分 (角度)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふん
記号
角度
SI (π/10800) rad
定義 (1/60)度
テンプレートを表示

角度単位としての(ふん, minute (of arc), MOA)は、1の60分の1の角度である。

1度が円弧の360分の1の角度と定義されているので、1分は円弧の21600分の1となり、それは(π/10800)ラジアンとなる。分は、特に天文学において非常に小さな角度を表すのに用いられる。分を表す記号はプライム(′) (U+2032, ′)であり、1分は 1′ または 1' のように書かれる。日本ではアポストロフィー(')で書かれることも多いが、本来は区別すべきである。

分およびその60分の1の角度であるは、地図や航海においても使用される。、地球大円上における1分の長さが海里の元々の定義であった。GRS80地球楕円体面上における、緯度差1分に相当する平均的な子午線弧長は、およそ1852.22mである。現在では1海里は1852mと定義されている。

伝統的に、地球上での位置、すなわち緯度と経度は度・分・秒によって表される。これによって地球上でのどんな位置も正確に表すことができる。しかし、分と秒が六十進法であり分かりにくいことから、度のみを用いて、度以下は小数によって値を示すことが好まれる。度のみを用いた場合、小数点以下3桁まで与えれば、度・分・秒によって表すのとほぼ同じ精度が得られる。

地球は1時間で15(角度)回転し、1分間で15分(角度)回転し、1秒間で15(角度)回転する。

分は国際単位系(SI)の単位ではないが、広く使用されていることからSIと併用しても良い単位(SI併用単位)とされている。ただし、できるだけ度のみを使用し、度以下は小数で表すようにすべきとしている。

関連項目[編集]