放射束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
物理学
ウィキポータル 物理学
執筆依頼加筆依頼
物理学
カテゴリ
物理学 - (画像
ウィキプロジェクト 物理学

放射束(ほうしゃそく、radiant flux)とは、一定時間中に、あるエネルギーの発生源から自由空間に移動するエネルギーの量のことである。放射電力ほうしゃでんりょくradiant power)とも呼ぶ。

定義[編集]

放射束はエネルギーの発生源の仕事率(パワー)のことで、物理量の1つである。単位ワット(W)でエネルギーの発生源が電気によるものであれば、エネルギー保存の法則により放射束はエネルギー発生源で消費される電力と等しくなる。エネルギーの放射であれば何でも放射束の概念を適用できるが、一般的に電磁波にこの概念を適用することが多い。また電磁波ではないが音波物質波エネルギーを放射しているため放射束とみなすことができる。

光の放射[編集]

人の目に見える電磁波に限った場合、放射束光束と呼ばれる。これは人間の目の感覚を考慮しているために心理物理量と呼ばれ、波長成分によって重み付けされる(同じエネルギーでも緑が明るい)。よって、光束仕事率ではない。

放射量の国際単位系[編集]

[編集]

SIの放射量の単位
物理量 SI単位 記号 備考
放射エネルギー ジュール J における光度エネルギー
放射束 ワット W における光束
放射強度 ワットステラジアン W/sr における光度
放射輝度 ワットステラジアン平方メートル W/sr/m2 における輝度
放射照度 ワット平方メートル W/m2 における照度
放射発散度 ワット平方メートル W/m2 における光束発散度
分光放射輝度 ワットステラジアン立方メートル W/sr/m3
分光放射照度 ワット立方メートル W/m3