ギンポ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギンポ
Pholis laeta 1.jpg
Pholis laeta (同属他種)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
: ニシキギンポ科 Pholidae
: ニシキギンポ属 Pholis
: ギンポ P. nebulosa
学名
Pholis nebulosa Temminck and Schlegel1845
和名
ギンポ(銀宝)
英名
tidepool gunnel

ギンポ(銀宝)は、スズキ目に属する海水魚。

狭義には、スズキ目ニシキギンポ科ニシキギンポ属の一種 Pholis nebulosa標準和名

名称[編集]

別名、ウミドジョウ(海泥鰌)、カミソリ(剃刀)など。

ギンポの語源ははっきりしないが、江戸時代銀貨である丁銀に似ているからとも言われる。

ギンポと訳されることが多い英語の gunnel は、ニシキギンポ科の総称である。

分布[編集]

北海道南部から高知県長崎県までにかけての浅瀬や浅海に生息する。

特徴[編集]

全長約20センチメートル。体は細長く、強い側扁(左右に狭い)。

体が入る程度の大きさの穴に巣を作るが、自分で穴を開けることはできず、珊瑚貝類が開けた穴や、空き缶などを利用する。

利用[編集]

食用になる。

江戸前天ぷらのネタとして使われる。

広義のギンポ[編集]

広義には、スズキ目アサヒギンポ科イソギンポ科コケギンポ科トビギンポ科・ニシキギンポ科・ヘビギンポ科ベラギンポ科の総称。世界中の広い範囲に生息する。