標準気圧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
標準気圧
(ひょうじゅん きあつ)
standard atmosphere
記号 atm
度量衡 メートル法(非SI)
圧力
定義 正確に 101 325 Pa
由来 海水面における大気圧
テンプレートを表示

標準気圧(ひょうじゅんきあつ、英語: atmosphere、standard atmosphere)は大気圧の国際基準となる数値であり、101 325パスカルと定められている。かつては圧力の単位として用いられていたこともあり、略号としてatmが一般的である。また、実用的には1バール=100 000パスカルであることを利用し、バールに置き換えられることもある。パスカルとバールを置き換えた際に出る1%程度の差異は大抵の用途には重大ではなく一般的な圧力計では誤差の範囲となっている。

概説[編集]

1954年国際度量衡総会(CGPM)の第10回総会において一般的な用途のための標準気圧が採用され、1平方センチメートルあたり1 013 250ダインの圧力(101 325パスカル)に等しいと定められた。この値は、CGPMの開催地パリと同緯度の平均海水面(mean sea level, MSL)における平均気圧を基にしている。この値は、世界の先進工業国の多くがフランスと同緯度にあるため、これらの国々での平均海水面における平均気圧ともだいたい等しい。

化学においては、標準状態のうち「標準温度と圧力」(Standard Temperature and Pressure, STP)の以前の定義は、摂氏0度(273.15ケルビン)の温度と1標準気圧(1atm=101 325キロパスカル)の気圧であった。しかし1982年国際純正・応用化学連合(IUPAC)は物質の物理的状態を明確に示す目的で、「標準圧力」(standard pressure)は100キロパスカル(=1バール)と定義されるべきである、と勧告した[1]

脚注[編集]

  1. ^ IUPAC.org, Gold Book, Standard Pressure

関連項目[編集]

圧力の単位
パスカルSI単位) バール 工学気圧 気圧 トル psi
1 Pa ≡ 1 N/m² = 10-5 bar ≈ 10.2×10-6 at ≈ 9.87×10-6 atm ≈ 7.5×10-3 Torr ≈ 145×10-6 psi
1 bar = 100 000 Pa ≡ 106 dyn/cm² ≈ 1.02 at ≈ 0.987 atm ≈ 750 Torr ≈ 14.504 psi
1 at = 98 066.5 Pa = 0.980665 bar ≡ 1 kgf/cm² ≈ 0.968 atm ≈ 736 Torr ≈ 14.223 psi
1 atm = 101325 Pa = 1.01325 bar ≈ 1.033 at p0 = 760 Torr ≈ 14.696 psi
1 Torr ≈ 133.322 Pa ≈ 1.333×10-3 bar ≈ 1.360×10-3 at ≈ 1.316×10-3 atm ≡ 1 mmHg ≈ 19.337×10-3 psi
1 psi ≈ 6894.757 Pa ≈ 68.948×10-3 bar ≈ 70.307×10-3 at ≈ 68.046×10-3 atm ≈ 51.7149 Torr ≡ 1 lbf/in²