咸臨丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
咸臨丸?
伝『1860年 桑港碇泊中の咸臨丸』
艦歴
発注: 1855年江戸幕府
起工: 1855年
進水: 1856年
就役: 1857年
退役: 1871年沈没
その後:
性能諸元
排水量: 620 t
全長: 48.8 m
全幅: 8.74 m
吃水:
機関: 3本マストの帆
100馬力の蒸気機関
燃料: 石炭
最大速: 6 ノット (10 km/h)
兵員:
兵装: 砲 12門

咸臨丸(かんりんまる)とは、幕末期に江戸幕府が保有していた初期軍艦木造バーク式の3本マストを備えた蒸気船である。旧名(オランダ語名)、Japan(ヤパン号。ヤッパン号、ヤーパン号とも)。「咸臨」とは『易経』より取られた言葉で、君臣が互いに親しみ合うことを意味する。

概要[編集]

洋式の軍艦としては、観光丸(外輪船)に次ぐ2番艦であるが、洋式のスクリューを装備する船としては初の軍艦である(スクリューは入出航時に主に使用され、航海中は抵抗を減らすため水線上に引き上げる構造になっていた)。

幕府の船として初めて太平洋を往復したことから名を知られる。幕府の練習艦として用いられた後、戊辰戦争に参加するものの、軍艦としての機能は他艦に劣り、既に運送船の役割を担っていた咸臨丸は新政府軍によって拿捕される。明治政府に接収された後、開拓使の輸送船となった。

艦歴[編集]

特記事項[編集]

1960年発行、日米修好通商百周年記念切手のうち、咸臨丸を描く切手
  • 右上の白黒写真は、咸臨丸が1860年(安政7年)にサンフランシスコ(桑港)で碇泊中に撮影されたものとして、1926年(昭和元年)にサンフランシスコで開催された在米日本人発展史料展覧会において公表されたものである。しかし、咸臨丸について徹底した調査を行った文倉平次郎は、この写真は咸臨丸ではなく、イギリスから購入した軍艦筑波1887年(明治20年)に同地で碇泊しているときに撮影されたものであると指摘した。
  • 与島にかつて存在した瀬戸大橋フィッシャマンズワーフに同名の観光船が就航していた。これは、地元の塩飽諸島から35名の水夫が咸臨丸に乗り組んだ歴史的背景にちなむものである。1988年から2008年まで就航していたが、採算性の悪化や各部の劣化によって運行停止となった[1]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 松浦 2010 p136
  2. ^ サラキ岬沖から引き揚げられた錨は咸臨丸の錨なのか?”. 木古内町観光協会. 2012年5月13日閲覧。
  3. ^ 小泉まや (2006年9月26日). “更木岬沖で発見のいかりは咸臨丸 フォーラムで調査内容報告”. 函館新聞 (函館新聞社). http://kikonai-kankou.net/kanrinikari001.html 2012年5月13日閲覧。 

外部リンク[編集]