ルクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルクス
lux
記号 lx
国際単位系 (SI)
種類 組立単位
照度
組立 lm/
定義 1 m²の面が1 lmの光束で照らされるときの照度
語源 ラテン語 lux(光)
テンプレートを表示

ルクスlux、略記号:lx)とは、国際単位系 (SI) における照度単位である。SI組立単位「ルーメン毎平方メートル」(lm/m²)に与えられた固有の名称であり、日本の計量単位令では「1平方メートルの面が1ルーメン光束で照らされるときの照度」と定義されている。

luxという名称は、ラテン語を意味する語からとられたものである。人名に由来するものではないので、単位記号は全て小文字である。英語では単数形・複数形ともluxと書く。1889年に作られた単位で、1948年の第9回国際度量衡総会 (CGPM) で国際単位系に採用された。

  • 太陽光の日平均は32,000lx (32 klx) から100,000lx (100 klx)
  • テレビ放送のスタジオは約1,000lx (1 klx)
  • 明るいオフィスは約400lx of illumination
  • 月の光は平均約0.2lx
  • 星の光は0.00005lx (50µlx)

ルクスとルーメンの違い[編集]

ルクスとルーメンの違いは、ルクスは光束が広がる領域を考慮することにある。1平方メートルの領域に1000ルーメンを集中させるには、1000ルクスの光束発散度を備えた正方形の照明を付ける。10平方メートルに同じ1000ルーメンを広げると、100ルクスの光束発散度を生み出す。

500ルクスの照度を確保するには、家庭のキッチンでは12,000ルーメンの蛍光灯が1つあれば可能となる。一方、キッチンの何十倍もの面積がある工場の内部では、12,000ルーメンの蛍光灯が何十個も必要となる。すなわち、より広い領域を同じだけのルクスで照らすためには、より多くのルーメンが必要とされる。

照度と力の関係[編集]

照度は、光のエネルギーではなく、人間のによって知覚される光の供給を測定するものである。したがって、変換係数は、光の波長の構成あるいは色温度に応じて変わる。可視光スペクトルの中間の波長555nmでは、1ルクスは1.46mW/m2と等しい。

[編集]

SIの光の単位
測光量 SI単位 記号 備考
光度エネルギー ルーメン· lm·s 放射量における放射エネルギー
光束 ルーメン
(またはカンデラ·ステラジアン
lm 放射量における放射束
光度 カンデラ cd 放射量における放射強度
輝度 カンデラ毎平方メートル cd/m2 放射量における放射輝度
照度 ルクス
(またはルーメン毎平方メートル)
lx 放射量における放射照度
光束発散度 ラドルクス
(またはルーメン毎平方メートル)
rlx 放射量における放射発散度
視感度   分光視感効果度とも呼ぶ
発光効率 ルーメン毎ワット lm/W ランプ効率とも呼ぶ