イオー・ジマ (LHD-7)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Iwo Jima, LHD-7
艦歴
発注 1995年2月28日
起工 1997年12月12日
進水 2001年3月25日
就役 2001年6月30日
母港 バージニア州ノーフォーク
性能諸元
排水量 40,530 トン
全長 844 フィート (257 m)
全幅 110 フィート (34 m)
吃水 30 フィート (9.1 m)
機関 ウェスティングハウス蒸気タービン
二機二軸
最大速力 22 ノット(41 km/h)
航続距離 9,500海里(18ノット時)
乗員 士官73名、兵員1,009名
兵装 Mk.29 シースパロー8連装ミサイル発射機 2基
Mk.49 RAM21連装ミサイル発射機 2基
Mk.15 20mmファランクスCIWS 2基
M2 12.7mm単装機銃 4丁
Mk.38 25mm単装機関砲 3基
艦載機 ヘリコプター 30機
AV-8B ハリアー II 6-8機
モットー Uncommon Valor

イオー・ジマ(USS Iwo Jima, LHD-7)は、アメリカ海軍強襲揚陸艦ワスプ級強襲揚陸艦の7番艦。2005年2月から第2艦隊旗艦を務める。艦名は第二次世界大戦激戦地であった硫黄島に因んで名付けられた。

艦歴[編集]

イオー・ジマは1996年9月3日リットン・インガルス造船所で造船準備が始まり、1997年12月12日に起工される。2000年2月4日に進水し、ミシシッピ州パスカグーラ海兵隊の元司令官チャールズ・C・クルーラク将軍の妻ザンドラ・クルーラク夫人によって2000年3月25日に命名された。乗組員は2001年4月に乗船し、2001年6月23日に、2,000名の第二次世界大戦の退役軍人を乗せ処女航海に出発する。その多くは硫黄島の戦いの生存者であった。一週間後の6月30日にフロリダ州ペンサコラで就役した。

2006年7月のイスラエルのレバノン侵攻に際して、アメリカ人の避難任務に当たっている。

なお、同名の強襲揚陸艦として、イオー・ジマ(USS Iwo Jima, LPH-2 イオー・ジマ級1番艦 1961年就役 1993年退役)があった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]