ルーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーメン
lumen
Luminous flux.png
光束と光度
記号 lm
国際単位系 (SI)
種類 組立単位
光束
組立 cd·sr
定義 1カンデラの光源から1ステラジアン内に放射される光束
語源 ラテン語 lumen(昼光)
テンプレートを表示

ルーメン(lumen、記号 lm)は、光束単位である。国際単位系(SI)の単位の一つであるが、これとは別の定義によるANSIルーメン(アンシルーメン)もある。

国際単位系のルーメン[編集]

SIのルーメンは、「全ての方向に対して1カンデラ光度を持つ標準の点光源が1ステラジアン立体角内に放出する光束」と定義される。

lumenはラテン語で「昼光」を意味する語である。人名に由来する名称ではないので、単位記号は全て小文字である。ルーメンという単位は1925年に作られたが、当時の定義は古い光度の単位であるに基づくものであった。1946年国際度量衡委員会(CIPM)は新しい光度の単位・カンデラ(当時の名称はブージ・ヌーベル(新燭))の導入を決議し、ルーメンもカンデラによる定義に改められた。当初は古い定義によるルーメンとの区別のために「新ルーメン(new lumen)」と呼ばれていた。

ANSIルーメン[編集]

ANSIルーメンは、ANSIが定めた条件に基づいて求めた、プロジェクタの光源の発する光束の単位である。投影面を縦3×横3の9分割にし、それぞれの面の平均照度(単位 ルクス(lx))に投影面の面積(単位 平方メートル(m2))をかけた値で表す。ルクスはルーメン/平方メートルであるので、ルクスに平方メートルをかけるとルーメンになる。

[編集]

SIの光の単位
測光量 SI単位 記号 備考
光度エネルギー ルーメン· lm·s 放射量における放射エネルギー
光束 ルーメン
(またはカンデラ·ステラジアン
lm 放射量における放射束
光度 カンデラ cd 放射量における放射強度
輝度 カンデラ毎平方メートル cd/m2 放射量における放射輝度
照度 ルクス
(またはルーメン毎平方メートル)
lx 放射量における放射照度
光束発散度 ラドルクス
(またはルーメン毎平方メートル)
rlx 放射量における放射発散度
視感度   分光視感効果度とも呼ぶ
発光効率 ルーメン毎ワット lm/W ランプ効率とも呼ぶ

参考文献[編集]

脚注[編集]