粒子線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

粒子線(りゅうしせん、particle beam)とは、主にレプトンハドロン、(イオン化された)原子分子などの粒子によるビームである。つまり、粒子が束状になって進んでいく状態である。

粒子線の代表的なものとして、電子線陽子線中性子線などがある。

ただし、単に「〜線」と言った場合、ビームとは限らない単なる放射線 (ray) の意味にも取れ曖昧なこともある。たとえば、「アルファ線」「ベータ線」「X線」「光線」等の「線」は放射線の意味である。粒子線のうち放射線であるものは特に粒子放射線と呼ぶ。

利用[編集]

また、イオン化した原子、分子などの粒子線を表面に当てて、表面構造を解析する手法(イオン散乱)も存在する。

関連記事[編集]