春月 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1944年12月に撮影された春月
艦歴
計画 1941年度(マル急計画
起工 1943年12月23日
進水 1944年8月3日
竣工 1944年12月28日
除籍 1945年10月5日
その後 復員輸送に従事
1947年ソ連に引き渡し
1969年6月4日に除籍
要目(計画)
排水量 基準:2,701英トン
公試:3,470トン
全長 134.2m
全幅 11.6m
吃水 4.15m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式タービン2基
2軸 52,000馬力
速力 33.0ノット
航続距離 18ノットで8,000海里
燃料 重油:1,080トン
乗員 263名/400名[1]/447名[2]
兵装
(1945年[3]
65口径10cm連装高角砲 4基8門
25mm機銃 3連装5基
同単装機銃24挺
61cm4連装魚雷発射管 1基4門
九三式魚雷8本)
九四式爆雷投射器2基
爆雷投下軌条2条
九五式爆雷 54個
電探
(1945年[3]
22号1基
13号2基
水測兵装 九三式探信儀1基
九三式水中聴音機1基[4]

春月(はるつき)は、日本海軍駆逐艦で、秋月型駆逐艦の9番艦。

秋月型の第2グループとして冬月型に分類する分類法もある。

艦名は文字通り「」の意味[5]

艦歴[編集]

日本時代[編集]

1941年(昭和16年)度計画(マル急計画)による乙型一等駆逐艦の第362号艦として佐世保海軍工廠1943年(昭和18年)12月23日に起工され、1944年(昭和19年)8月3日に進水。同年12月28日に竣工した。当初は三菱長崎造船所で建造される予定であったが、線表改訂により佐世保海軍工廠での建造に変更された[6]

就役後、訓練部隊の第十一水雷戦隊(高間完少将海軍兵学校41期)に編入されるも、乗員の練習度不足により、訓練のため1ヵ月間の猶予を申し出た[7]。また、戦隊旗艦および司令駆逐艦として使用するために艦橋後部の拡張工事が行われ[6]、拡張部を含めた艦橋は、他の秋月型駆逐艦諸艦のそれより大きく取られた。艦橋重量が増したため、他の冬月型が備えた艦橋左右への機銃台設置は春月では行われなかった。1月20日に佐世保を出港して瀬戸内海に回航された[8]。この頃、新しい対潜掃討部隊として第一〇三戦隊(久宗米次郎少将・海兵41期)[9]が編成され、海上護衛艦隊岸福治中将・海兵40期)の指揮下に入った[10]。佐世保出港日の1月20日付で第一〇三戦隊に編入され[11]、1月23日に久宗少将以下司令部が乗艦して将旗を翻した[12]。ただし、戦隊旗艦になったとはいえ前述どおり乗員の練習度が浅かった事から、半月ほどは引き続き第十一水雷戦隊の指揮下で訓練を続行し、残る半月は佐伯湾に回航して対潜訓練に宛てられる事となった[13]

訓練終了後、3月6日にを出撃[14]。同日付で第一〇三戦隊は鎮海警備府護衛部隊に編入された[14]。3月8日に鎮海に到着し[15]、合流してきた海防艦隠岐第19号駆潜艇を率いて3月15日に荷衣島に進出[16]。対潜作戦と海上交通保護作戦の指揮を執った[17]。7月1日に佐世保に帰投し[18]、8月15日の終戦をで迎えた[19]

10月5日除籍。その後は復員輸送艦となる。横須賀で特別保管艦として係留の後[19]1947年(昭和22年)8月25日に佐世保を出港してナホトカに向かい、8月28日に到着後、ソ連に賠償艦として引き渡された。ソ連では「ポスペシュニー」と命名され1960年代前半に廃艦となったという情報もあるが[20][21]ロシア側の情報では以下のようになっている[22]

ソ連時代[編集]

日本海軍の解体に関連し、引渡しに先立って1947年7月7日付けでソ連海軍に登録され、1947年8月28日にソ連海軍へ引き渡され、太平洋艦隊第5艦隊に編入された。引き渡し当時は武装解除された状態であったが、艦の状態は良好であった。9月25日付けでヴネザープヌイВнезапный)と改名された。艦名は、「突然の」という意味のロシア語形容詞である。類別は日本時代に引き続き駆逐艦(ロシア語では「艦隊水雷艇」:Эскадренный миноносец)とされ、第5艦隊第63駆逐艦隊に配属された。第5海軍第0211号指令により、ヴネザープヌイは1948年4月15日から丸一年にわたり保管状態に入れられた。

第0031号指令により、ヴネザープヌイでは1949年4月28日から修復工事が開始された。6月17日付けで練習艦Учебный корабль)に類別を変更され、艦名をオスコールОскол)と改められた。オスコールとは、ロシア・ウクライナを流れるドネツ川の支流であるオスコール川による。練習艦とするために受けた改修により、艦にはジャイロコンパス、測程器、音響測定儀、電波方位測定儀、5 基の磁気コンパスといった新しい航法装置、KVおよびUKV送信機とKVおよびVV受信機からなる通信装置などが搭載された。また、武装としては37 mm自動21 門が搭載された。計画されたレーダーソナー、対化学兵器防護装置などの設置は見送られた。

1950年代初頭の時点では、太平洋海域においてオスコールは同クラスの艦艇の中では特に優れた戦闘能力を持つ艦であったが、中頃にはその装備は旧式化し、残されたのは不遇な運命だけであった。1951年には中期修理が第202造船工場で開始されたが、1953年後期まで作業は行われなかった。1954年3月23日には中期修理の中止が決定され、浮き兵舎に改装するための最小限の作業が実施された。

オスコールは1955年1月1日付けで浮き兵舎(Плавучая казарма)に類別を変更され、同年3月12日付けでPKZ-65ПКЗ-65)に名称を改められた。同年6月2日には標的艦Корабль цель)に類別を変更され、名称もTsL-64ЦЛ-64)に改められた。1965年9月18日付けで再び浮き兵舎に戻され、名称はPKZ-37ПКЗ-37)となった。PKZ-37 は1969年6月4日付けでソ連海軍を除籍され、解体された。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』358-359頁による。

艤装員長[編集]

  1. 古浜智 中佐:1944年11月20日 -

駆逐艦長[編集]

  1. 古浜智 中佐:1944年12月28日 -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.8
  2. ^ 『第百三戦隊戦時日誌』C08030076100, pp.11
  3. ^ a b 機銃数、電探数は『日本駆逐艦物語』281ページの「あ号作戦後の駆逐艦兵装状況一覧表」による。調査日は1945年1月20日。
  4. ^ 秋月型駆逐艦では水中聴音機は後日装備とされたが、秋月が1943年10月末までに装備していることが確認されているので春月は竣工時から装備済であると推定できる。『秋月型駆逐艦』39ページ・98~99ページ、『日本の軍艦11』158ページによる。
  5. ^ 片桐, 355ページ
  6. ^ a b 遠藤, 216ページ
  7. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.39
  8. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.42,43
  9. ^ 木俣, 191ページ
  10. ^ 『第百三戦隊戦時日誌』C08030075600, pp.5
  11. ^ 『第十一水雷戦隊戦時日誌』C08030127800, pp.44
  12. ^ 『第百三戦隊戦時日誌』C08030075600, pp.11
  13. ^ 『第百三戦隊戦時日誌』C08030075600, pp.6,21,22
  14. ^ a b 『第百三戦隊戦時日誌』C08030075800, pp.1
  15. ^ 『第百三戦隊戦時日誌』C08030075800, pp.3
  16. ^ 『第百三戦隊戦時日誌』C08030075800, pp.16
  17. ^ 『第百三戦隊戦時日誌』C08030075800, pp.19
  18. ^ 『日本の軍艦11』173ページ
  19. ^ a b 遠藤, 217ページ
  20. ^ 『日本の軍艦11』166ページ
  21. ^ Long Lancers/CombinedFleet.com - IJN Haruzuki: Tabular Record of Movement (英語)でも「POSPESCHNY」としている。
  22. ^ 春月がソ連に引き渡された当時、ソ連海軍には「ポスペシュニー」という艦艇は在籍しなかった。1936年に起工し1941年に太平洋艦隊に配備された7号計画型のポスペーシュヌイ(Поспешный)という駆逐艦があり、この艦は1955年まで太平洋艦隊に在籍していたが、竣工前の1940年レシーテリヌイРешительный)と改称されていた。同じ艦隊所属の先代艦の名称が春月に受け継がれた可能性は否定できないが、日本から引き渡された駆逐艦はいずれも「V」で始まる名称を与えられており、春月に限って「R」で始まる名称を与えられたとは考えにくい。大戦中や冷戦期の情報は錯綜していたため、西側ではレシーテリヌイの旧称と春月の改称後の名称を混同した可能性もある

参考文献[編集]

  • 第十一水雷戦隊司令部『自昭和十九年十二月一日至昭和十九年十二月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』『自昭和二十年一月一日至昭和二十年一月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』(昭和19年6月1日~昭和20年6月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030127800
  • 第百三戦隊司令部『自昭和二十年一月二十日至昭和二十年一月三十一日 第百三戦隊戦時日誌』『自昭和二十年二月一日至昭和二十年二月二十八日 第百三戦隊戦時日誌』(昭和20年1月20日~昭和20年3月31日 第103戦隊戦時日誌(1)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030075600
  • 第百三戦隊司令部『自昭和二十年三月一日至昭和二十年三月三十一日 第百三戦隊戦時日誌』(昭和20年1月20日~昭和20年3月31日 第103戦隊戦時日誌(2)(3)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030075700、C08030075800
  • 第百三戦隊司令部『自昭和二十年四月一日致昭和二十年四月三十日 第百三戦隊戦時日誌』(昭和20年4月1日~昭和20年4月30日 第103戦隊戦時日誌(1)(2)) アジア歴史資料センター レファレンスコード:C08030076100、C08030076200
  • 遠藤昭『高角砲と防空艦』原書房、1975年
  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝 全八六〇余隻の栄光と悲劇』光人社、1993年、ISBN 4-7698-0386-9
  • 木俣滋郎『日本海防艦戦史』図書出版社、1994年、ISBN 4-8099-0192-0
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦11 駆逐艦II』光人社、1990年、 ISBN 4-7698-0461-X
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 福井静夫『福井静夫著作集第5巻 日本駆逐艦物語』光人社、1993年、ISBN 4-7698-0611-6
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像 太平洋戦史シリーズVol.23 秋月型駆逐艦』(学習研究社、1999年) ISBN 4-05-602063-9

外部リンク[編集]

関連項目[編集]