カタール (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタール
katal
記号 kat
国際単位系 (SI)
種類 固有名称を持つSI組立単位
酵素活性(触媒活性
組立 mol/s
定義 1につき 1 モルの基質の化学反応を促進する酵素活性
語源 ギリシャ語 κατάλυση (katalysē)(触媒
テンプレートを表示

カタール(katal、記号:kat)は、国際単位系(SI)における酵素活性(触媒活性)の単位である。酵素やその他の触媒の活性を表すのに用いられる。

1カタールは、モル毎秒(mol/s)と定義される。1秒につき1モルの基質の化学反応を促進する触媒は、1カタールの酵素活性を有している。

歴史[編集]

カタールは、1999年にSIに導入された固有名称を持つSI組立単位である[1]

酵素活性の単位は、 医薬・臨床化学分野では1964年以来、1 µmol/分に等しい値であるユニット(記号U, enzyme unit)というSIとは一貫性を持たない単位が用いられてきた。

しかし、

  • この分野においても国際単位系(SI)の使用が要請されるようになってきたこと
  • モル毎秒に対する特別の名称がないために、臨床分析の結果を表す単位の統一が図られていないこと
  • モル毎秒という単位では誤解によって人の健康保護に対し重大な危険を生じる恐れがあること

などの理由により、1999年の第21回国際度量衡総会で、モル毎秒に固有の名称「カタール」を特別に導入することが決議された[2]

カタールも、ユニットとともに医薬・臨床化学分野で使われていた単位で、SIとの一貫性を持つことから、国際臨床化学・医薬連合(International Federation of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine)がモル毎秒のSI単位として勧告するよう求めていたものである。

出典[編集]

  1. ^ 国際単位系(SI) 国際文書第8版(2006)、日本語版、(独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター訳・監修、p.29、「表3 固有の名称と記号で表される一貫性のあるSI組立単位」中、酵素活性
  2. ^ 国際単位系(SI) 国際文書第8版(2006)、日本語版、(独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター訳・監修、付録1,p.80、第21回 CGPM, 1999 年、「酵素活性の表現のための SI 組立単位,モル毎秒の固有の名称,カタール」