ハリケーン・ギルバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリケーン・ギルバート
カテゴリー5の ハリケーン  (SSHS)
ハリケーン・ギルバート
ハリケーン・ギルバート
発生期間: 1988年9月8日9月19日
最大風速:
(1分間平均)
82 m/s (295 km/h)
最低気圧: 888 hPa
被害総額: 55億米ドル(1988年当時)
死者数: 死者341名
被害地域: ウィンドワード諸島ベネズエラドミニカ共和国ハイチジャマイカ中央アメリカユカタン半島メキシコ北部、テキサス州アメリカ合衆国中西部

ハリケーン・ギルバート: Hurricane Gilbert) は1988年大西洋で発生し、西インド諸島を中心に甚大な被害をもたらしたハリケーンである。勢力はサファ・シンプソン・ハリケーン・スケール(SSHS)でカテゴリー5に達し、ピーク時には中心気圧が888hPaを記録した。これは、大西洋で発生したハリケーンとしては、観測史上ウィルマに次ぐ2番目の記録であり、20世紀では最も低い記録である。

ギルバートによって341名が死亡し、被害は55億米ドル(1988年当時)にのぼった。

ハリケーン・ギルバートは1988年9月8日にカリブ海東部で発生した。その後、西進して西インド諸島諸国を襲い、ユカタン半島に上陸した。その後、メキシコ湾を通り再度上陸。テキサス州及びアメリカの諸州を通過し、9月19日に消滅した。

経過[編集]

ギルバートの経路

1988年9月3日、アフリカ大陸沿岸から熱帯低気圧の原因ともなる大気の擾乱現象である熱帯波動が発生した。その後西に移動し、発達していった。

9日にはウィンドワード諸島の近く、バルバドスの東400マイル(640km)付近で、当期12番目の弱い熱帯低気圧になった。急速に発達し、小アンティル諸島を通過している間に熱帯低気圧となり、ギルバートと命名された。当期で7番目に名前が与えられた熱帯低気圧である[1]

ジャマイカに接近するギルバート
再度上陸するギルバート

成長を抑える要因がなかったため、ギルバートは急速に発達し、10日にはハリケーンに成長した。11日にはSSHSでカテゴリー3の強さになり、メジャー・ハリケーンに分類された[2]。それは北からの強い高気圧に影響され、西北西に移動していき、ジャマイカに上陸した。ギルバートのがジャマイカを通過した際、SSHSでカテゴリー3、中心気圧960hPa、風速125mph(205km/h)の強さを保持していた[1]

ギルバートはジャマイカの沿岸を通過した後、急速に勢力を強め、ケイマン諸島付近を通過した。13日には、グランドケイマンの調査局で最大瞬間風速156mph(252km/h)を記録した。

ギルバートは24時間で72hPaも中心気圧を下げ、ピーク時には888hPaという驚異的な中心気圧を記録した[1]。これは、2005年にハリケーン・ウィルマが882hPaを記録するまで、大西洋で発生したハリケーンとしては、最も低い記録であった。

ギルバートは、メキシココスメル島 (Cozumelに再度上陸。14日にはカテゴリー5の強さでユカタン半島に上陸した[1][3]。大西洋で発生したハリケーンが、カテゴリー5の勢力のまま上陸したのは1979年イスパニョーラ島に上陸したハリケーン・デイビッド (Hurricane David以来であった。コスメル島に上陸した際の中心気圧は900hPaだったとされている[3]。ギルバートは、ユカタン半島を縦断し、カテゴリー2のハリケーンとしてメキシコ湾に抜ける[2]。その後、一時は勢力を弱めるも、再び急速に勢力を強め、16日にカテゴリー3の強さでメキシコのタマウリパス州に上陸した。

17日、ギルバートはヌエボ・レオン州モンテレイ付近を通過し、北に大きく進路を変えた。そして、18日、アメリカテキサス州に29もの竜巻を発生させた。その後オクラホマ州を通過し、19日にミズーリ州を越えたあたりで、低気圧に取り込まれる形で消滅した[1]

被害[編集]

各国の死者
国名 死者数
メキシコ 225 [4]
ジャマイカ 045 [3]
ハイチ 030 [3]
グアテマラ 012 [3]
ホンジュラス 012 [3]
ドミニカ共和国 005 [3]
ベネズエラ 005 [3]
アメリカ合衆国 003 [3]
コスタリカ 002 [3]
ニカラグア 002 [3]
総計 341

ギルバートは、メキシコを中心に341名の死者を出した。正確な被害額は不明だが、被害地域全体で約55億米ドル(1988年)の被害が出たと見られている。

ベネズエラ[編集]

北部で発生した鉄砲水などにより、ベネズエラでは5人が死亡した [5]

ジャマイカ[編集]

ジャマイカでは、およそ45名が犠牲となった[6]。山岳地帯では、27インチ(700mm)もの雨が降り、内陸部に鉄砲水を引き起こした[7]。ギルバートは、1951年のハリケーン・チャーリー (Hurricane Charlie以来、ジャマイカに最も深刻な被害をもたらしたハリケーンとなった[8]。被害は40億米ドル(1988年)にのぼった。また、作物や住居、道路などのインフラも壊滅的被害を受けた[8]

ケイマン諸島[編集]

ケイマン諸島では、13日にギルバートが南を通過する際、最大瞬間風速157mph(251km/h)を記録したが、大きな被害は免れた。それでも、作物や、木、牧草などが甚大な被害を受け、多くのプライベート・ホームが壊滅的なダメージを受けた[9]

メキシコ[編集]

ギルバートがユカタン半島を直撃し、通過した際、3万5千人が家を失い、83の船舶が沈み、6万棟の家屋が破壊された。被害額は10~20億米ドル(1989年)と推測される[10]。その上、カンクン地域では観光への影響が現れ、10月から12月頃までで、その損害は8千7百万米ドル(1989年)にのぼると言われる[11]ユカタン州プログレソでは13.78インチ(350mm)もの雨が観測された[12]

メキシコ北東部では、モンテレイ周辺で激しい洪水が起き、5台のバスが転覆し、100人以上が死亡した[10]。北東部では、タマウリパス州の内陸地域で10インチ(254mm)以上の雨が記録された[12]

アメリカ合衆国[編集]

テキサス州では直撃による影響が心配されていたが、比較的小さい被害に抑えられた。それでも、高潮や砂浜の侵食、竜巻の発生などで被害が生じた[13]

オクラホマ州ではウィチタマウンテンズ野生動物保護区 (Wichita Mountain Wildlife Refugeで8.6インチ(218mm)の降雨が観測された。テキサス州や、オクラホマ州から離れた地域でも7インチ(178mm)の降雨が記録された。ミシガン州中部では3インチ(76mm)程の雨が観測された[12]

記録[編集]

20世紀最大規模のハリケーン[編集]

上記の通り、ギルバートの最低気圧は888hPaであり、ユカタン半島に上陸した際の最大瞬間風速は95m/s、ジャマイカ全土の80%にあたる家屋が全壊、半壊、損傷の被害にあったという記録が残っている。熱帯低気圧に変わった後のメキシコ再上陸時にも平均風速は50m/sで、多大の被害を与えたことから、ギルバートは20世紀最大規模のハリケーンと言われている。

名称の引退[編集]

このハリケーンは、各地に甚大な被害をもたらしたため、翌1989年の春にギルバートという名称は引退となった。そのため、大西洋で発生したハリケーンには二度とギルバートという名前は使用されない。1994年からは、代わりにゴードン(Gordon) が使用されるようになった。

中心気圧の歴代記録[編集]

ギルバートの最低中心気圧は1935年レイバー・デイ・ハリケーンの892hPaを下回り、大西洋で発生したハリケーンの中で史上最低記録となった。その後17年間、ギルバートの最低中心気圧を下回るハリケーンはなかった。2005年11月、ハリケーン・ウィルマはギルバートの最低中心気圧を6hPa下回る、最低中心気圧882hPaを記録した。

観測史上最も強烈な大西洋ハリケーン上位10例
ここでのハリケーンの強烈さは中心気圧のみを基準とする。出典:NOAA
最低中心気圧 アメリカ合衆国上陸時中心気圧

ハリケーン 気圧
(mb/hPa)

ハリケーン 気圧
(mb/hPa)
1 ウィルマ (Wilma) 2005 882 1 レイバー・デイ (Labor Day) 1935 892
2 ギルバート (Gilbert) 1988 888 2 カミール (Camille) 1969 909
3 レイバー・デイ (Labor Day) 1935 892 3 カトリーナ (Katrina) 2005 920
4 リタ (Rita) 2005 895 4 アンドリュー (Andrew) 1992 922
5 アレン (Allen) 1980 899 5 インディアノラ (Indianola) 1886 925
6 カトリーナ (Katrina) 2005 902 6 フロリダ・キーズ (Florida Keys) 1919 927
7 カミール (Camille) 1969 905 7 オキーチョビー (Okeechobee) 1928 929
7 ミッチ (Mitch) 1998 905 8 ドナ (Donna) 1960 930
9 ディーン (Dean) 2007 906 9 ルイジアナ (Louisiana) 1915 931
10 アイバン (Ivan) 2004 910 9 カーラ (Carla) 1961 931
データの出所:The Weather Channel データの出所:U.S. National Hurricane Center

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e NHC TCR page 1
  2. ^ a b NHC TCR page 9
  3. ^ a b c d e f g h i j k NHC TCR page 2
  4. ^ Reseña del Impacto de los Principales Desastres.”. 2007年2月11日閲覧。
  5. ^ National Weather Service (1988年). “1988 Monthly Weather Review”. 2006年7月21日閲覧。
  6. ^ Annual Summaries: Atlantic Hurricane Season of 1988 Monthly Weather Review, Vol. 117, p. 2248
  7. ^ Preliminary Report: Hurricane Erin 31 July - 6 August 1995
  8. ^ a b The Hurricane and its Effects: Hurricane Gilbert - Jamaica undated
  9. ^ Hurricanecity. “Grand Cayman's history with tropical systems”. Hurricanecity. 2006年9月29日閲覧。
  10. ^ a b E. Jáuregui. “Climatology of landfalling hurricanes and tropical storms in Mexico”. Centro de Ciencias de la Atmósfera, Universidad Nacional Autónoma de México June 11, 2003. 2006年10月1日閲覧。
  11. ^ Benigono Aguirre. “CANCUN UNDER GILBERT: PRELIMENARY OBSERVATIONS”. International Journal of Mass Emergencies and Disasters March 1989, Vol. 7, No.1, pp. 69-82. 2006年10月1日閲覧。
  12. ^ a b c David Roth (2006年). “Rainfall data for Hurricane Gilbert”. 2006年10月16日閲覧。
  13. ^ Then & Now: The tornadoes of 1988 July 31, 2005

外部リンク[編集]