第5空母航空団 (アメリカ海軍)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第5空母航空団
CVW-5-Insignia.JPEG
創設 1943年2月15日
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
軍種  アメリカ海軍
タイプ 航空部隊
上級部隊 太平洋海軍航空部隊
基地 厚木航空基地
搭載航空母艦
ジョージ・ワシントン

第5空母航空団(だい5くうぼこうくうだん Carrier Air Wing Five,CVW-5)はアメリカ海軍空母航空団の一つ。地上基地は日本の神奈川県にある、アメリカ海軍厚木航空基地、搭載航空母艦は「ジョージ・ワシントン」。

空母航空団の中で唯一アメリカ合衆国本土以外に展開している。

概要[編集]

艦隊航空戦力として、空母打撃群の主兵力となっている。混成航空部隊であり、戦闘攻撃機電子戦機早期警戒機哨戒ヘリコプター、などで構成される。

部隊史[編集]

第二次世界大戦中の1943年2月15日に創設され、太平洋戦争で活躍した。戦後は朝鮮戦争ベトナム戦争に参加、1973年10月5日航空母艦「ミッドウェイ」の横須賀基地配備に伴い、本拠地を厚木航空基地に移し展開する。

1991年1月の湾岸戦争に参加、2001年10月のアフガニスタン空爆作戦時は特殊部隊支援の形で参加した[1]

搭載空母は「ミッドウェイ」、「インディペンデンス」、「キティホーク」と換わり続け、2008年より「ジョージ・ワシントン」になり現在に至る。

沿革[編集]

  • 1943年2月15日 - 創設。
  • 1973年10月5日 - 空母「ミッドウェイ」横須賀基地配備に伴い、厚木航空基地に展開。
  • 1980年 3月 - VAQ-136、配備[2]
  • 1986年
    • 4月 - VF-161、VF-151、VA-93、VA-56、帰国[3]
    • 10月 - VFA-151、VFA-192、VFA-195、VA-185、配備[4]
  • 1991年
    • 8月 - VFA-151、VA-185、帰国。
    • 9月 - 搭載空母「インディペンデンス」に替わる。
    • 9月 - VF-154、VF-21、VS-21、配備。
  • 1995年12月 - VF-21、帰国。[5]
  • 1996年6月 - VA-115、帰国。VFA-27、配備。
  • 1998年8月 - 搭載空母「キティホーク」に替わる。
  • 2003年
    • 9月 - VF-154、帰国。
    • 11月 - VFA-102、配備。
  • 2004年11月 - VS-21、帰国。
  • 2008年8月 - 搭載空母「ジョージ・ワシントン」に替わる。
  • 2009年12月 - VFA-192、帰国。VFA-115、配備。
  • 2012年
    • 2月 - VAQ-136、帰国。
    • 3月 - VAQ-141、配備。

主要部隊[編集]

飛行隊名 通称名 使用機種
第102戦闘攻撃飛行隊 (VFA-102) 『ダイアモンドバックス Diamondbacks F/A-18F
第27戦闘攻撃飛行隊 (VFA-27) 『ロイヤル メイス Royal Maces F/A-18E
第115戦闘攻撃飛行隊 (VFA-115) 『イーグルス Eagles[6]
第195戦闘攻撃飛行隊 (VFA-195) 『ダムバスターズ Dambusters
第141電子攻撃飛行隊 (VAQ-141) 『シャドーホークス Shadowhawks EA-18G
第115早期警戒飛行隊 (VAW-115) 『リバティ ベルズ Liberty Bells E-2C
第77海上攻撃ヘリコプター飛行隊 (HSM-77) 『セイバーホークスSaberhawks MH-60R
第12海上戦闘ヘリコプター飛行隊 (HSC-12) 『ゴールデン ファルコンズ Golden Falcons MH-60S
第30艦隊後方支援飛行隊・第5分遣隊 (VRC-30・Det.5) 『プロバイダーズ Providers C-2A

第7艦隊傘下で、厚木航空基地所属の第51軽対潜ヘリコプター飛行隊 (HSL-51)『ウォーローズWarlords』はSH-60B を分遣隊(Det)単位で空母へ派遣している。

2013年、MH-60Rを受領したHSL-51は第51海上攻撃ヘリコプター飛行隊(HSM-51)へと改名している。

過去に所属していた部隊[編集]

飛行隊名 通称名 使用機種 在籍期間
第161戦闘飛行隊 (VF-161) 『チャージャース Chargers F-4 1973年~1986年
第93攻撃飛行隊 (VA-93) 『ブルーブレイザーズ Blue Blazers
(1976年、レイヴンズ Ravens に改名)』
A-7 1973年~1986年
第56攻撃飛行隊 (VA-56) 『チャンピオンズ Champions 1973年~1986年
第151戦闘攻撃飛行隊 (VFA-151) 『ヴィジランティーズ Vigilantes F-4F/A-18 1973年~1991年
第185攻撃飛行隊 (VA-185) 『ナイトホークス Nighthawks A-6 1986年~1991年
第21戦闘飛行隊 (VF-21) 『フリーランサーズ Freelancers F-14 1991年~1996年
第154戦闘飛行隊 (VF-154(現:VFA-154)) 『ブラックナイツ Black Knights 1991年~2003年
第21海上制圧飛行隊 (VS-21) 『ファイティング レッドテイルズ Fighting Redtails S-3 1991年~2004年
第192戦闘攻撃飛行隊 (VFA-192) 『ゴールデン ドラゴンズ Golden Dragons F/A-18 1986年~2009年
第63写真偵察飛行隊・第3分遣隊(VFP-63 Det.3 『アイズ オブ ザ フリート Eyes of the Fleet RF-8G 1973年~1974年
第136電子攻撃飛行隊 (VAQ-136) 『ガントレッツ Gauntlets EA-6B 1980年~2012年
第1支援ヘリコプター飛行隊・第2分遣隊(HC-1・Det.2) 『パシフィック フリート エンジェルズ Pacific Fleet Angels SH-3G 1973年~1984年
第12対潜ヘリコプター飛行隊 (HS-12) 『ワイヴァーンズ Wyverns SH-3H 1984年~1994年
第14対潜ヘリコプター飛行隊 (HS-14) 『チャージャース Chargers SH-60FHH-60H 1994年~2013年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ この作戦では、CVW-5は3分の1に満たない数の艦載機でパキスタン沖の北アラビア海に、アメリカ陸軍特殊部隊支援の陸軍特殊作戦ヘリコプターを搭載した「キティホーク」と共に展開。なおこの作戦の詳細は一切公表されていない。
  2. ^ VAQ-136が配備される前の電子戦機は、アメリカ海兵隊岩国航空基地に配備されていたEA-6の部隊を分遣隊として「ミッドウェイ」航海の度に派遣していた。
  3. ^ VF-161は機種転換し、F/A-18装備のVFA-161として厚木へ再配備される予定だったが解散した。
  4. ^ VF-151は機種転換し、F/A-18装備のVFA-151として厚木へ再配備。
  5. ^ 機体の一部はVF-154へ譲渡し、帰国後の1996年1月12日に正式に解隊された。
  6. ^ 過去には1973年から1996年までA-6攻撃機を運用する第115攻撃飛行隊(VA-115)としてCVW-5に所属しており、1978年3月までは『アラブスArabs』という飛行隊名称だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]