ヘクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヘクト(hecto, 記号:h)は国際単位系(SI)における接頭辞の一つで、基礎となる単位の102(=100)倍の量であることを示す。

1795年の当初のメートル法で定められた6つの接頭辞の一つである。ヘクトは、ギリシャ語で「百」を意味するἑκατόν(hecatón)に由来する。当時は、倍量の接頭辞はギリシャ語から、分量の接頭辞はラテン語から作成することとしていた。そこで、ギリシャ語の単語をフランス語風に変更して作られたのがヘクト(hecto)である。1960年の第11回国際度量衡総会(CGPM)でSIが制定される際に正式に承認された。

倍量の接頭辞の記号のほとんどは大文字であるが、ヘクトは小文字である。これは、倍量には大文字を使うという決まりができる前にすでにヘクトが定められており、すでに小文字で定着していたためである。大文字のHは、インダクタンスの単位のヘンリーであるため、混同を避けるためにもヘクトの記号は、原則として大文字を使用してはならない。

今日では、科学的な用途ではヘクトはほとんど用いられない。科学的な用途では、指数が3の倍数であるものの使用が好まれ、例えば2ヘクトメートルではなく200メートルまたは0.2キロメートルと書かれる。例外は圧力の単位ヘクトパスカル(hPa)と面積の単位ヘクタール(ha)である。前者はCGS単位系バールをSI準拠のパスカルに置き替える際、それまでのミリバール(mbar、mb)と値を同じにするために導入されたものである。後者は、耕地などの面積を示すのにヘクタール(ha)(=100アール(a))が慣用的に用いられ定着していたため、そのまま導入されたものである。

SI接頭辞
10n 接頭辞 記号 漢数字表記(命数法) 十進数表記 語源
1024 ヨタyotta Y 𥝱 1 000 000 000 000 000 000 000 000 イタリア語「8」
1021 ゼタzetta Z 1 000 000 000 000 000 000 000 イタリア語「7」
1018 エクサexa E 1 000 000 000 000 000 000 ギリシャ語「6」
1015 ペタpeta P 1 000 000 000 000 000 ギリシャ語「5」
1012 テラtera T 1 000 000 000 000 ギリシャ語「怪物」
109 ギガgiga G 1 000 000 000 ギリシャ語「巨人」
106 メガmega M 1 000 000 ギリシャ語「大きい」
103 キロkilo k 1 000 ギリシャ語「1000」
102 ヘクトhecto h 100 ギリシャ語「100」
101 デカdecadeka da 10 ギリシャ語「10」
100 N/A N/A 1 N/A
10−1 デシdeci d 十分の一 / 一 0.1 ラテン語「0.1(10)」
10−2 センチcenti c 百分の一 / 一 0.01 ラテン語「100」
10−3 ミリmilli m 千分の一 / 一 0.001 ラテン語「1000」
10−6 マイクロmicro µ 百万分の一 / 一 0.000 001 ギリシャ語「小さい」
10−9 ナノnano n 十億分の一 / 一 0.000 000 001 ギリシャ語「小人」
10−12 ピコpico p 一兆分の一 / 一 0.000 000 000 001 イタリア語「小さい」
10−15 フェムトfemto f 千兆分の一 / 一須臾 0.000 000 000 000 001 デンマーク語・ノルウェー語「15」
10−18 アトatto a 百京分の一 / 一刹那 0.000 000 000 000 000 001 デンマーク語・ノルウェー語「18」
10−21 ゼプトzepto z 十垓分の一 / 一清浄 0.000 000 000 000 000 000 001 ギリシャ語「7」
10−24 ヨクトyocto y 𥝱分の一 / 一涅槃寂静 0.000 000 000 000 000 000 000 001 ギリシャ語「8」

関連項目[編集]

  • ヘカトンケイル - 100の手という意味。50頭100手の巨人の姿をしているとされる。
  • ヘクタン - 炭素数100の直鎖状のアルカン。ヘクト (hecto) の語尾がアルカンを意味する (ane) に変わっている。