バール (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バール
bar
記号 bar, b
度量衡 メートル法
SI併用単位(非推奨)
圧力
SI 100 000 Pa
定義 1 Mdynの力が1 cm2の面積に作用する時の圧力
テンプレートを表示

バール: bar)は、メートル法圧力単位の1つである。105 Pa に等しい。単位記号は bar

その名は、ギリシャ語重さを意味する báros に由来する。同じ語源の単位にCGS単位系の圧力の単位バリ (barye) があり、かつてはそれをバールと呼ぶこともあった[1]

1/1000 bar であるミリバール (mbar) がかつて気象分野でよく使われた。ミリバールの単位記号は mb とすることもあったが、バール単独、あるいは他の派生単位中のバールを b とすることはあまりなかった。なお b は本来は、バリ (barye) の記号である。

定義と大きさ[編集]

1バールは、106ダイン (dyn)(1メガダイン)の力が 1平方センチメートル(cm2) の面積に作用する時の圧力と定義されている。

これはCGS単位で表すと 1 b = 106 dyn/cm2MKS単位 (SI) で表すと 1 b = 105Pa = 105 N/m2 である。

1バールは 1 atm(1気圧)に値が近く、厳密に 1atm = 1.01325 bar = 1013.25 mbar である。1.325%の差があるが、気圧計の測定精度を考えると、実用上は同じとみなせる。

1気圧にほぼ等しい単位として定められたため、CGS単位系でもMKS単位系でも基本単位だけから組み立てることはできず、10のの係数が付く。

歴史[編集]

1911年、気象学者V・ビヤークネスが提唱し、1914年から気象通報に使われ始めた[1]

日本では古くは水銀柱ミリメートル (mmHg) が使われていたが、1945年からミリバール (mbar) に切り替わった。

日本では計量法の規定により1992年12月から国際単位系 (SI) に切り替わる必要が出たため、ヘクトパスカル (hPa) に切り替わった。1 bar = 105 Pa なので、1 mbar = 10−3 bar = 10−3 × 105 Pa = 102 Pa = 1 hPa となり、ヘクトパスカルはミリバールに等しい。そのため、ミリバールからヘクトパスカルへの移行は、単位の置き換えだけでよく数値はそのまま使える。

派生単位[編集]

倍量単位としてはメガバール Mbar、キロバール kbar が、分量単位としてはミリバール mbarがよく使われた。

絶対圧であることを明示した bara、ゲージ圧であることを明示した barg も使われた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『丸善単位の辞典』 二村隆夫監修、丸善2002年ISBN 4-621-04989-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


圧力の単位
パスカルSI単位) バール 工学気圧 気圧 トル psi
1 Pa ≡ 1 N/m² = 10-5 bar ≈ 10.2×10-6 at ≈ 9.87×10-6 atm ≈ 7.5×10-3 Torr ≈ 145×10-6 psi
1 bar = 100 000 Pa ≡ 106 dyn/cm² ≈ 1.02 at ≈ 0.987 atm ≈ 750 Torr ≈ 14.504 psi
1 at = 98 066.5 Pa = 0.980665 bar ≡ 1 kgf/cm² ≈ 0.968 atm ≈ 736 Torr ≈ 14.223 psi
1 atm = 101325 Pa = 1.01325 bar ≈ 1.033 at p0 = 760 Torr ≈ 14.696 psi
1 Torr ≈ 133.322 Pa ≈ 1.333×10-3 bar ≈ 1.360×10-3 at ≈ 1.316×10-3 atm ≡ 1 mmHg ≈ 19.337×10-3 psi
1 psi ≈ 6894.757 Pa ≈ 68.948×10-3 bar ≈ 70.307×10-3 at ≈ 68.046×10-3 atm ≈ 51.7149 Torr ≡ 1 lbf/in²