ハリケーン・サンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリケーン・サンディ
カテゴリー2の ハリケーン  (SSHS)
最盛期に達したサンディ(2012年10月25日)
最盛期に達したサンディ(2012年10月25日)
発生期間: 2012年10月22日[1] - 10月31日[2](29日以降は温帯低気圧
最大風速:
(1分間平均)
48.6 m/s (110 mph、175 km/h)
最低気圧: 940 hPambar); 27.76 inHg
被害総額: 50億ドル超(2012年米ドル換算)
死者数: 死者170超
被害地域: 大アンティル諸島バハマアメリカ合衆国東部の大部分(特に中部大西洋諸州の沿岸部とニューイングランド)、バミューダ諸島カナダ東部

ハリケーン・サンディ(Hurricane Sandy)は、2012年に発生したハリケーンのうちの一つである。2013年、アメリカ合衆国の国立ハリケーンセンターはハリケーン名のリストから「引退」した事を発表した[3]

経過[編集]

2012年10月にハリケーンから温帯低気圧に変わり東部に上陸。ニューヨークでは広範囲で浸水に見舞われ、それに伴い停電も多発し[3]ニューヨーク証券取引所は10月29日と30日の2日間休場に追い込まれた。 また、ニューヨーク州のほかにもニュージャージー州でも安全のため原子力発電所が稼働停止した。

2013年11月に発表された非営利団体「飢えと闘うニューヨーク市連合英語版」の報告書では、ニューヨークにおいて20%を超える子どもたちが十分に食べるものもなく暮らしているとされ、その原因として、サンディによって多くの人びとがホームレス生活を強いられているためとしている[4]

その他

この災害に乗じて、ハリケーン・サンディのものとする写真がFacebookを通じて広まったが、この写真は2004年に撮影されたものを加工したものであることが判明した[5]

11月4日に開催予定だったニューヨーク・シティ・マラソンは災害からの復旧を最優先としたことから、中止が決定されている。

このハリケーンの影響で、ハイチに派遣されていた自衛隊の撤収作業に影響が出たため、日本政府はハイチへの自衛隊の滞在期限を、当初の2013年1月末から2013年3月まで延長した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
出典
  1. ^ Tropical Depression Eighteen Discussion Number 1National Hurricane Center 2012年10月22日発表, 英語, 2012年11月1日閲覧.
  2. ^ Remnants of Sandy Advisory Number 36Hydrometeorological Prediction Center 2012年10月31日発表, 英語, 2012年11月1日閲覧.
  3. ^ a b サンディ・ハリケーン名リストから引退-NOAA” (2013年4月23日). 2013年9月23日閲覧。
  4. ^ “NYの子ども、5人に1人は十分な食事とれず NPO報告”. AFPBB News. (2013年11月27日). http://www.afpbb.com/articles/-/3004031 2013年11月28日閲覧。 
  5. ^ Electron Libre (2012年10月31日). “USA: Hurricane Sandy spawns fake photos”. France24. 2012年10月31日閲覧。
  6. ^ “「武器」扱いの重機、譲渡へ=ハイチに、三原則緩和後初-政府”. 時事通信. (2012年12月19日). オリジナル2013年4月26日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/AIEPQ 

外部リンク[編集]