ハリケーン・アイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリケーン・アイク
カテゴリー4の ハリケーン  (SSHS)
最盛期のハリケーン・アイク
最盛期のハリケーン・アイク
発生期間: 2008年9月2日9月14日
最大風速:
(1分間平均)
230 km/h (145 mph)
最低気圧: 935 hPa
被害総額: 270億ドル
死者数: 直接の死者101名、間接の死者7名
被害地域: タークス・カイコス諸島バハマイスパニョーラ島キューバフロリダ州ルイジアナ州テキサス州ミシシッピ州

ハリケーン・アイク (Hurricane Ike) は、2008年9月にアフリカ西海岸で発生した大型ハリケーンである。2008年の大西洋のハリケーン・シーズンにおいて9番目のトロピカル・ストームで、ハリケーンとしては5番目、大型ハリケーンとしては3番目。

概要[編集]

2008年9月2日、アフリカ西海岸でトロピカル・デプレッションが発生した。(なお、この海域で発生するハリケーンはカーボベルデ・ハリケーンと呼ばれ、過去に多くのハリケーンがカテゴリ4以上の強度に発達している)。その日のうちにトロピカル・ストームとなった。9月4日にハリケーンとなった後、急速に発達し、カテゴリー4となった。その後、いったんカテゴリー2まで弱まったが、再度カテゴリー4となった。

9月7日にカテゴリー4の強さでキューバ東部に上陸した。その後、9月8日キューバ西部に再上陸した。当初は、フロリダ州へ上陸する予想だった。しかし、予想より南西方向へ進み、フロリダ州へは向かわずにキューバを直撃する結果となった。

2回のキューバ上陸により、カテゴリー1まで勢力を落としたが、メキシコ湾に出てから再発達を開始した。2005年のハリケーン・カトリーナなどのような猛発達はなく、強風域の拡大の方が顕著だった。しかし、勢力の方も徐々に増し、カテゴリー3に近いカテゴリー2となった。

9月13日にカテゴリー2の強さでテキサス州ガルベストンに上陸した。上陸時の勢力は950hPa、95ktだった。カテゴリー2であったにもかかわらず他のハリケーンと比べて強風域が広かったため、アイクは広い範囲に影響を及ぼした。

テキサス州へ接近するハリケーン・アイク

9月14日にはアメリカ中西部へと進み、インディアナ州オハイオ州に強風をもたらした。

影響[編集]

ハリケーン・アイクの進路

その他[編集]

  • 国際名Ikeは、この年限りで引退となった。代わりにIsaiasという国際名に変更となった。なお、国際名Ikeは、2002年に引退となった国際名Isidoreに代わって使用されたばかりであったが、ハリケーンの名前としては一代限りの使用となった。(Ikeは、台風の名前としても、1981年と1984年の2回使用された。しかし、1984年で引退となり、Ianという国際名に変更となっている)

参考[編集]

  1. ^ http://www.chron.com/disp/story.mpl/hotstories/6056725.html
  2. ^ http://www.chron.com/disp/story.mpl/editorial/6306239.html
  3. ^ ブッシュ大統領の視察など画像
  4. ^ http://www.centerpointenergy.com/staticfiles/ike/ike.html[リンク切れ]
  5. ^ http://www25.tok2.com/home/shimada/clearlake/projects/Ike/Ike.htm
  6. ^ Citizen紙Clear Lake版2009年1月22日
  7. ^ テキサンズ本拠にハリケーン被害、レイブンズ戦は延期”. NFL JAPAN (2008年9月14日). 2011年2月28日閲覧。
  8. ^ https://www.firstenergycorp.com/corporate/FirstEnergy_in_the_News/index.html
  9. ^ Cuba, hurricanes and Washington's hypocrisy Znet 2008年10月22日
  10. ^ Ensco 74 rig and SKS Satilla 2009年12月26日閲覧

外部リンク[編集]