第一号型掃海艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第一号型掃海艇
第3号掃海艇
艦級概観
艦種 掃海艇
艦名
前級 -
次級 第五号型掃海艇
要目(竣工時)
排水量 基準:600トン
公試:702トン
全長 76.20m
全幅 8.03m
吃水 2.29m
機関 ロ号艦本式缶(石炭専焼)2基[1]
直立3気筒3段膨張レシプロ2基
2軸、4,000馬力
速力 20.0ノット
航続距離 12ノットで2,000海里
燃料 石炭:150トン
乗員 97名[2]
兵装 45口径三年式12cm砲 2門
40口径三年式8cm高角砲 単装1門
九一式爆雷投射機2基
爆雷投下台6基
爆雷18個[3]
対艦式大掃海具2型
単艦式大掃海具3型、または機雷50個
同型艇 4隻

第一号型掃海艇(だい1ごうがたそうかいてい)は、日本海軍掃海艇。同型艇4隻。

概要[編集]

日本海軍での初めて専用に設計された掃海艇。それまでは老朽化した駆逐艦を掃海艇に当てていた。1920年(大正9年)の八八艦隊案で6隻の建造が予定されていたが3隻(第1,2,3号)起工の時点でワシントン軍縮条約が締結され残り3隻は一旦起工を中止、1923年(大正12年)度に改めて予算を獲得し残りの3隻が建造された。最後の2隻は若干設計が改められ、第五号型掃海艇として竣工した。

日本海軍では掃海艇に対して艦隊に随伴して前路を掃海する任務を想定しており、敵艦との遭遇を考え他国の掃海艇より兵装が強力だった。また機雷も搭載でき、より多目的な艦で艦型も小型の駆逐艦の様子を呈していた。

竣工後の変遷は、竣工時には第一煙突と第2煙突の高さは同じだったが直後に第1煙突の高さを延長した。友鶴事件の後は本型も改善工事を受けている。1938年(昭和13年)ころに8cm高角砲は撤去され、同じ頃1番砲に盾が装備された。

太平洋戦争には4隻とも参加、掃海の他、船団護衛の任務にも従事した。大戦後半になり機銃の増備等を実施する。第1号の例では1番砲を撤去し25mm連装機銃1基を装備、同単装機銃3挺を増備、13号電探を艦橋トップに装備、爆雷投下軌条の設置などの改装がなされている[4]。第4号には22号電探が装備されたと推定される[5]

本型4隻のうち大戦中に3隻が沈没、第4号のみがシンガポールで残存した。

同型艇[編集]

※艦長等は『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艇長
井原美岐雄 少佐:不詳 - 1925年12月1日[6]
秋山輝男 大尉:1925年12月1日 - 1926年12月1日
河西虎三 大尉:1926年12月1日[7] -
秋山輝男 少佐:1928年1月20日 - 11月1日
牟田口格郎 大尉:1928年11月1日 - 1929年4月15日
荘司喜一郎 大尉:1929年4月15日 - 1930年12月1日
久保田智 大尉:1930年12月1日 - 1931年12月1日
山田勇助 大尉:1931年12月1日 - 1932年4月23日
守屋節司 少佐:1936年12月1日 - 1937年12月1日
艇長
太原進 大尉:1924年7月1日 - 1925年12月1日[6]
金子豊吉 少佐:1925年12月1日 - 1926年11月1日
島津信夫 大尉:1926年12月1日[7] -
八木九五 少佐:不詳 - 1929年11月30日[8]
坂野弥三郎 大尉:1929年11月30日[8] -
近野信雄 大尉:1932年1月25日 - 11月15日
梶原正見 少佐:1937年2月1日 - 2月26日
(兼)梶原正見 少佐:1937年2月26日 - 1938年7月28日
梶原正見 少佐:1938年7月28日 - 8月23日
(兼)梶原正見 少佐:1938年8月23日 - 11月15日
艇長
木村昌福 大尉:1923年12月1日 - 1925年12月1日
園田昇 大尉:1925年12月1日[6] - 1926年12月1日[7]
小沢三良 大尉:1926年12月1日[7] -
高橋棐 少佐:不詳 - 1929年11月30日[8]
橘雄次 大尉:1929年11月30日[8] -
川島良雄 大尉:1933年11月15日 - 1934年11月15日
梶原正見 少佐:1938年7月11日 - 7月28日
艇長
遠藤昌 少佐:不詳 - 1926年12月1日[7]
成由茂一 大尉:1926年12月1日[7] -
村上暢之助 大尉:1928年11月1日 - 1929年10月3日
河野康 大尉:1920年12月12日 - 1931年12月1日
井上良雄 大尉:1931年12月1日 - 1932年12月1日
小滝久雄 大尉:1935年11月15日 - 1936年12月1日
富田捨造 少佐:1938年7月28日 - 12月15日

脚注[編集]

  1. ^ 『昭和造船史』、『日本補助艦艇物語』による。『写真 日本の軍艦 第13巻』p226-227の表によると3基。
  2. ^ 『昭和造船史』、『日本補助艦艇物語』による。『写真 日本の軍艦 第13巻』p226-227の表によると91名。
  3. ^ 『写真 日本の軍艦 第13巻』による。一方『昭和造船史』、『日本補助艦艇物語』には爆雷の記載はない。
  4. ^ 『日本補助艦艇物語』p368-370。
  5. ^ 『写真 日本の軍艦 第13巻』p229の記述による。
  6. ^ a b c 『官報』第3982号、大正14年12月2日。
  7. ^ a b c d e f 『官報』第4283号、大正15年12月2日。
  8. ^ a b c d 『官報』第878号、昭和4年12月2日。

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第13巻 小艦艇I』光人社、1990年。 ISBN 4-7698-0463-6
  • 日本造船学会『昭和造船史 第1巻』第3刷、原書房、1981年。 ISBN 4-562-00302-2
  • 福井静夫『福井静夫著作集第10巻 日本補助艦艇物語』光人社、1993年。 ISBN 4-7698-0658-2
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 官報