グァンタナモ米軍基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グァンタナモ湾の衛星写真
グァンタナモ湾の地図、枠内が基地区域
収容施設の一つ「キャンプ・デルタ・ワン」入口、2005年
グァンタナモの収監者には、少年兵も収容されており、アメリカ国内では、少年は釈放するよう要求するデモが発生している。(写真はカナダトロント、2008年)

グァンタナモ米軍基地(グァンタナモべいぐんきち、Guantanamo Bay Naval Base)は、キューバ東南部のグァンタナモ湾に位置するアメリカ海軍基地である。管理者はアメリカ南方軍。面積は116平方キロメートル。

1903年以来、アメリカ合衆国租借しており、2002年からはアフガニスタンイラクで拘束された人の収容所としても使用されている。そのため、グァンタナモ収容所とも呼ばれる。

概要[編集]

1898年米西戦争で米軍が占領し、米国の援助でスペインから独立したキューバ新政府は1903年2月23日、グァンタナモ基地の永久租借を認めた。主権はキューバにあり、米国は租借料として毎年金貨2,000枚(今日の価格で約4,000ドル)を支払ってきた。

キューバ革命によって成立したフィデル・カストロ政権は米国の基地租借を非合法と非難しており、租借料は1度受け取った以外は受け取りを拒否している。米国・キューバ双方が基地周辺を地雷原としていた(米国側は1996年に撤去)。周囲が地雷原で脱走が不可能な上、マスメディアにも実態が見えない海外基地、更にはキューバ国内でも米国内でもない、国内法でも国際法でもない軍法のみが適用される治外法権区域ということで、20世紀後半からキューバやハイチの難民を不法入国者として収容した。

バラク・オバマ大統領は、2008年の大統領選挙において、グアンタナモの収容施設を閉鎖すると公約した。しかし、共和党を中心とする議員の反対にあって頓挫している[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯19度54分8秒 西経75度5分56秒 / 北緯19.90222度 西経75.09889度 / 19.90222; -75.09889