安宅 (砲艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安宅
艦歴
計画 1920年
設計 田路担
起工 1921年8月15日 横浜船渠
進水 1922年4月11日
就役 1922年8月12日竣工
その後 終戦時上海で残存
除籍 1947年5月3日
性能諸元 (竣工時)
排水量 基準:725t 常備:820t
全長 (垂線間長:67.67m
全幅 9.75m
吃水 2.20m (公試平均)
主缶 艦本式石炭専焼缶2基
主機 レシプロ機関2基2軸推進
最大出力 1,700hp
速力 16.0kt
航続距離 12ノット / 2,500海里(石炭235t)
乗員 118名
兵装
(竣工時)
12cm(40口径)単装砲2基2門
8cm(40口径)単装高角砲2基2門
兵装
(1941)
12cm(40口径)単装砲1基1門
8cm(40口径)単装高角砲1基1門
13mm連装機銃4基8門
留式7.7mm機銃4挺
(推定)

安宅(あたか)は、日本海軍砲艦

概要[編集]

先に建造された「宇治」、「嵯峨」ではまだ旗艦として居住性、通信能力に問題があり1920年(大正9年)度予算で本艦1隻が建造された。

公試ではGM不足が判明、竣工直後にバルジを追加した。そのため基準排水量826t、公試排水量955.9tに増加した。

終戦時上海に残存、戦後中国に接収され「安東」と命名される。

艦歴[編集]

艦長[編集]

※『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」及び『官報』に基づく。階級は就任時のもの。

  • 梅田三良 中佐:不詳 - 1923年12月1日[3]
  • 下村正助 中佐:1923年12月1日 - 1924年11月20日
  • 中島直熊 中佐:不詳 - 1925年10月20日[4]
  • 湯野川忠一 中佐:1925年10月20日[4] - 1927年11月15日[5]
  • 鈴木幸三 中佐:1927年11月15日 - 1928年6月15日
  • 野口幸一 中佐:不詳 - 1930年11月15日[6]
  • 小橋義亮 中佐:1930年11月15日[6] - 1932年5月20日[7]
  • 加藤正 中佐:1932年5月20日[7] - 1932年12月1日[8]
  • 原忠一 中佐:1932年12月1日 - 1933年10月20日
  • 森国造 中佐:1933年10月20日 - 1934年11月15日
  • 堀勇五郎 中佐:1934年11月15日 - 1935年10月25日
  • 伊藤義一 中佐:1935年10月25日[9] - 1936年12月1日[10]
  • 柴崎恵次 中佐:1936年12月1日 - 1937年12月1日
  • 松本毅 中佐:1937年12月1日 - 1938年3月26日
  • 石塚千俊 中佐:1938年12月15日 - 1939年11月15日
  • 貝塚武男 大佐:1939年11月15日 - 1940年11月15日
  • 新島信夫 大佐:1940年11月15日 - 1941年10月1日
  • 牟田口格郎 中佐:1941年10月1日 - 1942年12月7日
  • 細谷資彦 大佐:1942年12月7日 - 1943年12月25日

脚注[編集]

  1. ^ 大正9年12月11日付 達第238号。インターネット上ではアジア歴史資料センター レファレンスコード C12070077900 にて閲覧可能。
  2. ^ 大正10年10月11日付 達第189号。インターネット上ではアジア歴史資料センター レファレンスコード C12070079300 にて閲覧可能。
  3. ^ 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  4. ^ a b 『官報』第3948号、大正14年10月21日。
  5. ^ 『官報』第266号、昭和2年11月16日。
  6. ^ a b 『官報』第1166号、昭和5年11月17日。
  7. ^ a b 『官報』第1615号、昭和7年5月21日。
  8. ^ 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  9. ^ 『官報』第2646号、昭和10年10月26日。
  10. ^ 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部、写真|日本の軍艦 第9巻 軽巡Ⅱ、光人社、1990年
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報

外部リンク[編集]