ハリケーン・スタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリケーン・スタン
カテゴリー1の ハリケーン  (SSHS)
2005年10月4日のスタン
2005年10月4日のスタン
発生期間: 2005年10月1日10月5日
最大風速:
(1分間平均)
36 m/s (130 km/h)
最低気圧: 979 hPa
被害総額:
死者数: 直接の死者80~100名 間接的に1053~2500名
被害地域: グアテマラエルサルバドルメキシコニカラグアホンジュラスコスタリカ

ハリケーン・スタン(Hurricane Stan)は2005年北大西洋で発生した18番目の名前の付けられた熱帯低気圧で、10番目のハリケーンである。ハリケーンの規模を示すカテゴリーは1。スタンは2005年10月2日朝にユカタン半島に上陸して夜までにメキシコ湾に抜け、4日朝(UTC 9:00)にメキシコ南部ベラクルス州に迫った所でハリケーンとなった。ベラクルスに上陸後は勢力を弱め4日夕方(UTC 21:00)には熱帯低気圧となった。

スタンの影響で起きた土砂崩れや洪水などでグアテマラエルサルバドルコスタリカホンジュラスニカラグアメキシコ南部で犠牲者、行方不明者合わせて千人以上が報告されている。ハイチベリーズも影響を受けた。

国際名Stanは、この年限りで引退となった。代わりにSeanという国際名に変更となった。

グアテマラ[編集]

最も多くの犠牲者を出したグアテマラでは900個所で土砂崩れが起こった。4日メキシコの国境に近いサンマルコス県にあるタカナ(Tacaná)で土砂崩れが起きた。5日朝にはアティトラン湖に近いソロラ県パナハチェルにあるマヤインディアンが住む村、パナバ(Panabaj)で火山の斜面を下って来た土砂などで村全体が埋めつくされた。この2つの地域は大きな被害を受けた。行方不明者の捜索は衛生上、安全上の理由から11日に打ち切られた。

ベルシェ大統領は農業に13500万ドル相当の被害が発生したと発表した。

関連項目[編集]