第1海兵航空団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第1海兵航空団
USMC - 1MAW.png
創設 1941年7月7日
所属政体 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所属組織 USMC logo.svgアメリカ海兵隊
部隊編制単位 海兵航空団
兵種/任務/特性 航空戦用艦隊直属海兵隊
人員 約6,400名
所在地 沖縄県 キャンプ瑞慶覧(司令部)
上級単位 第3海兵遠征軍
主な戦歴 第二次世界大戦
* ガダルカナルの戦い
* フィリピンの戦い (1944-1945年)
朝鮮戦争
ベトナム戦争
テンプレートを表示

第1海兵航空団(だい1かいへいこうくうだん、: 1st Marine Aircraft Wing, 1st MAW)は、アメリカ海兵隊航空団の一つ。第3海兵遠征軍所属。司令部は沖縄県キャンプ瑞慶覧内、バトラー地区にある在沖海兵隊基地司令部と同じ建物内にある。現在の兵員数は海兵隊員と海軍兵合わせて約6,400人。海外に司令部のある唯一の海兵航空団である。

歴史[編集]

創設は1941年7月7日。 第二次世界大戦ではニューギニアをはじめいくつかの戦闘に参加した。 ベトナム戦争にも参加し、多くの作戦に従事した。ちなみに、ベトナム戦争末期のフリークエント・ウィンド作戦時、サイゴンにあった旧アメリカ大使館から最後に飛び立ったヘリは、同航空団所属のヘリであった。

部隊編成[編集]

配属基地[編集]

  • 普天間基地・・・主にヘリコプターおよび輸送機が配備されている。
  • 岩国基地・・・主に戦闘攻撃機が配備されている。

主要装備[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]