国際度量衡総会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際度量衡総会(こくさいどりょうこうそうかい)とは、メートル条約に基づき、世界で通用する単位系国際単位系)を維持するために、加盟国参加によって開催される総会議を指す。この会議は他の2つの機関(国際度量衡委員会(CIPM)及び国際度量衡局(BIPM))の上位機関と位置づけられる。開催は4年(当初は6年)に1度パリで行われる。フランス語の「Conférence générale des poids et mesures」に従い、英語圏においても、CGPM頭字語とする。

2003年の総会には51の加盟国と新たな10の准加盟国が参加した。2005年現在、准加盟国は17か国になっている。2011年10月に第24回国際度量衡総会が開催され、キログラムの再定義などが焦点となった。

第25回総会は1年前倒しで、2014年11月に開催されたが、キログラムの再定義を含むSIの再定義は、2018年開催予定の第26回総会へ延期されることとなった(新しいSIの定義を参照)。

年譜[編集]

参照[編集]

  1. ^ Writing and printing of unit symbols and of numbers*
  2. ^ Symbol for the decimal marker