派遣され、CTF-61に搭乗している。
CTF-63(Logistics Force)
兵站補給部隊。
CTF-64(Strategic Missile Deterrence)
弾道ミサイル搭載原子力潜水艦で編成された部隊であり、核抑止を目的とする。
CTF-67(Land-Based Maritime Patrol Aircraft)
陸上基地の哨戒機部隊。
CTF-68(Maritime Force Protection Force)
警備部隊。陸上基地・部隊の警備を担当する。
CTF-66/69(Submarine Warfare)
複数の攻撃型原子力潜水艦で編成されている。

外部リンク[編集]