第一三号型駆潜艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第一三号型駆潜艇
第14号
艦級概観
艦種 駆潜艇
艦名
前級 第四号型駆潜艇
次級 第二八号型駆潜艇
要目(計画竣工時)
排水量 基準:438英トン
全長 51.0m
全幅 6.70m
吃水 2.75m
機関 艦本式23号8型ディーゼル 2基
2軸 1,700馬力
速力 16.0ノット
航続距離 14ノットで2,000海里
燃料 重油16トン
乗員 68名
兵装 四〇口径三年式八糎高角砲1基
25mm単装機銃3挺(1944年以降)
13mm機銃連装1基
94式爆雷投射機2基
爆雷投下軌条1基(のち2基)
爆雷36個
レーダー 二号二型電探1基(1944年以降)
ソナー 九三式水中聴音機1基
九三式探信儀ないしは三式探信儀1基
同型艦 15隻
第13号型駆潜艇艦型図、1944年。

第一三号型駆潜艇大日本帝国海軍が運用していた駆潜艇の艇級。15隻が建造され、太平洋戦争によって9隻が失われた。

概要[編集]

1939年(昭和14年)のマル4計画で4隻の建造が計画され、翌年11隻の追加建造が決まった。就役開始は1940年(昭和15年)からである。沿岸防備を目的として建造されたため、排水量は少なく外洋向けの船ではなかったが、太平洋戦争の勃発に伴う護衛艦艇の不足によって,外洋を航行する船舶の護衛任務も行うこととなった。対空装備は貧弱で、計画時は高角砲1門と13mm連装機銃1基のみである。後に、25mm機銃などの増設が行われたものの、喪失艇のほとんどは航空攻撃によって失われている。武装は、防盾なしの高角砲を前甲板に配置し、後部甲板は爆雷装備となっている。

第二八号型駆潜艇は本艇の艦尾形状を変更し、また量産に適するよう簡略化したものである。

開戦後の兵装[編集]

各艦によって若干の違いがあるが、1944年(昭和19年)8月の第18号駆潜艇を例にすると艦橋前方と煙突前方に25mm単装機銃が合計3挺増備された。また探照燈が前方に移設され、その位置に22号電探1基が装備された。対潜兵装としては九四式爆雷投射機2基が推定されている[1]。また開戦時より各艦には舷外電路が装備されていた。

同型艇[編集]

  • 第一三号駆潜艇:1940年7月15日竣工(鶴見)。1943年4月3日、岩手県沖にてアメリカ潜水艦ピカーレル(SS-177)の雷撃により喪失。
  • 第一四号駆潜艇:1941年3月31日竣工(三井)。1945年7月28日、三重県尾鷲市にて、アメリカ艦載機の攻撃を受け大破。
  • 第一五号駆潜艇:1941年3月31日竣工(日立桜島)。終戦時、横須賀所在。1948年解体。
  • 第一六号駆潜艇:1941年4月5日竣工(鶴見)。1944年7月4日、父島にてアメリカ艦載機の攻撃を受け喪失。
  • 第一七号駆潜艇:1941年7月31日竣工(石川島)。1945年4月28日、五島列島にてアメリカ潜水艦スプリンガー(SS-414)の雷撃により喪失。
  • 第一八号駆潜艇:1941年7月31日竣工(鶴見)。1944年12月30日、ルソン島にてアメリカ艦載機の攻撃を受け喪失。
  • 第一九号駆潜艇:1941年9月20日竣工(播磨)。終戦時、呉所在。1948年解体。
  • 第二〇号駆潜艇:1941年8月20日竣工(三井)。終戦時、呉所在。1948年解体。
  • 第二一号駆潜艇:1941年8月20日竣工(日立桜島)。終戦時、舞鶴所在。復員輸送に従事。1947年イギリスに引渡した後、解体。
  • 第二二号駆潜艇:1941年10月12日竣工(横浜)。1944年2月19日、ニューアイルランド島にてアメリカ軍機の攻撃を受け喪失。
  • 第二三号駆潜艇:1941年11月15日竣工(播磨)。終戦時、青島所在。1948年解体。
  • 第二四号駆潜艇:1941年12月20日竣工(日立桜島)。1944年2月17日、トラック島にてアメリカ駆逐艦バーンズ(DD-588)の砲撃を受け喪失。
  • 第二五号駆潜艇:1941年12月29日竣工(横浜)。1942年7月15日、キスカ島にてアメリカ潜水艦グラニオン(SS-216)の雷撃により喪失。2006年8月に、沈没したグラニオン捜索チームがソナーで発見。
  • 第二六号駆潜艇:1941年12月20日竣工(鶴見)。1945年7月30日、朝鮮半島鎮海沖にて、アメリカ艦載機の攻撃を受け喪失。
  • 第二七号駆潜艇:1942年1月28日竣工(石川島)。1942年7月15日、キスカ島にてアメリカ潜水艦グラニオンの雷撃により喪失。2006年8月に、沈没したグラニオン捜索チームがソナーで発見。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 福井静夫「あ号作戦後の兵装増備の状況調査」『福井静夫著作集第10巻 日本補助艦艇物語』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0658-2 370ページ。

関連項目[編集]