メイポート海軍補給基地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯30度23分31秒 西経081度25分25秒 / 北緯30.39194度 西経81.42361度 / 30.39194; -81.42361

メイポート海軍補給基地
アドミラル・デヴィッド・L・マクドナルド・フィールド
IATA:NRB-ICAO:KNRB
概要
国・地域 アメリカ合衆国
設置場所 フロリダ州デュバル郡
ジャクソンビル
空港種別 軍用
運営者 アメリカ海軍
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
05/23 NO 2,439×61 舗装
リスト
空港の一覧

メイポート海軍補給基地 (Naval Station Mayport, IATA: NRB, ICAO: KNRB, FAA LID: NRB) は、フロリダ州デュバル郡ジャクソンビルに所在するアメリカ海軍の基地。基地には 8,001 x 200 フィート (2,439 x 61 m) の滑走路をもつアドミラル・デヴィッド・L・マクドナルド・フィールドが併設されている。

1942年12月の開設以来、メイポート海軍補給基地はアメリカ合衆国における3番目の規模の海軍基地となっている。メイポートは軍港と飛行場の組み合わせの点で特徴的であり、港湾地域は34隻の艦艇を入港させることができ、8,000フィートの滑走路は国防総省が管轄するあらゆる種類の航空機の離着陸が可能である。

メイポート海軍補給基地はまた2008年に再活性化した第4艦隊の司令部所在地でもある(第4艦隊は1950年代以来の再活動となる)。

基地は歴史的に大西洋艦隊に所属する通常動力航空母艦の母港としての役割を果たした。その中にはシャングリラ (USS Shangri-La, CV-38) 、フランクリン・D・ルーズベルト (USS Franklin D. Roosevelt, CV-42) 、フォレスタル (USS Forrestal, CV-59) 、サラトガ (USS Saratoga, CV-60) が含まれ、最近の物としてはジョン・F・ケネディ (USS John F. Kennedy, CV-67) が活動していたが、海軍は通常動力空母の運用を取りやめたため、現在メイポートを母港とする空母は存在しない。しかしながら、議会の上下両院は原子力空母を運用するためメイポートを浚渫して改修するための費用約7,500万USドルを認可する法案を可決した[1][2]

所属艦艇[編集]

フリゲート

巡洋艦

駆逐艦

所属航空団[編集]

Helicopter squadrons

参照[編集]

  1. ^ "Congress okays plan to upgrade Mayport", Jacksonville Transportation Examiner, October 23, 2009.
  2. ^ "Senate Passes Mayport Upgrade Bill: Bill To Go To President Barack Obama For Approval", www.News4Jax.com, October 22, 2009.

外部リンク[編集]